暴走する悪徳エリートの所業
357393 東京五輪は中止決定されていた!
 
匿名希望 20/06/04 AM09 【印刷用へ
東京五輪は中止決定されていた!リンクから転載します。
________________________________
米政府との繋がりをバックに世界展開している大手旅行会社のマル秘レポートの「東京五輪は中止が決定している」という一文が見つかったというのだ。中止の理由は次の通りとなっているというのだ。
@多くの国が代表選手を再選考するための大会を開催する余裕も時間もない
A来年は各国ともに財政立て直しが最優先される
Bワクチンができたとしても世界中に行き渡るだけの量を確保することは困難
Cアフリカや中南米などの医療後進国はまだ第一波の真っただ中でこれからが大変

いずれももっともな理由だ。私がこのスクープ記事を知って直感的に思ったのは、実はこの情報は安倍政権も知っていて、もはや無理だと観念した上で、自らの任期を引き延ばすために強がりを言っているのではないかということだ。

今朝のNHKの早朝ニュースが報じていた。安倍首相は完全な形での東京五輪実現のためにコロナ危機に打ち勝つという考えを示したと。私は何かの聞き間違いかと思った。何が何でも開催したいから無観客でもいいから開催したいと、安倍首相が方針転換をしたのかと思った。ところが今でも完全な形の開催にこだわっているのだ。

本気でそう考えているのなら完全に判断力を失っている。一刻も早く首相を辞めないと日本という国は危ない。佐藤栄作長期政権の記録を超えるために8月末まで引退時期を先延ばしするための嘘だとしたら、保身のために国民を欺いているということだ。これまた一刻も早く首相を辞めさせないと国民は馬鹿を見る。

コーツIOC調整委員長は、「今年10月ごろに可否を判断する」と5月21日付の豪州紙「オーストラリアン」に語った。これに対し日本政府側はそんな話は聞いていないと否定している。とんでもない日本政府の反応だ。10月でも遅すぎるぐらいだ。

コロナをめぐる世界情勢はどんどん不透明になってきている。東京五輪の中止決定は早ければ早いほうがいい。東京五輪の中止決定を安倍首相の辞任の花道にして、コロナ後の世界に、日本は一日もはやく新体制で取り組むべきだ。週刊誌の記事でなんでも動く野党だ。野党は今日発売の週刊フライデーの東京五輪中止決定というスクープ記事を引用して安倍首相にいますぐ退陣を迫るべきだ。
________________________________
 
  List
  この記事は 354999 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357393
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp