宇宙・地球
360117 生命の電磁波エネルギー受信は、螺旋状の構造水から始まる
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 20/09/13 AM00 【印刷用へ
リュック・ モンタニエ博士とは、HIV発見の功績でノーベル賞を受賞、「新型コロナは人工ウイルス」とする論文を発表し、「人為的な改変は必ず消える」とパンデミックが干渉と共に終わる道筋を表明(リンク)した科学者だが、その博士は「水によるDNA 情報の記憶」実験の概要(リンク)という示唆に富む実験を行っている。

1. 水によるDNA 情報の記憶実験

詳細は上記サイトに譲るが、概要としては、

@ 試験管内に純水を入れDNAを投入すると500〜3,000ヘルツの、比較的低周波の電磁波信号(Electromagnetic Signal:以後、EMSと略)を発信する。

A EMSを発している希釈DNA水溶液の入った試験管の隣に、DNAの入っていない純水のみの試験管おくと、約18時間後に、同様のEMSが発信される。
・この2つの試験管全体を、磁場を遮断するミュー金属と呼ばれる素材で完全に覆うと、純水側試験管からはEMSは発信されない。
・また、ミュー金属で覆っても、その内部に7ヘルツの磁場を出力する電子装置を入れておくとこ純水側試験管からはEMSは発信される。

B AのEMSを発するようになった純水のみが入っていた試験管に、PCR反応液を入れて試験管の中の水を調べてみたところ、そこにたくさんのDNA分子が含まれていることを発見。その長さは104文字であり、元々別の試験管のDNAの長さと一致。そして、構成は102/104≒98.08%同一であった。

C 次に、DNAが発しているEMSを、電磁波信号として記憶媒体に入れ、別の場所に置いた純水だけの試験管に、EMSを再生して照射すると、2つの試験管の実験と同じ結果になった。

2. 仮説・・・生命の電磁波エネルギー受信は、螺旋状の構造水から始まる

Bの説明では、PCR反応液を入れて試験管の中の水を調べてみたところ、そこにたくさんのDNA分子が含まれていることを発見。

そこには、すでに少数のDNAが純水だけだった試験管の中にあり、それが増幅されたともとれる?記載であったが、この試験管の中にはPCR反応液を入れる前は、DNAは一分子も存在しなかったと考えるほうが妥当だと思う。

なぜならば、PCR反応液はDNAを構成する材料が入っており、それを利用して、水中の微小DNAを鋳型にして増幅する装置であるからだ。

そうすると、純水のみで構成された試験管に、他のDNAの入った試験管から発せたれたEMSを照射した際にできるDNAの鋳型は、水だけの鋳型だと考えられる。

そして、Aの実験で、この2つの試験管全体を、磁場を遮断するミュー金属と呼ばれる素材で完全に覆うと、純水側試験管からはEMSは発信されないことから見て、宇宙からの電磁波エネルギーが、水の鋳型形成に関連していることが解る。

また、珪素からできているソマチッドの螺旋も、DNAの螺旋も水中でしか形成できない。

これらから考えられるのは、宇宙からの円偏光の螺旋電磁波エネルギーが水に照射されており、そのエネルギーを利用して、まず水に螺旋形状の鋳型が出来て、そこに電磁波を受信しやすい螺旋形状になりやすい物質が、物質ごとの電気的性状に合わせて螺旋形状を創っていくのではないか?

水中分子の周りにくっつく構造水も、宇宙からの円偏光電磁波と螺旋形状の物質の双方の影響を受けて形成されるのではないか?

佐野理論に、生体内の水になかには、負の誘電率(エネルギーを高める)部分が存在するという説があるが、これが、宇宙からの円偏光電磁波で創り出された、螺旋の鋳型なのかもしれない。
 
  List
  この記事は 348700 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_360117
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp