人類の起源と人類の拡散
359986 魚食の人類史
 
高梨俊寛 ( 58 島根 プランナー ) 20/09/08 AM02 【印刷用へ
長周新聞リンクより
 
メソポタミア文明と漁獲
樹上生活者である霊長類が、食物として魚をとり入れる例はごく少ないという。

 一方、最新の研究によると、人類の祖先であるホモ・サピエンスは35万年前かそれ以前にアフリカで誕生し、アフリカで旧石器文明を築いた後、4万〜5万年前にヨーロッパに進出し、ユーラシア大陸に広がった。アフリカの10万〜20万年前の遺跡から、彼らはオモ川やナイル川などの水辺で魚介類を食べていたことがわかっている。そして、すでに4万年前にニューギニアでヤムイモが栽培されていたように、東南アジアではイモ類を栽培する農耕が中近東の農耕よりもはるかに古くからおこなわれていた。そのタロイモ(サトイモ)がある河川周辺や湖沼まわりの低湿地は、古い漁労の適地だった。

 時代は下り、メソポタミアの肥沃な三日月地帯では約1万年前から小麦、エンドウ、オリーブの栽培とヒツジ、ヤギ、ウシ、ブタの飼育が始まった。近年、シュメール中心地のエリドゥ遺跡(イラク)で18aも積もった魚骨の中に祭壇が見つかり、メソポタミア文明が河口の豊かな漁獲に支えられていたことがわかってきた。農耕とともに漁労が、人類が文明を築いていく原動力だったわけだ。著者は、ホモ・サピエンスの裸の皮膚や華奢な骨格は生存競争に向いているとはいえないが、逆に水辺での生活や漁労には適していると指摘している。

日本人と海藻と腸内環境

日本列島は約1万年前の後氷期から温暖な気候に変わった。この時期の縄文遺跡・貝塚(東北から九州まで836)をある研究者が調べたところ、貝類353種(ハマグリ、カキ、アサリ、オキシジミ等)、魚類71種(マダイ、スズキ、クロダイ、マフグ、ヒラメ等)、その他エビ類、カニ類、バフンウニ、ムラサキウニなど豊富な魚介類が出土している。青森県山内丸山遺跡からは、体長1bと推測されるマダイの骨と、釣り針が出土している。

 これらは山とともに海の恵みの豊かさを示している。それは、南北3000`におよぶ日本列島を取り囲む4つの海と4つの海流のたまものであり、そして3000bをこえる高山と260以上の活火山を有する険しい地形が、大小6800の島々と半島、岬と浦々、内海と水道と無数の河川と湖沼という、世界に類を見ない多様な水世界をつくり出しているからだ。

大伴家持が、夏の産卵期にマグロが沿岸近くにあらわれたのをヤスで突いてとる様子をうたったように、『万葉集』には魚をうたった歌が数多いこと、12〜14世紀の絵巻物で、漁労の現場や魚を売る市場を描いたものが多くあること、江戸時代には日本橋にあった魚市場(築地市場の前身)が江戸の台所として繁盛したこと、などの歴史をたどっている。
 また、日本列島周辺では約1200種もの種類の海藻が知られており、それは世界有数の多さだという。そして、いにしえから海藻を食してきた日本人には、海藻の細胞壁を分解する酵素を持つ細菌が腸内に共生しており、これは人類の中では日本人の腸の中だけ−−という話には驚かされる。人の腸内細菌は3万種、100兆〜1000兆個といわれるが、腸内細菌の突然変異によって新しい食物をとり入れられるようになる進化は、生物史的には大進化に属するそうだ。

 ところがその海藻の森が日本列島沿岸から消えている。それはイカ漁が衰退し、また日本沿岸から沸き立つような魚の産卵風景が見られなくなった時代と対応している。著者はその原因として、沿岸の埋め立てによる環境破壊を指摘するが、水産物の自給率低下については、200カイリ問題や農水産物の輸入増大という政府の対米隷属外交がおおいに関係している。その結果としての食生活の欧米化は、日本人の健康にも影響を与えないわけにはいかない。
 
  List
  この記事は 358555 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359986
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
360148 2度目の放り投げ 高梨俊寛 20/09/14 AM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp