世界各国の状況
359875 中国人民解放軍部隊がカナダ国境沿いに大集合!
 
匿名希望 20/09/04 AM00 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向リンクより引用します。

−−−−−−−−−

カナダのトルドー首相は大量の中国人民解放軍部隊をカナダに潜伏させています。小児性愛犯罪者の一人と言われているトルドー首相は完全にディープステート側ですから、米民主党、国連、中国共産党と結託しトランプの米国を破壊しようとしています。以前からトルドー首相は怪しまれていました。逮捕者リストにも載っています。
人民解放軍はカナダの先住民地区の資源を奪って管理しているとのことですが、以前、先住民地区の子供たちが大量に拉致され悪魔崇拝儀式の生贄や性奴隷として虐待されていたことが報道されましたが、今でも行方不明になる子供たちがいるのでしょうね。人民解放軍部隊と子供たちの拉致、人身売買、生贄、性的虐待との関係は?と疑ってしまいます。
カナダ国境沿いに大量の人民解放軍部隊が待機しており、大統領選前後に米国を攻撃、侵略する予定だそうです。
もしそれが成功してしまったなら。。。中国共産党崩壊どころか中国が世界覇権を握ります。


リンク
(概要)
8月31日付け

 chinese marines
西部カナダが中国人民解放軍に占領されています!
前回、西部カナダ(米国とカナダの国境の北側)で大量の中国人民解放軍部隊が作戦行動中であることをお伝えしましたが、彼らは王立カナダ騎馬警察と協力して麻薬を密輸しています。
中国人民解放軍はブリティッシュコロンビア最大の港を配下に置いています。以前はロングビーチも彼らの配下にありましたが、トランプ大統領が彼らを追い出しました。

サラ・ウェストール氏とケビン・アネット氏によると、
カナダ政府は中国人民解放軍部隊をカナダの先住民地区内に潜伏させています。

人民解放軍部隊はカナダのトルドー首相と王立カナダ騎馬警察の権限下で先住民地区から資源を奪い取り自分たちで管理しています。


人民解放軍は、自分たちが所有するカナダ国内の資産を守るために軍事力を行使することを許可するカナダ政府の法律の下に、そして、カナダがコロナでロックダウン中であることをうまく利用して、カナダ国内を自由に移動しています。


米国とカナダの国境沿いにどのくらいの規模の人民解放軍部隊が待ち伏せしているのでしょうか。

昨日、ポール・マーチン氏から入手した情報によると、
6000人の人民解放軍部隊がカナダ国境沿いで待機しており、彼らはいつでも北から米国を攻めることができる
状態です。また、私の情報筋(陸軍特殊作戦部隊幹部)もマーチン氏と同様のことを言っていました。ただし、部隊は予想以上に大規模であり、機械装置(兵器)や戦闘機も配備されているとのことです。
これらの人民解放軍部隊は、民主党幹部が軍隊をコントロールしトランプをホワイトハウスから引きずり下ろすときを待っているのです。
しかし米統合参謀本部はトルドー首相の米国に対する裏切り行為を十分に認識しています。トルドー首相の裏切り行為を民主党もよく知っており、民主党は人民解放軍部隊に秘密情報を流している恐れがあります。
そして私の情報筋は、人民解放軍は、米軍が内戦や人民解放軍の台湾侵略などの対応に追われている間に米国に侵攻するだろうとみています。
また、 米統合参謀本部のマーク・ミリー大将が、民主党がトランプをホワイトハウスから追放しようとしても人民解放軍は2020年の選挙に介入することはないと言った理由はこのためです。


ビデオの概要:

・・・・・
米統合参謀本部のマーク・ミリー大将によると、2人の民主党幹部が米軍に接触し反トランプのクーデターをサポートしてほしいと頼みました。もちろんミリー大将は彼らの依頼を断りました。ミリー大将はトランプをサポートします。民主党が米軍にクーデターの協力を依頼することは違法行為です。そのためミリー大将は主要メディアにこのことを暴露しました。そうしないとミリー大佐は民主党のクーデターに協力した言われてしまいます。それでもメディアは民主党の違法行為を問題視していないようです。

結論:
いつ人民解放軍がカナダから米国に侵攻するかは不明です。ただし米国が国内外の戦争に巻き込まれ弱体化した時に米国に侵攻するでしょう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359875
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp