恋愛って、何?結婚って、何?
3596 北の国から新しい風
 
味方慎一 ( 50代 大阪 建築士 ) 01/04/24 AM03 【印刷用へ
先日の新聞に、北海道・浜頓別町で稼働し始めようとしている「市民出資の風力発電会社設立」の記事が載っており、興味深く読んでみました。

きっかけは札幌市の生活クラブ生協での勉強会から。電気をはじめとするエネルギー料金の自動振替が広まるあまり、あまりにも無自覚に電気を浪費したまま、ただ払っているだけになっている点がとりあげられました。そこで既に実績のある灯油の共同購入のシステムを電気に利用できないか、という発案をヒントに試行錯誤を続けた結果、「グリーン電力料金」制度導入の日本最初の事例へと結実しました。

■■■■■■■■■■

具体的には、2年前に「北海道グリーンファンド(現在NPO法人)」を設立させ、電力会社に代わって電気料金を徴収すると同時に、節電をすすめて浮いたお金を基金へ回してもらうことにしました。

会員の支払う月々の電気料金は5%上乗せされています。ファンドは電力会社に料金を代行支払いし、上乗せされた5%は自然エネルギーの普及基金にするのです。会員には「料金を多く支払うのではなく5%省エネしよう」と呼びかけました。実際、前年度比平均6.6%もの電気利用削減が達成されたそうです。

そしてファンドに集まった資金をもとに、標準世帯にして約900世帯分の発電を想定した風車を設置することに。ファンドに集まった資金だけでは不足するので、口コミで市民からの出資を呼びかけたところ、総工費約2億円のうち1億3千万円が個人の出資などで集められ、2001年8月に運転開始までこぎつけることになったのです…

■■■■■■■■■■

私が目を付けたのは、1.「割引くでのではなく割増しにしようとする方針」。訳のわからない使い道の税金より、実体感がありかつ共感できるお金なら、割高感を感じたとしてもきっと集まる、という発起人の信念、心意気を感じます。2.「地域独占の巨大企業が、この小さな市民団体の試みに追従しようとしている」。企業だけでなく、こうしたグリーンファンドの取り組みは各地の市民をも動かしつつあるようで、第2号は早ければ来年度にも南九州にも建てられる予定とのことです。

実際、資金を殆ど金融機関からの融資で賄っている企業体と比べても、単なる目新しさだけでなく、取り組みの先進性がうかがえることでしょう。それが次なる試みへとつながり広がっていくのだと考えます。

思うに、これまで「環境問題」への取り組みは、いわば犯人探しそのものに終始していたのではないでしょうか。ここに紹介した生活クラブ生協の勉強会も、86年のロシア原発事故、そして電力会社による原発建設への反対運動が大きな転機であったと聞き及んでいます。

責任の所在を明らかにすることの重要性は否定できません。しかし「自ら作り上げる」という、前進力に結びつける視点が欠けていたように思えるのです。その意味でも、このような先駆的で、画期的な取り組みの実現に学ぶ点はまだまだ多いと思います。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_3596
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp