これからの暮らしはどうなるの?
359100 新しい働き方の8指標
 
匿名希望 20/08/08 PM01 【印刷用へ
リンク
密集」か「リモートワーク」かという議論には「何を高めるために働き方を変えるのか」という【働き方の指標】の設定が不可欠です。

Googleの例では、社員同士が密集した空間でやり取りを行い、相互に刺激し合って新しいアイデア、イノベーティブな観点を発見することを重視しています。つまり、【働き方の指標】に「社員間のインタラクション」が設定されているといえるでしょう。

一方、37シグナルズの場合、社員がお互いにリモートワークで働くことによって、自分自身の時間に没頭し、そこで質の高い仕事をすることを狙っており、【働き方の指標】として「個人の集中度合い」を置いていることになります。

上記の2つは、いずれも会社の業績やアウトプットに関連する【働き方の指標】ですが、そのほかに個人的な生活の質や経済環境を高める指標もあります。

37シグナルズのケースで言えば、個人が自分の配偶者と家事や子育てを分担しながら自宅で働くことによって、「家族との関係性」を【働き方の指標】に設定し、高めることを目指しています。

ところが、今回の大人数の議論の中では、こうした【働き方の指標】に関する観点が登場する場面が少なく、ときに「何を高めるために仕事の仕方を議論しているのだろうか」と場が混乱することもありました。


■抑えておきたい8つの【働き方の指標】
今回の議論や、上記のGoogleおよび37シグナルズでのケースを基にすると、重要な【働き方の指標】は、主に下記のように整理することができます。

1.メンバー間のインタラクション:
社員同士の活発なやり取り、メンバー同士が相互に刺激を与え合う度合い。Googleが社員を狭いオフィスに密集させるのは、この指標を上げることが目的となっている。

2.仕事への集中度・没頭度:
他の人から邪魔をされず、ひたすら集中して自分の仕事に没頭・集中できる度合い。いわゆる「フロー状態」で知られるような、時間の経過を忘れ、高い成果が挙げられる状態を目指している。

3.ミッション・ビジョンの一致度:
組織・チームで目指すビジョン・ミッションが、メンバー内でどれだけ共有し実践されているかの度合い。

4.仕事の進捗管理度:
お互いに相手が何をどこまで進めているかを把握し、期日までの確実な進行やアウトプットの質を担保する度合い。密集組織内で管理職が行う仕事の大部分は、この部分を担っている。リモートワークであれば、最新のプロジェクト管理ツールなどが主にこの部分を担う。

5.企業側のコスト:
オフィスや移動費用などにかかる、働く環境に関する企業が負担するコスト。例えば、都心部に社員が一同に会するオフィスを構えると、とても高額なオフィス費用が発生してしまう。

6.プライベートへの配分:
特に共働きの子育て夫婦の場合などで、プライベートに割り当てる時間をしっかり確保できるかどうかの度合い。書籍「未来企業」でリンダ・グラットン氏が指摘するように、この配分に失敗するとプライベートと仕事のバランスが崩壊し、仕事のパフォーマンスも低下してしまう。

7.個人側のコスト:
個人が自分の家の家賃や購入資金、あるいは個人負担での移動費用に費やすコスト。

8.働き方への自己効力感:
個人が、自分自身で働き方を選択できるという感覚。これが高いと、働くことそのものへのモチベーションが高まり、個人的課題の多くを個人が解決できる可能性も高まる。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_359100
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp