人類の起源と人類の拡散
354264 人類、なぜ直立二足歩行に進化したの?
 
匿名希望 20/03/05 AM01 【印刷用へ
地球上に最初の生命が誕生したのは約40億年も昔。そこから生物は進化を繰り返し、様々な種類に枝分かれしてきた。その中で人類は他の動物と違い、両手を巧みに使って道具を作り、脳を高度に発達させて言葉を話し、文明を築いた。そのきっかけは「直立二足歩行」をするように進化したこと。なぜ、そんな進化が起きたのだろう?


Q 二足歩行する動物はいっぱいるよ。

A そうだね。ときどきする動物も入れると、チンパンジーなど類人猿やカンガルー、鳥類など。恐竜にもたくさんいた。でも脚と胴体を地面に対して垂直に立てた直立二足歩行は人類だけ。ペンギンもそう見えるけど、実はイスに座ったときのようにひざを曲げた状態で歩く。直立はすごく珍しいんだ。

Q それが人類の進化に大事だったの?

A 国立科学博物館の馬場悠男名誉研究員(元人類研究部長)は「直立二足歩行がすべての始まり。これがなければ人類の今はなかった」と話している。まず直立して両手を使うようになり、その後だいぶたってから脳の発達や道具の製造、言語などにつながったんだ。約600万年前のアフリカにいた人類の祖先、猿人はすでに直立していて、約300万年前には完全な直立二足歩行になったそうだよ。

Q どうして直立二足歩行するようになったのかな。

A いろいろな説があって、決定的なものはない。ただ、馬場先生によると、物を運ぶようになったからという「運搬説」が有力なんだ。人間でいうと中腰のような前かがみの格好で重い物を長く運ぶのはバランスが悪くて大変。だけど直立して運ぶのはそれよりも楽だからね。

Q いったい何を運んだの?

A オスがメスに気に入ってもらおうとして、食べ物を持って行ったという「プレゼント仮説」が考えられているそうだ。「子育て仮説」とも言う。子供を育てているメスのところにせっせと果物や肉を運んだのかもしれない。また、原始的な道具として木の棒や石を持ち歩いたという説もあり、両方の説が同時に起こった可能性もあるそうだよ。

Q どうして直立二足歩行に進化するのは珍しいのかな。

A 人類の場合、その前に森の木の上で暮らしていたことが関係しているそうだ。馬場先生は「樹上生活で関節が軟らかくなったから直立が可能になった」と話している。樹上では脚で木をつかむなど体がぐにゃぐにゃと自由に動くと便利で、いろいろな方向に動く軟らかい関節が有利だった。

特に直立に関係するのは股(こ)関節だ。今の人間は当たり前のように、脚を前方に上げたり直立したり、後ろや横にも動かせる。これは股関節が軟らかいから。でもふつう四足歩行の動物はこんなに自由な関節ではなく、動く方向や角度が限られる。人類は軟らかい関節という準備ができていたおかげで、地上に降りてから直立二足歩行に進化できた。もともとは樹上生活の進化が、地上生活でも役に立ったわけだね。

リンク
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_354264
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp