アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
357903 米国が真っ二つに分断されています
 
橋口健一 HP ( 57 大阪 技術者 ) 20/06/24 AM01 【印刷用へ
米国の民主党が統治する州や都市が崩壊しています。

リンク より

最近、ネット上で目にする米国のニュースは、全米に広がっている暴動やテロリストの占領地の惨状が多いのですが、まるで米国全体が崩壊しているかのような錯覚に陥るようなニュースが多いです

しかし、暴徒やテロリストにめちゃくちゃに破壊され無政府状態になった都市やホームレス、ゴミ、糞尿、使用済み注射針で汚染されてしまっている都市は全て民主党が統治する都市であり州です。

共和党が統治する州や都市ではこれまで通りの治安が維持されており、たとえ暴徒やテロリストに襲撃されても住民が武装して彼らに対抗しますから暴徒やテロリストはあきらめて撤退しているようです。

この違いは本当に驚きです。
民主党が統治する州や都市・・・・汚い、腐敗、破壊、無政府、犯罪横行、テロリストに侵略される。
共和党が統治する州や都市・・・・これまで通りの治安が維持され、問題は起きていない。

全米がミネアポリスやニューヨークやシアトルのようになっているわけではありません。

民主党+ディープステート+中国共産党は共に、米国を破壊し世界を共産主義独裁体制下に置くことを目的としていますから、民主党が統治する州や都市を最初に破壊しているのでしょう。

しかし今後、青い州と赤い州の対決(内戦)が始まるのではないでしょうか。その結果、青と赤の州がそれぞれ独立していくのかもしれません。

中国も内部崩壊が起きていますし世紀末的な自然災害も起きていますので中国共産党が崩壊すれば中国もいくつかの国に分裂するのではないでしょうか。

米国もいくつかの国に分裂するとするなら、中国と米国で起きていることはシンクロしているのかもしれません。

(中略)

米国では国民の利益のために働いてもらいと願う有権者が大統領を選び勝利させても、大統領になった途端に1つや2つの政策しか実行しなくなります。

民主党は無政府主義共産主義集団です。共和党は企業の利益しか考えていません。どちらの党に票を投じても国民のために働いてくれる党などないのです。

(中略)

今後、米国はどうなるのか?

・インフラの崩壊・・・送電網、テレコミュニケーション、水道水の供給、他
・法の規則の全壊・・・無政府状態、カオス、警察官の大量辞職、他
・金融崩壊、全国的な暴動、多くの都市が破壊される。
・処刑と拉致

・銀行破綻、金融崩壊
・無政府状態、革命の企て、政治家の暗殺、他
・民間の警備会社が増加。軍事訓練を受けた武装警備員が会社を警備。
・麻薬乱用の悪化と自殺者の増加
・児童(性奴隷用)の拉致と人身売買が増加
・検閲が急激に強化され、標的となったウェブサイトはブラウザからブロックされる。
・ホームレスの爆発的増加によりテント村の住人が急増。全国的に絶望感が広がる
・内戦と国の分断が起き、米国が複数の小さな国に分離する。
(後略)
-----------------------------------------------------------
引用おわり
 
  List
  この記事は 356379 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357903
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp