世界各国の状況
357397 米国の黒人暴動を、裏で操る中国共産党・・・
 
村上祥典 ( 40歳代 島根 電気設計 ) 20/06/04 PM00 【印刷用へ
以下、リンクより転載。

-----------------------------------------------------------------
(前略)
・米国の黒人の暴動はもうじき落ち着くだろう。
国家安全保障省によると、今回の暴動は、外国勢力が裏で指示した暴動であり、計画的、組織的に行われた。外国というと中国共産党であり中国の特別工作員が米国内の黒人に暴動を指示した。
毛沢東時代の1968年4月20日の人民日報の記事には米国の黒人に対し「米国に対しゲリラ戦で戦いましょう!」と黒人に呼びかけていた。
特に中国の広東省、北京市、上海市などに留学していた多くの黒人が中国共産党に洗脳され利用されてきた。中国政府は、各黒人留学生に中国人の女を3人ずつあてがい日常生活の全てを世話させた。特に米国から来た黒人留学生(大勢いる)には手厚い世話をしていた。しかも授業料、生活費を中国政府が負担し寄宿舎に無料で住まわせた。黒人留学生らは中国共産党の手厚い待遇に大いに満足し、米国から多くの黒人を中国に留学するように勧めてきた。米国の黒人は中国が大好きになった。
このような経緯からトランプはなぜ米国で黒人が暴動を起こすのかがわかった。つまり中国共産党が背後で黒人を操っているということ。
全米の暴動で57人が逮捕された。現在、米警察はこの暴動の背後に誰がいるのかを捜査中。
二十数年前から多くの黒人が米国から中国に留学し中国共産党に洗脳されてきた。米国各地にいる黒人らは各地の中国人スパイとつながっている。中国共産党は米国社会を混乱に陥れ米国を破壊するために米国の黒人を使って暴動を起こしている。そのことを知っていたトランプは中国共産党幹部の留学生(人民解放軍のスパイ)を全員帰国させた。米政府は今回の暴動の背後に中国共産党がいることを知っている。
この暴動でニューヨークのキリスト教会放が焼かれてしまった。中国でもキリスト教会が全て焼かれた。しかし黒人の多くがキリスト教であるため彼らはキリスト教会を絶対に焼かない。この教会も中国共産党の指示で誰かが焼いた。
暴徒は他の州から来ている。昨日までに多くの暴徒が逮捕された。だいぶ沈静化している。もうすぐ真相が出てくるだろう。
今でも多くの黒人留学生が中国で学んでいる。彼らは中国共産党に利用されている。
・中国の複数の省でトラックの運転手やタクシーの運転手が生活に困って大規模デモを行った。これから中国人の生活がさらに困窮していく。ご飯を食べるだけで精一杯。武漢肺炎で仕事がなくなり2億人以上が失業。運転手も失業する。
・湖南省(毛沢東のふるさと)と広東省で、赤ちゃんに中国産の粉ミルクを飲ませた結果、奇形や病気になり母親たちがデモを行った。
・世界の国々の200人以上の要人らが香港の国家安全法を勝手に成立させた中国政府を批判する共同声明を発表した。

リンク

「黒人をゲリラに」毛沢東以来の対米戦略/米国土安全保障省・暴動の背後に中国特別工作組織の関与示唆/中共の黒人留学生工作の実態!

(後略)
 
  List
  この記事は 357182 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357397
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp