民主主義と市民運動の正体
358066 米民主党はテロリスト政党
 
峯川道明 ( 40代 関西 会社員 ) 20/06/30 PM10 【印刷用へ
米民主党はテロリスト集団を使って、11月の選挙でトランプを敗北させたいという意図がある。
様々手を使って何が何でもやるといった、テロリスト化した集団だ。

米民主党はテロリスト政党!!
リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(以下抜粋引用)
まさに米民主党の正体、やり方、考え方、狡さが中国共産党と全く同じであることがわかる記事が次々に掲載されています。まさに米民主党はテロリスト集団を使って選挙を勝利しようとしているテロリスト政党です。11月の選挙で何がなんでもトランプを敗北させたい民主党はトランプの支持率を下げるためにテロリスト集団(武装民兵)を使って国内で破壊行為を続けさせています。
もし米国有権者の多くがこんな状態になった原因はトランプの所為だと考え、浅はかにもバイデンに票を投じバイデンを大統領にしたなら、彼らは米国だけでなく世界中の人々を地獄に突き落とす共犯者だということでしょうね。破壊されている地域は全て民主党が統治する地域であるにもかかわらず、民主党をどこまでも支持する米国民は完全に中国共産党の浸透工作と左翼思想に洗脳されたロボットということでしょう。彼らは自分で考える能力が失われてしまっています。

100万人以上がKKK(クー・クラックス・クラン)をテロリスト集団に指定せよと政府に要請する請願書に署名しました。この請願書はジョージ・フロイドの死亡事件後に出された複数の請願書の一つです。

歴史的にみてもKKKは米国の黒人を恐怖に陥れる作戦を実行してきました。
リコンストラクション(アメリカ南北戦争によりアメリカ連合国と奴隷制システムが崩壊した後の問題を解決しようとする、1863年(または1865年) から1877年までの過程)の時期に、ジム・クロウ(白人男性のトーマス・D・ライスが自らの顔を黒く塗り、彼が出会った奴隷からインスピレーションを受けたという歌と踊りの舞台作品)と呼ばれる白人自警団が黒人をリンチしたり爆撃したり暗殺しましたが彼らは何のおとがめも受けませんでした。もし彼らが逮捕され有罪判決が下されていたなら・・・
公民権運動が行われていた時期にKKKは南部警察や南部州政府と手を組み人種差別廃止に反対しました。
1964年にバーミンガムのバプティスト教会を爆撃しミシシッピ州の人権団体職員らを殺害したKKKの複数のメンバーが逮捕され殺人罪で有罪になりました。
(引用終り)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_358066
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp