学者とマスコミはグルで頭脳支配
353969 ◆自覚なき外圧捨象と組織的劣化収束の構造
 
Bannister 20/02/22 PM08 【印刷用へ
あらゆる外圧が高まる中、もはや我々は自在な思考を手に入れ、集団の適応可能性を飛躍させるべき時代に入った。

◆可能性追求の時代

業態革命や企業連携、コラボレーションやグループ追求など、既存の思考フレームを超えるべく多くの中小企業、大企業、学校、教育、家庭、子育て、男女関係といったあらゆる領域の中で社会的規模(行動は部分的・局所的ではあるが)での模索や追求が始まっている。

一方、思考の開放をや新たな取り組み意識するが故に多くの思考が陥りやすい罠がある。

それは、当人たちの意識とは裏腹に、成功事例の表面的模倣や、技術的スキル、表現スキルの模倣に終始してしまうという思考現象だ。しかしそれは、学校教育の弊害である暗記脳による観念領域のみのHOW to思考である。

もちろん表面的であっても既知の領域を超えた行動・作業や思考を少なからず模倣する為、既知領域に対してある程度の新鮮さや変革的現象を齎す。確かに新しいカタカナ語や技術表現や行動様式の提示は、既存の枠組みからすればそれらの現象はあたかも思考を開放しているように見えるかもしれない(これはチームやグループによる集団思考でも同様)。

◆思考ベクトルの位相

しかし、ここに致命的とも言える構造的な落とし穴がある。ある意味、見た目や言葉を変え、作業手順を変え、アウトプットする表現を変えるだけならば誰でも簡単にできる。問題は、構造的に実在レベルでその思考が開放されているか否かという点だ。

実際、たしかに思考の開放がなされ、現実に可能性を切り開いているケースにおいて、最も重要な事。それは、外圧や危機的状況を肉体レベルで対象化するがゆえの固定観念=「既知の立脚点そのものの解体」であり、その可否である。

例えば建築設計の領域で、建築プロセスにおいて思考の開放を試みようとする。起点は志であり、目的地は開放された自在な思考に基づく社会と使用者において末永く評価される新たな空間価値の創造・提供であるとしよう。近年の先端技術や先端事例・他業界事例・評価事例の収集から、それらを生み出す組織の構造や思考様式・伝達様式を取り入れるべく注力する。そして、一定の構造化を経て、実際の業務フローに組み込む事を試みる。

一見間正しいように思える。しかし、残念ながらこの一連の思考・作業フレーム・プロセス全体の「立脚点」自体が、既にズレている。

旧観念による潜在思念支配

何故か?それは仕事以前の思考領域=実在領域に存在する。ここに日常・仕事・追及・仲間を含めたすべての根幹=原因構造がある。もし諸君が、仕事が出来て休日には自分の趣味を大いに楽しみ、仕事の成果や仲間との充足関係を維持しつつ、個人の自由な時間や休みの確保も絶対。もちろん個人の価値観による自由恋愛(自我の性)は、あたりまえのように肯定する。

そして、一対婚に基づく核家族信仰(家庭第一・子育第一)も当然で、夫婦仲良くあわよくばこっそり不倫や浮気もアリ。仕事と家庭の分断もある程度は仕方が無いと割り切る。まぁ。構造認識的にはいろいろ問題はあるかもしれないが今は過渡期なので、このようにうまくバランスをとることが重要。などといったような価値観を当たり前のように心底に温存させている。

その上で、求める新たな価値の創造や社会的評価、建築家幻想や集団内評価の獲得を目指しているとする。ならばそれは。口にする社会のためや志とは裏腹に、明らかに根幹にある価値観や普遍的行動様式は既知収束そのままの倒錯した意識構造であり、本質的には近代観念や既知観念を絶対肯定する立脚点の姿である。ようは何も腹を括っていないのだ。

◆倒錯する実在

したがって、もしこの私的絶対領域の絶対性=既知を疑いもせず、実在を変えようともせず。全肯定した上で「思考の開放」という領域に臨むのだとすれば、それは結果=社会的充足可能性を生み出すこと自体が幻想であり(目先の断片的可能性以外)実現不可能であるということに他ならない。過渡期だからと自分に関係ない問題・課題=社会外圧を捨象し、自分に都合のよいところだけ日々の正当化の為に新認識や構造認識を用いる欺瞞。

当然、本来的にも集団思考の構造上も存在しえない。唯一存在しえるように錯覚する可能性があるのは、近代観念(自我のパラダイム)の全肯定を暗黙に仲間で共認した上で形成される集団内(私的)共認の地平だけである。これが集団構造における実在的劣化収束である。こういった仲間を羅針盤とした場合、集団の行方は火を見るより明らかであり、それが劣化共認(旧パラダイム温存という潜在思念の正当化共認)の姿である。

これは他業種であっても他領域であっても、集団・組織が気をつけなければならない重要なポイントとなる。

◆実在と意識を外圧と可能性で統合する

したがって思考を開放する為には、生活存在を含めシームレスに既存の枠組みを超え出ることが出来ているか。しようとしているか。(本来、外圧認識・危機意識が高ければ自ずとそうなる)既知の価値観の恩恵そのまま(部分温存・肯定したままに)に新しい成果だけを求めていないか?

いずれにせよ、思考の開放と未知なる成果の達成にはシームレスに既知を捨て切る覚悟と実態が、個人レベル・集団レベルに求められるものである。だからこそ、個人の存在限界を超えた時間軸の地平でこそ集団で取り組むべき課題となり、真の追求充足の可能性はその先にこそ待っている。
 
  List
  この記事は 352374 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353969
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp