生物学を切開する
353644 【科学の本質を探る】脳科学の未解決問題(その2)「心と脳」に関する「心脳二元論」の発展と問題点 阿部正紀
 
古越拓哉 ( 26 東京都 会社員 ) 20/02/10 PM11 【印刷用へ
【科学の本質を探る】脳科学の未解決問題(その2)「心と脳」に関する「心脳二元論」の発展と問題点 阿部正紀
リンク
より転載。

-----------------------------------------------------------------

今回は、物質ではない心が、どうして物質からなる体(または脳)で生み出されるのかという「心身(心脳)問題」が古代ギリシャ時代以来どのように論じられてきたかを概説します。そして、心と体(脳)が別々に存在すると考える「心身二元論」が西欧では公式見解とされて発展してきたことを説明します。

【今回のワンポイントメッセージ】
・デカルト(17世紀)によって信仰と科学の衝突を回避して心と脳の関係を説明する「実体二元論」が提唱され、19世紀末には物理主義(唯物論)に基づいて説明するように刷新された心脳二元論(随伴現象説)が提起された。しかし、20世紀末から二元論より一元論が支配的になった。

心身問題における一元論と二元論の源流

原子論を提唱した古代ギリシャの哲学者デモクリトス(BC5〜4世紀)によって、体のみならず心もただ一つの原理、すなわち原子の振る舞いに還元して説明できると考える唯物論的な心身一元論が提起されました。

しかし、一元論的な考えはほとんど広まりませんでした。古代の人々は、霊魂の存在を信じていたので、精神と体という二つのものが別々に存在すると考える心身二元論が一般的だったからです。

哲学者プラトン(BC5〜4世紀)は、霊魂は物質ではなく不滅であり、肉体に生命を吹き込むと想定する「霊肉二元論」を唱えました。

デカルトの「実体(相互作用)二元論」

心身二元論は17世紀に、科学者でもあり「近世哲学の祖」と呼ばれたルネ・デカルトによって近代科学に合うように刷新されました。

デカルトは、科学革命によってもたらされた信仰と科学の混乱を正し、キリスト教を擁護する目的で、全ての学問を統一することを企てました。すなわち、「われ思う、ゆえにわれあり」と述べて自分の心が存在することを自明の真理と認めることから出発して、神の存在を証明し、ついで宗教や道徳の根拠を明らかにしていったのです。

デカルトは、霊魂は物質ではなく不死であるから、哲学と神学で扱うべきであると主張して科学の対象から切り離しました。そして、物質で作られた体は法則に従って動かされる機械であるが、心は機械ではないと論じ、心と体という二つの実体が存在すると想定する心身の「実体二元論」を唱えました。

随伴現象説の興隆

19世紀後半になると、神経科学や心理学などと共に生理学が発達し、松果腺で心と脳が相互作用するというデカルトの説は否定されました。

また当時、既存の物理学によって世界の全てを説明することを目指す物理主義*が広まっていたので、デカルトが自明の存在と見なした心も物理学で説明すべきと考えられるようになりました。
[*物理主義は「唯物論」とほぼ同じ。その極端な形が、全ての現象は力学で説明されると考える機械論的な自然観]

しかし、心――特に意識――は主観的な体験であり、数量化できないので既存の物理学では扱えません。この問題を解決するために、「意識は、脳の活動に随伴して起きる現象にすぎない」とする「随伴現象説」と呼ばれる心脳二元論が提起されました。

随伴現象説では、意識が脳に働き掛けることはない」とされています。例えば、目覚まし時計の活動に随伴して「目覚まし音」が生み出されますが、「目覚まし音」が目覚まし時計に働き掛けないのと同様です。

ここで、意識は数量化できず物理学の領域の外にあるので、心を物理法則で説明する必要がないと想定されています。それ故、既存の物理学に何も付け加えないで心と脳の関係を説明できるという利点が随伴現象説にあるのです。

このため、20世紀には物理主義(唯物論)に立つ多くの科学者によって随伴現象説が受け入れられました。

心脳二元論の衰退

しかし、随伴現象説は哲学者によって次のように批判されていました。

意識は脳と相互作用しないと想定されている。ところが、人間は意識について脳で考察する。これは、意識と脳が相互作用していることを示しているので矛盾している。

このため随伴現象説は、現在、心脳問題に関わる科学者および哲学者の間で主流にはなっていません。

20世紀後半には、心と脳は補足運動野と呼ばれる部位で相互作用すると考える新たな実体二元論(相互作用二元論)が神経生理学の開拓者と呼ばれるジョン・エックルス(ノーベル賞受賞者)によって唱えられました。しかし、これもその後広まりませんでした。

20世紀末には、量子力学の原理を取り入れて量子脳理論*と呼ばれる新しい心脳二元論が幾つか提唱されましたが、実証実験ができないので支持者は限られています。
[*代表例は、前回述べた「場の量子論」に基づく説(提唱者:治部真理、保江邦夫)、および量子力学における「波動の収縮」に関連して意識が生じるとする説(提唱者:ロジャー・ペンローズ)]

【まとめ】
・プラトン(BC5〜4世紀)が唱えた心身二元論(霊魂が肉体に生命を吹き込む)が、教父アウグスティヌス(AD4〜5世紀)によってキリスト教思想に取り入れられ、西欧キリスト教世界の公式見解とされてきた。
・17世紀にデカルトによって霊魂を科学の対象から切り離して信仰と科学の衝突を回避した「実体二元論」(相互作用二元論)が提唱され、19世紀末に物理主義(唯物論)に基づいて心と脳の関係を二元論的に説明する随伴現象説が提起された。
・20世紀末に、神経生理学の成果や量子力学の考えを取り入れて新たな心脳二元論が作られたが、その後、心脳二元論よりも、心と脳を不可分と考える心脳一元論が支配的となった。


------------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 353386 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353644
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
354017 【科学の本質を探る】脳科学の未解決問題(その3)物質で作られた脳から心(意識)がどのようにして生じるか? 阿部正紀 古越拓哉 20/02/24 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp