環境破壊
353017 人体動植物を含め、4700種類もの化学的に作られたフッ素化合物があらゆる環境に存在!しかもすでに環境中にあるフッ素化合物を完全に除去するのは不可能に近い
 
匿名希望 20/01/21 PM06 【印刷用へ
「indeep」さんより抜粋・引用です。リンク

◆アメリカでフッ素化合物(PFAS)が禁止に

アメリカで、このフッ素化合物に関しての使用の制限などが法律で定められることになったようなのですが、しかし、記事を読んでわかるのは、「すでに環境中にあるフッ素化合物を完全に除去するのは不可能に近い」
ということです。

いったん、河川などに入れば、それはあらゆる土壌へと入りこみ、海へと入りこみ、そこから雨や大気中に含まれるようになり、時間の経過と共に「地球全体に広がる」ことになるものと思われます。これについては、他のさまざまな有毒な物質(抗生物質など)についても同じであることは、以下リンクの記事等で取り上げたことがあります。

今では、世界中のどこにでもこの化合物は広がっていて、そして、私たちの日常にも、どこにでもフッ素化合物を使った製品があり、粒子となったものも含めて、今では「環境全体に常にある」という形となっていると思われます。

おそらく多くの私たちの体内にも、すでにこのフッ素化合物が入りこんでいるわけで、「肺や血液などに入りこんだ場合、永久に体内から消えない可能性がある」ということになりそうです。たとえば、2019年10月のナショナルジオグラフィックの「ファストフードで体内に「永遠の化学物質」の危険」という記事リンクには、以下のような記述があります。

『ファストフードを食べた人と手作りの料理を食べた人の血中PFAS(フッ素化合物)濃度について調べた新たな論文が発表された。2003年〜2014年に1万人以上から採取した血液サンプル中のPFASを調べたところ、約70%の血液から広く使われている5種類のPFASが検出されたという。』

◆アメリカだけではなく日本も。そして赤ちゃんが危ない

私たち日本人も、かなりの割合でフッ素化合物が体内の血液中に入りこんでいると考えられます。そもそも「販売されているほとんどの歯磨き粉にフッ素が入っている」という現実もあります。フッ素が添加されていないものを探すほうが大変なのです。

ちなみに、アメリカでは昨年、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)などが、「アメリカでは、4人に 1人(25.1%)が中度以上の歯フッ素症」であるとして、フッ素入り歯磨き剤の使用に注意喚起をしています。(リンク)。
フッ素の人体への影響は、発ガンや甲状腺疾患、ホルモンの変化、体重増加などがあるとされていますが、過去記事で問題としたことは、

●「脳と神経への影響」

です。以下の記事リンクでは、カナダの大学の研究で、「フッ素化合物は、妊娠中の赤ちゃんに悪影響を及ぼす」とした論文をご紹介したものです。赤ちゃんの IQ が大幅に低下することがわかったのだそうです。

また、以下の記事も妊娠中のフッ素化合物の摂取についてですが、妊婦さんのフッ素化合物の摂取と「注意欠陥・多動性障害の赤ちゃんが生まれるリスク」に大きな関係性があることがわかったというものです。

◆フッ素化合物の人体への影響が示された過去の論文

他に、学術論文として存在するフッ素と人体の関係については、以下のようなものがあります。

・フッ化物は脳の松果体の石灰化を引き起こす
・フッ化物は関節炎を引き起こす要因となる
・フッ化物は腎臓病を引き起こす要因となる
・フッ化物は IQ を低下させ、脳の損傷を引き起こす
・フッ化物は男性と女性両方の生殖能力を弱める
・フッ化物は骨格の健康を弱める(骨格フッ素症)
・フッ化物は心血管炎症およびアテローム性動脈硬化症を引き起こす
・フッ化物は鉛の吸収を増加させる

こういうもの見てみましても、いろいろと影響はありそうなのですけれど、現実問題としては、現在の日常生活で、フッ素化合物と関わらずに生きることは、ほぼ不可能でもあります。食品の包装などに使われるものなどを含めて、フッ素化合物は、ありとあらゆる日常品に使われています。

記事にありましたように、今の地球は、水にも空気にも土壌にもどこにでもフッ素化合物が拡大しているようで、生活しているだけで必ずフッ化物と接することになっている日常となっていると言えると思われます。
 
  List
  この記事は 353014 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353017
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
353848 体内に永遠に蓄積され続け、人類を破壊する化学物質 萩元宏樹 20/02/17 PM11
353122 化学物質が子供からIQを奪っている 中田燿平 20/01/25 AM10
353046 中国で発見された正体不明のウイルス 1700人以上感染と英研究者が発表 橋本正雄 20/01/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp