環境破壊
354926 海に流されたプラスティックゴミは、「食塩」に混じってわたしたちの食卓に戻ってくる
 
匿名希望 20/03/24 PM09 【印刷用へ
引用先→リンク

海に流されていったプラスティックゴミは、そのうちに細かく砕かれて微小な断片となり、塩辛い調味料の一部となってわれわれの元へ戻ってくる──。そんな事実を、マレーシアの研究グループが学術誌『Nature』のオンライン版「Scientific Reports」で発表した。これまでの研究では、魚や貝など塩以外の海産物からマイクロプラスティック(大きさが1〜1,000μmのプラスティック粒子)が見つかっているが、塩についての研究は今回が初めてである。

16種類中15種類の海塩にマイクロプラスティック

調査の対象となったのは、8カ国で製造された16種類の海塩(一部に湖が原産の塩も含まれる)。そのうち15種類にマイクロプラスティックの粒子が含まれていたことがわかった。なお、対象となったブランド名は公表されていない。

研究グループは合計72の粒子を塩から回収し、顕微ラマン分光法を使って分析した。その結果、主にプラスティックから成る生成物や顔料が成分として含まれていたという。発見された粒子のほとんどは古いプラスティック製品の破片であり、どれも風化の兆候を示していたため、パッケージ材料が混入した可能性は排除できた。

最も多かったポリマー粒子は、ポリプロピレンとポリエチレン。そこに、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリスチレン−ポリイソプレン、ナイロン6、そしてフタロシアニンや黄色クロメート、ホスタパーム・ブルーといった顔料が続く。これらは、あらゆる種類のプラスティック製品やポリアクリル系繊維、塗料に使われているものだ。

過去には甲殻類に関する研究も

これらの調査結果と世界の塩の消費に関するデータに基づいて推測したところ、食事に含まれる塩分をすべて海塩から摂取すると仮定した場合、人々は海塩に含まれるマイクロプラスティック粒子を1年に約37粒食べることになる可能性があるという。

一方で過去の研究によると、甲殻類を好むヨーロッパの人々は、1年に最大1万1,000個のマイクロプラスティック粒子を食べている可能性があると推測されている。この量が健康上のリスクをもたらすかどうかは、まだ明らかになっていない。

プラスティックの使用量は増える一方だ。洗顔剤などに使われている微細なプラスティック粒子「マイクロビーズ」が、下水処理を通り抜けて食物連鎖に入り込んでいることも報告されている[日本語版記事]。「海や湖でマイクロプラスティックが徐々に蓄積し、結果的に水環境からの生産物に蓄積する可能性がある。さまざまな海産物に含まれるマイクロプラスティックを定期的に定量化して特徴を調べる必要がある」と、論文では述べられている。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_354926
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp