もはや学校は終っている
359699 就職氷河期で問われる学生の意識改革
 
匿名希望 20/08/28 PM09 【印刷用へ
■『ネオ就職氷河期』の到来
では新型コロナウイルスの影響による新卒採用市場の変化とは一体どのようなことなのか。新卒採用最前線のプロフェッショナルに話を聞いてみた。

「ここ数年からの傾向でもありますが、新型コロナウイルスの影響でさらに厳選採用にシフトすることは間違いないです」(人気企業ランキング常連であるIT企業の人事担当者)

「大学時代の華やかな経験ではなく、我々が欲しい能力と変化に適応できる柔軟性を評価する視点が変わっていくと思う」(通信業界最大手の採用責任者)

「優秀の定義が変わる瞬間だと思っている。学生時代に何をして来たのかではなく新時代に適応できるポテンシャルを持っているのか?周囲の目を気にせずに主体的に思考して動ける素地があるか。まさに欧米型の採用に感覚は近くなるのでは」(大手外資系コンサルティング会社の採用担当ディレクター)

他にも人事以外で経営層に話を聞いてみても同じように、新型コロナウイルスが新卒採用に与える影響は「採用基準」という話ばかりだ。つまり企業はバブル崩壊後の「就職氷河期」のように採用枠そのものを縮小するという変化ではなく、新時代において「どのような学生を採用すべきか」という採用基準の変化に注目している。

ディスコ社が6月に発表している「2021年卒採用活動の感触等に関する緊急企業調査」では、新型コロナウイルスの影響で採用数を「下方修正する」は17.6%で「当初の計画通り」が7割を占めている。また「次年度の採用枠は2021年並みの見込み」が最も多く5割を超えている。

つまり、採用をするしない、採用枠を縮小するか否かは新型コロナウイルスの影響がなくても毎年企業はその判断を慎重にしているので問題はそこではなく、企業が学生を見る視点が変わっているという事実であり、売り手市場から買い手市場にシフトして厳選採用になるということだ。即戦力は難しいとしてもこれまで以上に早くに独り立ちできる、可能な限り早く会社に貢献できる、これまでにない価値を社内外に提供できる人材を採用したいという変化とも言える。

故に、学生が心配をしている『就職氷河期』とは質感が異なり、採用枠は一定あるが厳選モードという意味で『ネオ就職氷河期』が到来したという見方になるだろう。

■『ネオ就職氷河期』で学生が意識すべき3つのコト
3月から世の中が一変する中で学生の学ぶ環境はキャンパスから自宅へ変わり、学生生活も激変した。そして企業も同じように働き方など多岐にわたる変化を遂げている。その代表に新卒採用があり『厳選採用モード』へシフトしたのだ。そこで学生に求められる意識改革を3つに整理してみると

■1、はたらく未来に問いを立てる

自己分析型就活は完全に時代にミスマッチであり、先行き不透明なこれからを如何に自分なりに読み込むか。常に市場にある情報を組み立てて未来予測をしながら、今必要なコトは?求められる能力は?という意識に変えていく必要がある。

■2、キャリアを生き続けるためにできるコトを探求

残念ならが日本の文化でもあった「終身雇用」の時代は終わり、「安定」は組織から個人にシフトした。これからリストラや企業都合(買収、事業譲渡など)で職を失うことは珍しくなくなる中、リストラされない、他の組織からオファーされる程の能力または市場価値を保持することが「安定」に変わるのだ。キャリアが止まる時代だからこそ、キャリアを止めない、生き続ける為にどうすべきかを自問することが必要なのだ。

■3、正しい情報を幅広く集める

SNSやマーケティング技術の発達で「デジタルネイティブ」な学生達は、自分達が日々見ている情報は「自分が欲しい情報」に限られていることに気付いて欲しい。今必要な情報は、自分の興味だけではなく社会、ビジネス経済、政治、世界情勢などの一般常識だ。その情報を組み合わせることで未来志向が生まれ、ライフ・キャリアデザインにも影響する。故に、必要な情報を常に入手できるアンテナが必要なのだ。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359699
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp