暴走する悪徳エリートの所業
357388 イタリアがコロナの正しい治療法を発見!原因はウイルスではありません。
 
橋口健一 HP ( 57 大阪 技術者 ) 20/06/03 PM11 【印刷用へ
コロナウイルスの患者の死因はウイルスではなくバクテリアであり5Gの電磁放射線が加わることで深刻な血液の炎症(血栓)と低酸素症を発症させます。その結果窒息死します。

リンクより

(前略)
イタリアはついにCOVID−19コロナウイルスの正しい治療法を発見しました!
イタリアの医師らは、コロナで死亡した患者の死体検視を禁止するWHOの命令に背いて死体を検視しました。
検視の結果、明らかになったことは:
コロナ患者の死因はコロナウイルスではなくバクテリアであるということです。

バクテリアが血管内に血栓を生じさせていたのです。
このコロナウイルスは播種性血管内凝固症候群を発症させているということです。そしてその正しい治療法は抗生物質、抗炎症薬、抗凝結剤、アスピリンです。コロナの患者はこれまで誤った治療法を施されてきました。
このような事実を確認できたのはイタリアの医師らがコロナ患者の死体検視を行ったからにほかなりません。

さらにイタリアの病理学者は、コロナ患者に人工呼吸器やICUは全く必要ないと言っています。
イタリアは治療手順を変更しました。彼らは既に正しい治療法を知っていましたが、中国には知らせませんでした。

世界中にこの情報を拡散してください。
世界中の人々が支配層の老害たちにより騙され殺害されたのです。この情報を家族、知人、隣人、友人、同僚に拡散してください。

コロナウイルスの患者の死因はウイルスではなくバクテリアであり5Gの電磁放射線が加わることで深刻な血液の炎症(血栓)と低酸素症を発症させます。その結果窒息死します。

この認識と適切な治療法により、コロナウイルスによる死者数を抑制できるでしょう。
イタリアではコロナの治療にアスピリン100rとApronax(非ステロイド系 関節リュウマチ用??)とパラセタモール(解熱鎮痛薬)を使うことにしました。

コロナウイルスに感染すると血栓症を発症し血流が滞ります。その結果、心臓や肺に酸素が送られなくなり患者は窒息死します。アスピリンは血流を改善します。
イタリアの医師らはWHOの治療手順を無視しコロナで亡くなった患者の死体検視を行ったのです。彼らは死体の各部位を切り取り血管を調べた結果、血管が血栓でつまり拡張していたことがわかりました。血管が血栓で詰まり血流が滞り、各臓器、主に脳、心臓、肺に酸素が運ばれなくなってしまったのです。その結果患者は死に至ります。

この事実を知ったイタリアの保健省は即座にコロナウイルスの治療手順を変更しました。
患者らに新たな治療法(検査で陽性を示した患者にアスピリン100rとApronaxを投与)を施した結果、症状が改善し完治しました。保健省はこの治療法で1日に14000人の患者を回復させ帰宅させました。

この情報をできるだけ早く世界中に拡散してください。
イタリア国民は政府に騙されてきました。イタリア首相は単に統計やデータを発表するだけでこの治療法については全く教えてくれませんでした。
我々は支配層エリートや世界中の政府に脅かされるかもしれません。しかしイタリアはあまりにも多くの死者が出てしまい国中がカオスになってしまったため、コロナ治療の世界基準に従うのを止め、新たな治療法で治療を開始することにしました。

WHOは世界中で大量の死者を発生させ世界経済を破壊したとして今後は世界中から訴えられるでしょう。
これで、WHOが(患者の遺体は感染力が強いため)検視せずに即座に火葬或いは埋葬するように指示した理由がわかりました(コロナの正しい治療法を発見させず、大量殺人を継続するために死体検視を禁止した?)。

今や、真実を伝えるのは我々しかいません。
抗菌ジェルと二酸化塩素がコロナウイルスに効くのはそのためです。パンデミックを発生させる目的は世界の人々にワクチンの接種を強要しチップを埋め込み人々の活動を監視し大量殺人を行い世界人口を削減するためです。
--------------------------------------------------------
引用おわり
 
  List
  この記事は 357229 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_357388
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp