日本人と縄文体質
353382 「の」という単語が持つ無限のパワー
 
匿名希望 20/02/04 AM09 【印刷用へ
「わたしの」「お気に入りのコートの」で始まって、奇想天外な世界が繰り広げられます。前ページの最後の「の」が、次はどんな時空へつながるのかまったく予測不能。「の」という単語の無限パワーを見せつけられました。

最初に「の」の面白さに気づいたとき、これは本になるなと思いました。本の構成として最初は、お気に入りのコートの、ポケットの中の、とわかりやすく入って、ポケットの中から、ありえない世界へ話がブワッと動き出す。

「の」に着目したきっかけは、うちの奥さんが昔買った日本独特なもろもろを紹介する本でした。パラパラ見てたら、「の」という言葉は日本語でしか表現できないという話があったんです。

確かに「の」って日常のあらゆる場面でたくさん使ってますよね。所有格だけじゃない日本語ならではの“含み”みたいなものもフォローする。でも文章書くときは何々の何々の何々のって続くのは美しくないと避ける。それを逆に続けてみたら面白いなと思ったんです。途切れない。

逆にどうやって終わろうみたいなことを考えるぐらい、どんどんどんどん永遠にバトンタッチされていくみたいな感じ。しかもそのバトンタッチされた先が、物であっても空想であってもどんな突飛な世界であっても、いとも簡単に「の」がつないでしまう。

絵にしても物語にしても余白を残したい
──ポケットの中から始まり、時間も空間も、突拍子もない世界を飛び回った後、最後にポケットの中へすとんと戻る。そこに何か意味が込められているんですか。

それを僕が言うのはやぼかな。読者の方に委ねたいところがたくさんあるので。

最近は何かしら正解が用意されてるものが多い気がします。僕自身は正解かどうかじゃなく、何だかわからないけど面白いんだよな、と感じるのがいちばん面白いんじゃないかと思っていて。僕はこう思う、私はこう感じたという、絵にしても物語にしてもそういう余白は残したい。正解のないものに対して楽しめる心、そういうものを表現したいんです。

何か意図した部分があるとすれば、最後の言葉を「わたし」にすることで、不思議な気持ちになってもらおうということですかね。途中、自分はどこにいるんだろうみたいな、とわからなくなる感覚。

──前作『Michi』も、不思議な空間を漂うような絵本でした。

通常の本でいう表紙側に女の子の背中、裏表紙側に男の子の背中があって、それぞれが向かい合うように、いくつもの不思議な街を歩いていく作りになっています。本のちょうど真ん中のページで、2人が同じ街の同じ道を両方向から歩いてくる。そこで2人が出会っておしまいと思ってくれてもいいし、そのまますれ違って時間軸が逆転して、女の子が歩いてきた道を今度は男の子がさかのぼっていくと思ってくれてもいい。

彼らの道のりに正解なんてない。見る人が入り組んだ路地から最短距離を割り出してくれてもいいし、迷子になってさまよってくれてもいい。それはもう僕が決めることじゃない。これがオチです、最後こうなりました、めでたしめでたしというのは、『Michi』にも『の』にもありません。そこで何を感じてもらうか、作品が常に問いかけでありたいと思っています。
リンク
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353382
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp