西欧科学は狂っている
355327 5G、チャイナコロナウイルス、ケムトレイル、ワクチンの相互関係−1
 
森羅万象 ( 知命 森 万象 ) 20/04/03 PM09 【印刷用へ
日本や世界や宇宙の動向
5G、チャイナコロナウイルス、ケムトレイル、ワクチンの相互関係 リンクからの引用です。

〜引用開始〜
5Gの開発や導入に携わった技術者がその危険性を懸念し5G基地局を破壊して導入に反対していました。
5Gの危険性を最もよく知っているのがこのような人だと思います。
世界中で5Gの導入を見直す動きが出てきています。そんな中、日本ではまず東京や大阪で5Gの導入が始まりました。日本政府は、世界がグローバリズム、移民受け入れ、インバウンド、5Gなどにブレーキをかけ始まってから、やっとこれらのアクセルを踏むのです。バカ丸出しです。

しかもこれまで日本がコロナの感染者を低く抑えることができたのも5Gがスタートしていなかったからかもしれないのに、感染者が爆発的に増えそうな4月に5Gをスタートさせました。本当にバカ丸出しです。まだ全国的な導入には至っていませんが、今後、5Gが各地で使われるようになると、コロナも各地にまん延し突然死も急増することでしょう。そしてイタリアや米国を抜いて世界最大のコロナ感染国になる恐れもあります。そのころには世界中が5Gを撤去するようになるかもしれません。
しかしそうなっても日本は相変わらず中国のスパイ装置であり人口削減装置の5Gを使い続けます。本当になぜこれほど日本はバカになったのでしょうか?
東京五輪会場は5Gの大実験場になりますから東京でバタバタ倒れる人が続発するかもしれません。それを避けるためにも東京五輪は中止すべきです。

<2年前、5Gの技術者が5Gの基地局を破壊し逮捕されていました。>
リンク
(一部)
3月30日付け

(一部のみ)
2年以上前に、5Gの有害性、危険性について熟知していた通信会社の元技術者(5Gの開発に携わった)が街に設置された5Gアンテナを破壊することで5Gの導入に抗議しました。
男性は自分がやったことは犯罪だということを認め犯行後に逮捕され有罪になりました。彼は、5G(電磁放射線)の危険性は計り知れないと警告し、5Gの開発と導入に携わった自分は責任重大であると言っています。彼自身も5Gアンテナの近くに住むようになってから体調がかなり悪化してしまったのです。

2020年3月、スロベニア政府はは国内での5Gの設置を停止し、5Gテクノロジーの人体への影響と安全性を検証することにしました。

4種類の兵器(COVID−19(生物兵器)、5Gエネルギー兵器、ケムトレイル(化学兵器)、インフルエンザワクチン(ハイブリッド兵器))を同時に使用し世界人口の削減と全世界のロックダウンを実行中!
 リンク
(概要)
3月24日付け          

・コロナウイルス COVID-19
・5G 60 GHz ミリ波
・ケムトレイル‐散在性のスマートダスト
・インフルエンザ・ワクチン

 デジタル化されたリボ核酸を含むワクチンが体内に注入されれば、上記の4種類の兵器が相互に強化されます。
そして、標的となった都市や国が意図的に組織的に封鎖され、そこで大量殺人、人口削減など地球破壊的事件が起こされます。
なぜ昨年末からチャイナコロナウイルスが世界中で爆発的に広がっているかというと、昨年から、中国、イタリア、韓国、米国、その他のIT先進国で、5Gの軍事的配備が急速に進められてきたのです。加えて、インフルエンザ・ワクチンとケムトレイルで4種類の兵器が同時に稼働しました。
2020年は、これらの4種類の兵器により終末論的な事態に発展していきます。

5GとCOVID-19

5Gが集中的に導入された地域でコロナウイルスのクラスターが発生しています。
2019年12月に武漢でコロナウイルスの大流行が始まる前に湖北省で5G導入が加速したのはなぜでしょう。
何年も前から中国は5Gの世界的展示場になることが決まっていました。
武漢のような大都市圏+テクノロジーのハブが、5Gの展示ゾーンに正式に選ばれたのです。
5G高周波電送器とマイクロ波タワーが設置されれば街全体がモノのインターネットで構築されることになります。
2019年に湖北省の省都、武漢に1万基もの5G基地局が設置されました。
そして武漢市民の間で5G症候群が爆発発生したことを5Gの実験者らが確認した後に新型コロナウイルスが市内に撒かれたのです。
5Gのモルモットとなった武漢市民は5Gのスイッチが入った途端にハエが落ちるように次々に倒れていきました。そして救急医療室や救急病院が患者であふれてしまったのです。
5Gの科学者らは、プランBを実行した途端に全市民に健康被害が及ぶことを確認しました。
しかし健康被害の原因が5Gであることを隠し、5G症候群と同じ症状が出るインフルエンザや人工的に作った新型コロナウイルスを犯人にしているのです。

〜続く〜
 
  List
  この記事は 355169 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_355327
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
355328 5G、チャイナコロナウイルス、ケムトレイル、ワクチンの相互関係−2 森羅万象 20/04/03 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp