次代の活力源は?
353835 「伝えることから始めよう」・・・ジャパネットたかた成長の秘密(1)
 
是安知和 ( 65 東京都 会社員 ) 20/02/17 PM06 【印刷用へ
「ジャパネットたかた」の社長として長年活躍してきた高田明氏。そんな彼が「伝える」技術を詰め込んだ1冊がある。26年にも及ぶプレゼンター人生で彼が手に入れた技術とは? 「伝える」を「伝わる」に代えるノヒントが詰まった1冊。

リンク
伝えることから始めよう(1)
高田 明
東洋経済新報社

「ジャパネットたかたというテレビショッピング番組をご存知だろうか」と問われたら、きっと多くの方が首肯されるに違いない。「番組と同じくらい有名なプレゼンターの男性といえば……?」と問われたら、「ああ、あの人ね!」と、トーンの高いはきはきとした話し方が耳によみがえってくるだろう。その人物こそが本書の主役であり、ジャパネットたかたの社長兼プレゼンターを長年務めてきた高田明(たかたあきら)氏だ。
本書は高田氏の初の自叙伝である。面白いことに、本書の語り口調は、テレビに出ていた高田氏そのままだ。常に全力で、まったく止まらない。だからこそ、本書は躍動感に満ちており、読んでいるこちらもスッと話に引き込まれ、ノンストップで読み終えてしまう。
また、本書のタイトルに入っている「伝える」ということについても、高田氏の26年間のプレゼンター人生で培った知見があますところなく紹介されている。これも本書の大きな魅力だ。高田氏にとって、「伝える」ことはあくまで始まりでしかない。結局のところ、重要なのは「伝わる」ことである。ただ伝えるだけではダメだという本書の主張は、高田氏だからこそ説得力にあふれている。
66歳でジャパネットたかたの社長を退任し、現在は地元サッカークラブのV・ファーレン長崎社長としても活躍している高田氏。常にワクワクを追い続ける彼の姿を、どうか今一度ご刮目いただきたい。


25歳のとき、新卒で入社した会社を2年強で辞めた高田氏は、長崎県平戸市の実家に戻り、「カメラのたかた」という写真店を手伝うことにした。ちょうどカラー写真が普及しはじめた頃だった。
平戸市は年間200万人近い観光客が訪れる一大観光地でありながら、当時カラー現像ができたのはカメラのたかたのみだった。そのため、店は連日大忙し。毎夜、複数のホテルの宴会場で写真を撮って夜中に現像し、朝食会場に売りに行った。毎晩1500~2000枚もの写真を現像するので、睡眠時間は毎日2~3時間が当たり前だったが、家族一丸となって働くのは非常に楽しかったと高田氏は振り返る。
また、当初は父親から言われた仕事を楽しんでやっていただけだった高田氏だが、目の前の仕事に真剣に取り組むなかで、仲がよさそうな数人での写真も撮ってあげたり、宴会がはじまる前に集合写真を撮ったり、プリントするときに文字を入れたりと、徐々に自分なりの工夫をするようになった。すると、1人で写っている写真に加え、追加で2枚、3枚と買ってもらえるようになった。
さらに、昼間は観光地についていって、現地での写真撮影もおこなうようにした。写真だけではつまらないと考え、今度はそれをアルバムにしたりお皿に焼いて売ったりもした。ホテルで売れ残った写真を観光地でも売りはじめると、朝バタバタして買えなかった人にも買ってもらえるようになった。
目の前のことに一生懸命向き合っていると自然と課題が見えてくるし、それを解決するためのアイデアも自然と生まれてくると高田氏は語っている。「今を生きる」ことこそが、高田氏が常に大切にしている考えだ。
できない理由ではなくできる理由を探す

27歳で結婚してすぐ、高田氏は玄界灘に面した松浦という町で支店を任されることになった。そこで奥さんと話し合い、当初月商55万円だった店を、1年間で月商300万円の店にするという目標を設定した。
これは並大抵のことで成し遂げられる数値ではない。松浦は人口2万人ほどの小さな町で、平戸と違って観光客がやってくるホテルがなかった。そのため、利益が出るのは主にフィルムを売ること、現像してプリントすることに限られていた。
高田氏は、とにもかくにも現像するフィルムを集めなければと考え、建設現場を回ることにした。公共事業は役所に工事写真を提出しないといけないため、たくさんフィルムが出る。松浦中の工事現場を回ってコネをつくり、集配ルートを確立させると、フィルムの請負に加え、今度はカメラやフィルムも買ってもらえるようになった。
それでも月300万円には到底届かなかったが、旅館に行ってカメラを並べさせてもらったり、大手の旅行会社と契約して団体旅行に添乗し、撮影させてもらったりした。その結果、1年後には本当に月商300万円を達成できた。自分に「できること」を見つけて、次々と実践していったことが結実したのである。
ボトルネックがわかれば問題は解決できる

その後、佐世保三川内店をはじめ、他3支店の開業・運営を任された高田氏は、そこでも今を全力で生きるポリシーを貫き、どんどん売り上げを伸ばしていった。
37歳のとき、「カメラのたかた」から独立し、「株式会社たかた」を創業。創業といっても、基本的には今まで見ていた店舗の運営を引き継ぐ形だったので、業務内容が大きく変わるわけではない。しかし、高田氏は独立の翌年、ラジオを使ったタイムセールの宣伝を開始した。これが後に事業化するラジオショッピングの始まりだった。
破竹の勢いで事業を拡大させていった高田氏だが、「自分に並外れた才能があるわけでは決してない」という。誰であっても、目の前のことに本気で取り組めば、おのずと何がボトルネックなのかが見えてくる。そしてボトルネックをクリアするためのアイデアも浮かんでくるというのが高田氏の考えだ。


41歳のとき、高田氏は地元局でラジオショッピングをやってみないかという誘いを受け、「試しにやってみるか」くらいの気持ちで出演した。すると、1台2万円のカメラが50台も売れた。
これなら毎日でもやりたいと高田氏は思った。ただ、長崎では年2回しか放送をやっていなかった。そこで高田氏は、熊本や福岡など周辺県へ積極的に足を運んでラジオ局の説得に務め、他地域での放送枠を着実に増やしていった。そして4年後の1994年頃には、全国ネットワークを形成するまでにいたった。
その年の5月、高田氏は通販に特化した経営に切り替え、増え続ける注文に対処するための基盤を整えていった。このとき、売り上げは43億1000万円にまで成長していた。
 
・・・つづく
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353835
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp