マスコミに支配される社会
356705 タンザニア:コロナ検査キットでヤギもウズラもパパイヤも陽性反応
 
匿名希望 20/05/14 PM07 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向リンクより引用します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−
何なんですかね、この検査結果は。。。
タンザニアではパパイヤにコロナ検査をしたところ陽性になりました。
パパイヤがコロナに感染するわけないですから、笑っちゃいますね。
それにヤギもウズラも羊も陽性だったそうです。この調子ではネズミもバッタもカエルも検査を受けたら陽性になりそうですね!
ただし笑える話でもなさそうです。検査を受けた患者が全員擬陽性だったなら、アフリカは大混乱します。
タンザニアに寄付された検査キットは全て陽性になるように仕組まれているのか、検査キット自体がコロナウイルスに汚染されているのか、検査技師が全て陽性と報告しているのか。。。わかりませんがねえ。
アフリカ諸国で使われている検査キットの多くがアリババのジャック・マーからの寄付だそうです。彼はビジネスマンでもあり中国共産党の工作員ですから彼の慈善事業には裏がありそうです。
イギリスのジョンソン首相が使った検査キットは既にコロナウイルスに汚染されていたことが明らかになりましたし、中国は世界中にあらかじめウイルスや菌を付着させたマスクや検査キットを世界中に供給しているようですから、それらを使えば感染が拡大してしまいます。
そういえば、日本にもジャック・マーは100万枚のマスクを寄付しましたね。そしてそれに感激した森法務大臣は「ありがとう、私のお友達、ジャック・マーさ〜〜ん(⋈◍>◡<◍)。✧♡」と感謝の言葉をツイートしていましたっけ!
ジャック・マーが寄付した100万枚のマスクは日本の医療機関で使われたのでしょうか?
都内で院内感染が頻発しているのは彼が寄付した汚染マスクのせいではないでしょうね。。。

リンク
(概要)
5月10日付け

Image: Faulty coronavirus tests: Goat, quail and papaya in Tanzania test positive for COVID-19, raising concerns about false positives 
(Natural News)
タンザニアで使っているコロナの検査キットの正確性に疑いが出てきています。
マグフリ大統領は、家畜や果物でも陽性になる検査キットは信頼性がないとして不満を漏らしました。
さらに大統領は、タンザニアで使われている検査キットは海外から輸入したものだとし、どの国から輸入したかについては明らかにしませんでした。

タンザニアの治安部隊は検査キットの品質を評価するために、ヤギ、パパイヤ、ウズラ、羊から検体を取った後、検査室にそれらのサンプルを送り検査を行わせました。検査室の検査技師はそれらが人間以外の検体であることは知らされていませんでした

これらのサンプルの検査結果は何と全て陽性でありコロナに感染していることになりました。これは重大な問題です。
マグフリ大統領は、コロナに感染していない人も陽性の反応が出てしまうことになると懸念しています。
つまりタンザニアのコロナ感染者数は正確ではないということです。タンザニアの発表では509人の感染者、21人の死者となっていますが、これは最新情報ではありません。


タンザニアの検査室でいかがわしいことが行われています。

これまでコロナの脅威について重要視していなかったマグフリ大統領は、検査室ではいかがわしいことが行われているとして、検体のサンプルが人間以外から取ったものだということを公表した翌日の5月4日にタンザニアの国立衛生検査室の検査長を停職させました。

タンザニア政府のアバス報道官はこの検査室の詳しい調査を行う調査チームを結成させたことを発表しました。(アフリカではコロナの感染者数が43%も増加しており次のコロナパンデミックの中心地となるとWHOは警告しています。)


マグフリ大統領は、国営放送のニュースで、「検査キットが陽性になるよう仕組まれていたのか、検査技師がわざと陽性として報告してしまったのかわからないが、これは破壊行為になりえる。」と述べ、タンザニアが受けている外国支援がタンザニアに良い結果をもたらすわけではないとして外国支援に疑問を投げかけました。


コロナ・パンデミックが始まった時からアフリカは、WHO、(アリババの)ジャック・マー財団、複数の慈善団体から大量の検査キットを購入し検査能力を急拡大させました。

「ジャック・マー氏が彼の財団を通して大量の検査キットと防護服をアフリカ諸国に寄付してくれた。アフリカ諸国で検査の研修を行なっている。そして過去数週間、数か月にわたりジャック・マー氏が寄付してくれた高い信頼性のある検査キットをアフリカ諸国に配布した。」と、アフリカCDC疾病対策予防センターのトップが述べました。


検査キットの正確さについて質問を受けたWHOアフリカ支部のトップは、ジャック・マー財団及び他の機関から調達した検査キットはコロナウイルスに汚染されてはいない、と主張しました。


しかしWHOアフリカ支部とアフリカCDCに対する信用をなくしたマグフリ大統領は、マダガスカルに飛行機を飛ばしコロナの治療薬として販売されている薬草剤(国際的には効果が認められていない)を調達することにしました。


マダガスカルのラジョエリナ大統領は、国内でCovidオーガニックスとして知られている薬草剤で治療した2人の患者が1週間で完治したと述べました。マグフリ大統領はタンザニアの患者に対しこの薬草剤をコロナの治療薬として使うことにしました。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_356705
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp