実現論を塗り重ねてゆく
35729 超国家・超市場論30 実現の論理
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 02/07/10 AM03 【印刷用へ
考えてみれば、本能生物の世界では環境(=外圧)が変わる時、その新たな環境に適応すべく生み出された最先端機能の下に旧機能が収束して、全体が再統合される。同様に、共認動物の世界でも、生存圧力から同類圧力へと外圧(or状況)が変わる時、新しい状況に適応すべく生み出された最先端の意識(主に欠乏)の下に古い意識(主に欠乏)が収束して、全体が再統合される。
夫々の意識(主に欠乏)が作り出す闘争についても同様で、新しい闘争の下に古い闘争が先端収束して、全体が再統合される。従って、人々の意識(欠乏)と闘争が作り出す『現実』も同様であって、最先端の新しい現実の下に古い現実が収束して、全体が再統合される。

その際、最先端の機能or意識or闘争は、常に古い機能or意識or闘争によって構成された古い現実世界の真っ只中に登場する。それが、真に最先端の適応機能(or意識)ならば、当然、古い機能(or意識)を自らの下に収束させてゆく。むしろ、最先端の適応機能(or意識)は、古い現実世界の真っ只中で古い機能群(or意識群)を収束させてゆくことによってのみ、それが最先端機能であることを証明してゆくのである。

生存圧力から同類圧力への大転換期である現在も、同様である。古い物的欠乏や解脱欠乏とそれらが作り出した私権闘争の全ては、新しい外向収束に基づく最先端の認識欠乏とそれが作り出す認識闘争の下に収束して、全体が統合される筈である。その際、新しい認識欠乏⇒認識闘争(=評価競争)は、当然、古い私権欠乏⇒私権闘争(=お金の獲得競争)の世界の真っ只中に姿を現す。そして、その古い現実世界の真っ只中で古い私権欠乏⇒私権闘争を自らの下に収束させてゆくことによってのみ、自らが最先端の意識(主に欠乏)であり闘争であることを証明してゆく。

即ち、人々の最先端の認識欠乏に応える『認識形成の場』(それは社会的な共認闘争の主体となる)は、古い私権闘争の場=市場(と国家)の真っ只中に姿を現す。おそらく初めは、そんな物(=認識形成サイト)が商品にもなるとは、誰も思わないだろう。だが、我々の現実認識(構造認識や状況認識)が正しければ、人々の認識欠乏が顕在化するのは時間の問題である。それは、はじめの答え(に近い認識)と認識形成の場さえ与えられれば、一気に顕在化する。
そしていったん認識欠乏が顕在化するや否や、それは最先端の欠乏となり、それに応える『認識形成の場』は最先端の活力を生み出す溶鉱炉となる。そして、人々の基底的な『判断の土俵』や『人数』や『投稿資格』などの評価指標を媒介として、お金をはじめとする私権闘争の一切をその場の下に収束させ、全てを統合してゆく。

これが、実現の論理である。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_35729
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
シリーズ「必要か否かの判断の土俵」その10 〜実現の論理〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 11/07/21 PM11
253097 「実現の論理」のポイント★ 西知子 11/06/16 PM08
245885 『図解』超国家・超市場論30 実現の論理 長井雅貴 11/02/17 PM11
239216 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 みのり 10/10/11 AM10
229984 もはや古い欠乏には可能性はないだろう 匿名希望 10/04/12 PM00
224517 私たちの中にある『実現の過程』 川井孝浩 10/01/17 PM09
224354 【図解】実現の論理 山田渉 10/01/16 AM07
224300 実現イメージを具体的に発信していく 山名宏明 10/01/15 PM02
221105 るいネットにあったらいいと思う機能 佐々木尊一 09/12/03 AM10
216981 科学の世界でも、類的関係が追求テーマになる。 岸良造 09/10/11 PM03
216963 現実と闘って生きるための生々しい事実の認識。 田村正道 09/10/11 AM08
216854 「認識形成の場」が市場と国家を超える  星埜洋 09/10/09 PM11
216820 【図解】実現の論理 佐藤晴彦 09/10/09 PM03
210777 認識闘争の時代へ コスモス 09/07/14 PM05
210750 新しい認識が社会を変える兆し 八代至誠 09/07/14 AM04
210736 状況認識の共認形成をどうする わっと 09/07/13 PM10
210694 実現のイメージ 大森義也 09/07/12 PM11
210313 すべての仕事はそのサービスや商品の提供を通じて「答え」を出すことが問われる center_axis 09/07/07 PM04
209712 人々の欠乏に応える場、新たな欠乏を生み出す場 谷口知世 09/06/28 PM00
209659 実現の論理から確信へ 匿名希望 09/06/27 PM08
209657 人が何かを「実現」していく時の論理 スガイク 09/06/27 PM07
209587 今だからこそ「認識形成の場」を最先端機能にしていけるはず!! 倉橋利弘 09/06/26 PM04
209377 答えがあっても共認しなければ実現できない 松下晃典 09/06/23 PM00
208983 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 竹田翔 09/06/17 PM00
208159 不必要なものは売れない。それが認識であっても。 mossi 09/06/04 PM11
204074 実現の論理と現実認識 馬場真一 09/04/10 PM10
203302 03/29なんでや劇場の気づき〜生物は「変異の継承体」、では現在の進化とは? クマったイルカさん 09/04/01 AM01
202290 誰でも、いつでも使える実現論! 匿名希望 09/03/17 AM07
200409 古い現実での評価獲得が、最先端であることの証 高橋智彦 09/02/23 AM08
199997 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 dou 09/02/18 AM11
199941 「実現」の起点となる【外圧】を見逃すな! 佐藤賢志 09/02/17 PM03
199910 超国家・超市場論研鑽の記 松岡隆 09/02/17 AM01
199740 現在の市場社会でのお金の使い方次第で社会は変えられる 内山竜太郎 09/02/14 PM11
199566 【図解】超国家・超市場論 川井孝浩 09/02/12 PM04
199411 【図解】超国家・超市場論 勉強会のまとめ 多田奨 09/02/10 PM05
198835 新しい認識が社会を変える日 川井孝浩 09/02/02 PM00
198814 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 国道12号 09/02/01 PM11
198730 「答えらしきもの」でも発信する価値は十分ある 山田翔吾 09/01/31 PM10
198728 「機能」と「意識」と「闘争」、そして超国家・超市場 樋口卓也 09/01/31 PM10
194986 「実現の論理」の間違った理解⇒スッキリ〜☆♪ 西知子 08/12/16 PM05
194909 『人数』を評価指標とする社会統合システムの構築 麻丘東出 08/12/15 PM03
194857 超国家・超市場論30 実現の論理を読んで たっぴ 08/12/14 PM08
193880 図解化の意味 福ちゃん 08/12/03 PM02
193871 【幹図解】超国家・超市場論30 実現の論理 〜現在の状況〜 司光博 08/12/03 AM11
193853 【幹図解】超国家・超市場論30 実現の論理 〜共認動物の世界〜 司光博 08/12/03 AM01
192890 実現の論理とは必然の論理。それに基づく実践課題の提起が今後求められる。 彗星 08/11/21 PM09
192876 旧い現実を変えていくためには。 Rivet16 08/11/21 PM05
192862 “騙し”に基づく「お金」と“事実”に基づく「認識」 越見源 08/11/21 PM00
192779 古い機能が新しい機能の下に収束する 長谷川文 08/11/20 PM06
192771 認識闘争の下に全体が統合されると言うこと K.G 08/11/20 PM04
192700 実現に向けてすでにその流れに乗っている。 菊人形 08/11/19 PM07
191009 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 水落真梨子 08/10/30 AM07
189174 勝たなければ何も始まらない ハリケーンミキサー 08/10/08 AM01
189125 古いものでは活力が出ないからと言って。 ヘッドフォン 08/10/07 PM04
189119 転換期だからこそ 前田一成 08/10/07 PM03
189105 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 小島貴愛 08/10/07 PM00
189073 塗り重ねるということ。 Lucky 08/10/06 PM10
188772 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 R 08/10/03 AM08
188181 まずは、眼前の現実を直視しよう 匿名希望 08/09/30 PM05
182828 方法が違うのではなく、感じていた欠乏が違った! まりもん 08/08/06 PM01
182819 認識形成の場で認識欠乏が顕在化! スガイク 08/08/06 AM09
182816 認識欠乏に応えていくことが、新たな社会創出への近道 三輪歩未 08/08/06 AM07
182811 超国家・超市場論30 実現の論理 山田純子 08/08/06 AM01
181710 社会活動の売上げを通して社会変革の可能性を感じる 匿名希望 08/07/20 PM10
180301 実現の論理の意味 宮本昇 08/06/30 AM02
179361 【図解】超国家・超市場論30 実現の論理 浅見昌良 08/06/18 AM09
178399 『滅亡論』⇒『実現論』 なんでやねん 08/06/04 PM10
178386 不全感は“充足”しようと可能性に向かう☆ 池田有希 08/06/04 PM08
177958 【図解】「超国家・超市場論30実現の論理 西村真治 08/05/30 PM11
177956 古い現実を収束統合させてこそ最先端 わっと 08/05/30 PM11
177955 今の外圧状況に適応するには 金木洋平 08/05/30 PM10
177935 お金の時代はとっくに終わったけれど・・・じゃあ何の時代? 斎藤一浩 08/05/30 PM08
177930 素直に新しい認識を吸収する 山名宏明 08/05/30 PM07
173714 観念機能ってスゴイ★人間の進化ってスゴイ★ 西田美和 08/04/07 PM11
173700 観念を固定したら、そこが適応限界 孫市 08/04/07 PM08
172229 実現の論理=共認闘争 コスモス 08/03/11 AM00
171873 「収束」とは進化の一過程? 庄恵三 08/03/04 AM00
171493 新しい意識と古い主体 前山薫 08/02/25 PM07
171476 [幹図解] 実現の論理  井上宏 08/02/25 PM00
171140 実現の論理とは。 STP 08/02/19 PM00
171112 「実現の論理」は極めてシンプル 新川啓一 08/02/18 PM09
171110 【図解】「超国家・超市場論30実現の論理」 匿名希望 08/02/18 PM09
170670 次代を創っていくのは切実な女たちの充足期待 立石裕美 08/02/10 PM10
166635 【図解】実現の論理 熊谷順治 07/12/07 PM02
166556 現実を直視する為に必要な新認識が最先端機能 田野健 07/12/06 AM00
166365 認識闘争=充足 HAYABUSA 07/12/02 PM09
166275 ネットサロン(初参加)を終えて yamaguchi 07/12/01 PM10
166267 もっと色々な人と課題について共認したくなってきた!! Silentservice 07/12/01 PM09
166077 みんなの考えていることを知りたい。 阿部佳容子 07/11/28 PM07
162537 古い現実(自分)⇒新しい現実(欠乏) たっぴ 07/10/01 PM10
161996 進化の過程に根ざした確かな論理 匿名希望 07/09/24 PM05
161964 偶然ではなく必然 匿名希望 07/09/23 PM11
161941 「実現の論理」から学ぶ 鈴木龍也 07/09/23 PM07
161759 政治と金の問題が騒がれることに対する違和感の正体 大嶋洋一 07/09/21 PM01
161699 顕在化を促進するもの 鈴木康夫 07/09/20 PM06
161654 自己中が最大の敵である理由 熊澤敬輔 07/09/19 PM11
153261 実現の論理は、自然の摂理! 馬場真一 07/06/01 PM10
151211 ネット上での共認闘争が盛り上がるほど、「先端の意識(主に欠乏)の下に古い意識(主に欠乏)が収束して、全体が再統合される。」 こうた 07/05/09 AM10
151177 捏造・欺瞞の虚構は、実現(事実)の論理の元に吸収・消滅する運命にある。 近藤文人 07/05/08 PM10
149740 実現するには〜実現の論理〜 橋田和弘 07/04/19 PM07
149661 実現の原理って何? 雪竹恭一 07/04/18 PM05
149333 【図解】超国家・超市場論30〜実現の論理 布田貴士 07/04/14 AM08
148684 評価共認の指標としてのお金が変質しつつある 渡辺卓郎 07/04/05 PM00
148404 認識欠乏は、一気に顕在化する 小松由布樹 07/03/31 AM11
148400 最先端機能への収束力 芝田琢也 07/03/31 AM10
148324 日常の至る所に実現すべきことが溢れている 鹿村幸代 07/03/30 PM02
146491 共認運動に可能性を感じる理由 磯貝朋広 07/03/05 PM05
146461 「実現」は破壊も否定もしない。 かなめんた 07/03/05 AM00
145485 欠乏を可能性に転化していくために。 西田美和 07/02/21 PM10
141503 実現の論理とは「適応とは何か」を示している 小澤紀夫 07/01/02 AM01
141367 全ての課題(=欠乏)は現実の真っ只中におこる 酒井俊弘 06/12/30 PM08
141321 新しい闘争へと収束し全体を再統合したものが勝てる 村上祥典 06/12/30 AM10
141318 実現の論理【図解】 前山薫 06/12/30 AM10
141286 最先端機能とは 渡邊かお里 06/12/30 AM00
139954 『認識形成の場』は最先端の活力を生み出す溶鉱炉 西村真治 06/12/13 AM02
139938 「場」が闘争の主体 わっと 06/12/12 PM11
139935 実現の論理【図解】 川井孝浩 06/12/12 PM10
138490 「古い現実と新しい現実」ってどういうこと? 野田晋一郎 06/11/26 PM00
138479 だからこそ可能性を感じる 立石裕美 06/11/26 AM06
138466 実現とは自らが変化(適応)することに他ならない 阿部和雄 06/11/26 AM01
138456 古い現実を肯定すること 河野梨恵 06/11/25 PM11
138445 『認識形成の場』は最先端の活力を生み出す溶鉱炉 コータロー 06/11/25 PM11
137336 「変われるかどうか?」ではなく、「適応できるかどうか?」。 西田美和 06/11/13 PM01
137332 超国家・超市場論30 実現の論理【図解】 柳瀬尚弘 06/11/13 AM03
137325 認識力・発信力の上昇が求められている 塩貝弘一郎 06/11/13 AM00
137180 全て、実現の過程は、現実を対象化することから始まる。 浅見昌良 06/11/11 PM09
137164 認識形成の場への結集がまず求められる 井上光利 06/11/11 PM06
137145 現在の否定ではなく・・・ 浜永良成 06/11/11 PM01
137129 「超国家・超市場論30 実現の論理」図解 八代至誠 06/11/11 AM04
136623 新しい「場」の実現とは古い世界の評価闘争に勝ち続けること 庄恵三 06/11/05 PM10
136159 「超国家・超市場論30 実現の論理(後半部)」図解 野村徹 06/11/01 PM09
135939 目先収束の若者達ほど、本当は答えを求めている 矢ヶ崎裕 06/10/30 AM01
135919 「実現の論理」をもっと活用しよう! 安藤広海 06/10/29 PM10
135906 「はじめの答え」再考 渡邊かお里 06/10/29 PM07
135833 評価指標の変化 高橋幸香 06/10/28 PM11
134589 子供達こそ新認識を 匿名希望 06/10/17 PM08
134457 旧い現実は新しい現実の前に無力である 匿名希望 06/10/16 AM10
134429 実現への期待と役割がるいネットにはある ケリ太 06/10/15 PM11
134399 「超国家・超市場論30 実現の論理」の図解 「るいネット」ファン 06/10/15 PM07
133173 認識欠乏の顕在化のためには何が必要? 匿名希望 06/10/05 AM08
133149 「超国家・超市場論30 実現の論理」図解化 ベジ紀 06/10/05 AM01
133135 収束不全は顕在化した、認識収束は? ぴんぐー 06/10/04 PM11
131675 気配りより、事実の提示 酒井俊弘 06/09/22 PM08
131290 自己中は悪の事例を投稿しましょう 匿名希望 06/09/18 PM10
131132 「大転換期」 中村朋子 06/09/17 AM08
130720 認識サイト(統合サイト)が市場を統合していく過程 野村徹 06/09/13 AM10
130691 超国家・超市場論30 実現の論理・・・図解化を行って 細田卓司 06/09/12 PM11
130652 「超国家・超市場論30 実現の論理」図解 冨田彰男 06/09/12 PM04
130523 いかにして「認識形成の場」は「市場」を統合するか? 浅見昌良 06/09/10 PM08
130474 「認識形成の場」を商品に 安藤広海 06/09/09 PM10
128739 認識欠乏はすぐ喉元まで 前山薫 06/08/22 AM10
128707 露店を認識形成の溶鉱炉へ 酒井俊弘 06/08/21 PM09
127753 「実現の論理」 中瀬由貴 06/08/09 AM08
127719 欠乏が顕在化するとは、 谷光美紀 06/08/08 PM07
127697 実現に必要なもの 宮崎未帆 06/08/08 AM09
127009 実現の論理とは 匿名希望 06/07/29 PM11
126981 ミス多発!の逆境から、新たな可能性へ!! 川井孝浩 06/07/29 PM05
126951 改めて「認識形成は闘いである。」 STP 06/07/29 AM02
126911 新しい『現実』は、古い「現実」を解体編成して、統合していく 小林雅志 06/07/28 PM06
126900 私権闘争⇒認識闘争とは。 永峰正規 06/07/28 PM03
126898 何のために観念機能を使うのか? 藤澤仁 06/07/28 PM02
126897 旧観念にとって新認識は対立対象ではなく収束先 山田孝治 06/07/28 PM01
119097 必要なのは「市場」を「共認」の下に収束させるための「兵器」では? 東努 06/06/08 PM00
102046 収束不全から可能性収束への移行 山田真寛 05/12/05 PM05
99959 最先端機能による再統合過程 田中素 05/10/28 PM11
統業以外の空いている時間を企業のために使う 「みんなの路上−活力再生・感謝と謝罪」 05/10/23 AM04
97206 言葉だけの「変革」では実現しない 平川要 05/09/12 AM00
96572 マスコミの洗脳と無縁な若者たち 馬場康一郎 05/08/29 PM09
96548 構造認識で旧体制・旧制度を乗り越えていく姿勢が事業をつくる 村上祥典 05/08/28 PM10
94807 私権社会でも役に立つことの証明 熊澤敬輔 05/07/19 PM11
92284 新たな生産関係まで昇華してこそ本当の活力再生に繋がる 麻丘東出 05/06/08 AM04
92146 共認革命は人と人(みんな)を繋ぐ媒体の創出から 平川要 05/06/05 PM11
91766 新たな実現態が古い現実をこじ開ける 柳瀬尚弘 05/05/30 PM11
91684 認識形成の為の媒体や場がいよいよ必要とされてきた証 田原康夫 05/05/29 PM03
90669 社会構造の転換にも、塗り重ね構造が必須である 村田貞雄 05/05/13 PM11
88157 同じ土俵で評価されるからこそ最先端機能が明確になる 田中一成 05/03/30 PM11
87999 「共認」は「最大の統合圧力」に成り得た 橋本正雄 05/03/27 PM06
87313 先端の意識に収束するということ 渡邊真也 05/03/13 PM08
86716 古い評価指標 佐藤英幸 05/03/03 PM10
86181 実現志向・・・ 坂本伸一 05/02/23 AM07
84947 共認充足の場から運動の協働者へ 大嶋洋一 05/01/31 PM10
84303 先ずは答えを見つけること 河村雅博 05/01/20 PM06
82913 新しい現実を掴めるかどうかは意識しだい 本田真吾 04/12/21 AM01
44151 後で振り返って見えるものに向かおう magarimame 02/11/19 PM01
36679 新しい適応機能が出現して市場は終焉する 金岡景太 02/07/23 PM06
36240 皆に「認識」が浸透した時に初めて金が不要になる 辻一洋 02/07/17 AM01
36089 現実の流れの中でしか意識は顕在化しない 田中健太郎 02/07/14 PM06
36075 ぬり重ねられてゆく認識 井草貴浩 02/07/14 AM00
36063 認識欠乏の中身 渡邊かお里 02/07/14 AM00
36046 私権時代から同類闘争時代への移行 原田昭雄 02/07/13 PM11
36009 市場社会のお金を道具とした評価社会への変容 福田慎一郎 02/07/13 PM06
36000 経営評価指標としてのお金も変貌過程へ。 阿部紘 02/07/13 AM02
35997 認識形成サイトに人が集まる予感 山田渉 02/07/13 AM01
35982 「答えがない」という状況判断を変えること 柳瀬尚弘 02/07/13 AM00
35973 有料化の醍醐味 川井孝浩 02/07/13 AM00
35971 「古い現実」と「新しい現実」 浅野雅義 02/07/12 PM11
35967 一気に顕在化するのは何故か? 八代至誠 02/07/12 PM11
35960 社会統合が解脱にもなるという“うれしい”話 平野令 02/07/12 PM11
35954 あらためて『認識形成の場』の必要性@ 蘆原健吾 02/07/12 PM11
35951 『認識形成の場』の下では「お金」さえ根本から変質する 山本士峰 02/07/12 PM10
35934 最先進の革命 匿名希望の天神様 02/07/12 PM01
35932 確かな流れを感じます 松下直城 02/07/12 PM01
35925 るいネットどんどん身近になります 後藤美奈子 02/07/12 PM01
35922 認識形成サイトは商品と成り得るか ごんべえ 02/07/12 PM01
35920 新しい世界を作り上げていくという意識 ベーカー 02/07/12 PM01
35918 現実(圧力)直視の姿勢 高利 02/07/12 PM01
35900 産業構造大転換がパラダイム転換の前触れ 仙元清嗣 02/07/12 AM01
35884 認識欠乏の顕在化は、直ぐそこまで来ている 村田貞雄 02/07/11 PM11
35880 るいネットは、実現の論理そのもの 石橋創 02/07/11 PM11
35879 認識形成の場が人々の潜在思念を顕在化させる 澤根和治 02/07/11 PM11
35871 現実を肯定視するから実現する 馬場康一郎 02/07/11 PM11
35849 認識欠乏の顕在化は活力溢れる姿から 匿名希望 02/07/11 PM02
35847 これは進化そのものだ 高田敦 02/07/11 PM02
35842 全ての「社会」運動を可能性収束させる実現の論理 匿名希望 02/07/11 PM01
35841 早く、この『認識形成の場』の存在を広めなければならない 匿名希望 02/07/11 PM01
35840 新実現体が登場するとき 吉国幹雄 02/07/11 PM01
35833 実現可能性、それは人々の意識が統合されていく過程 吉国幹雄 02/07/11 PM01
35829 お茶と水 匿名希望 02/07/11 PM01
35824 新たな流れがまさに今始まろうとしている unclefootballer 02/07/11 PM01
35820 解かりやすく日常的に可能な行動 坂本伸一 02/07/11 PM00
35818 るいネットの使命 匿名希望 02/07/11 PM00
35805 小さな副業がもたらす大きな変革 田野健 02/07/11 AM01
35800 可能性収束と実現の論理 馬場真一 02/07/11 AM01
35792 勝っていく姿が、潜在意識を一気に顕在化させる 村上祥典 02/07/11 AM00
35779 欠乏に応え得る商品 にっすぃ〜 02/07/10 PM11
35774 地に足がついた変革 長谷川文 02/07/10 PM11
35762 「現実」の中から、突き抜けると言う事 西谷文宏 02/07/10 PM09
35750 流行を超えた持続的な吸引力 尾曲圭介 02/07/10 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、42年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp