暴走する悪徳エリートの所業
353048 治験ではなぜ不正が繰り返されるのか(2)
 
今井勝行 ( 中年層 東京 会社員 ) 20/01/22 PM09 【印刷用へ
リンク
治験ではなぜ不正が繰り返されるのか(2)
2014年06月27日
 
 えとせとら, くすり
治験というシステムの問題点は、
 
「密室で行われる」
 
つまり関係当事者以外にはよくみえない、、、
「莫大な資金が必要であり、そして資金提供者と治験の好結果による受益者が同一である」
基本的には、こういうことです。
大規模な治験の場合は、ですが治験に参加する関係者は承認申請する事業者からみんなお金をもらっているということです。 そして、好結果がでるとみんなもっとお金をもらえるのです。
ところが、もっと大きな問題があります。
それは、治験は科学的根拠を問わない、ということです。
「効果証明」 と 「安全性の確認」 これが目的なのですが効果の意味を問われることはありません。
なお、抗がん剤の場合は、原理から考えて「危険」であることが自明なため健常者への投与による試験は免除されています。抗がん剤を健常者に投与すると、ほぼ確実に病気になってしまうからです。がんになるリスクも高くなります。
 
はじめから通常実施される試験すらやらなくていいほど危険ということなのですが、がん患者さんに投与した際の副作用は調べますので、「どの程度、危険か」は、チェックされます。
 
つまり、「安全性の確認」というのはこの場合、「どの程度、安全性が低いかということの確認」なわけです。
これを「安全性の確認」という、誤解を生むような表現をするのです。
治験といっても、いくつか種類があります。
製薬企業が申請者&スポンサーとなって製造販売承認を取得することを目的とする場合、結果は、「白」か「黒」しかありません。
 
適用範囲とか、適用条件といった制約条件がつきますが「承認される」か「承認されない」かどちからの結果になります。
 
そのため、複雑な人体の反応を、おそろしく単純なデータにしてしまいます。 複雑なデータでは、白なのか、黒なのかわからなくなるからです。
治験を実施することの承認取得と、治験の結果に基く製造販売承認取得という大きなイベントに人々の関心が集まるのは当然として、データの意味は問われなくなります。
降圧剤の事件では、降圧剤の有害事象が争点の一つになってはいますが、基本的に「血圧を下げる」から承認されたわけで、大前提に血圧がある数値以上だと「血圧が高い」と考えられ「病気」だとみなされています。
 
なぜ、血圧が高いのか誰も問わないのです。
様々な理由で血圧が上昇する圧力がかかっていたとしてもそれが何なのか、どれほど血圧を下げる対処療法が必要かということは考慮されません。ナトリウム過多になっているから血圧をあげてナトリウムを追い出そうとしているのに降圧剤で血圧を下げてしまうと腎臓には負荷がかかってしまいます。
あの大変な「治験」によって効果が証明されたそれはそれは素晴らしいものなのです、と持ち上げられるわけですが、で、何をどう証明したのかという内容はほとんど問われません。
治験で効果を証明する前に、まずやることがあります。
「病気をつくる」 ことです。
血圧が一定の数字より高いと「高血圧」という「病気」なのであると決めてしまうのです。 何か問題があって血圧があがっているはずなので、どういう問題があるのか調べてみましょう、という余計なことを考えさせず、とにかく血圧が高いんだから病気なんだとやってしまうのです。
 
そのうえで、血圧が下がるエビデンスを出せば、はい、承認となるわけです。
こうして、意味もない病気がつくられつづけてきました。
血糖値が高いこれは、ほんものの病気です。
高血圧ほんとに病気かどうかはわかりません。
少なくとも、病気の本質は血圧を上昇させる何か、です。
 
高脂・高コレステロール血症コレステロールが高いことがなぜ問題なのか科学的な根拠はありません。
 
うつ病:やる気がでない、、、 そんなことは誰でもあります。
夜、なかなか眠れない、、、、 年をとったら、寝なくていいので、当たり前のことです。
さて、血圧測定器を買わされて、毎日、血圧を測って数字の上下に一喜一憂し降圧剤を飲み続ける、、、すると、通常はやる気がなくなっていきます。
 
高齢になれば、睡眠時間はそれほど必要ありません。ところが、夜、眠れないんだ、、、とまるで病気みたいに思ってしまう人が後をたちません。
これは、当然のことであるにもかかわらず、誘眠剤を処方されます。こんなものを飲むと、もともと眠る必要がないのに無理やり眠らされ睡眠が浅くなる上、翌日の午前中は頭がぼーっとしたりします。やはり、やる気がでにくくなるのです。
 
結局、意味もなく、コレステロール合成阻害剤をのみつづけ、降圧剤をのみ、誘眠剤をのみ、やる気がでないと診療を受けると、うつ病の薬をのまされます。うつ病の薬というのは、やる気をなくさせる作用があります!? うつ病患者は自ら命を断とうとする傾向が強いという調査結果があり、そうした衝動を防止するためにやる気をなくさせる薬を処方しているということなので「理屈は合っている」?わけです。 こんなものを飲み続けると、ほんもののうつ病になってしまい薬をやめられなくなっていきます。まあ、やめられないことはないのです。ただ、やめればいいのです。するとまた、元気になっていきます。
こうして、日本人が次々と、病気と診断され、各々1兆円市場を形成する治験で効果証明された薬剤を投与され、今度は、ほんとうの病気になっていくこういうことが、まかり通ってきたのです。
 
  List
  この記事は 352845 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353048
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp