共認心理学:現代の精神病理
353000 本当の育児はその子が生まれる 20〜30年前から始まる
 
柏木悠斗 ( 大阪 技術職 ) 20/01/20 PM10 【印刷用へ
生理学博士・久間英一郎氏のコラム(リンク)から引用します。

私の最も尊敬する一人、小児科医の真弓定夫先生に言わせますと、「本当の育児とは、その子が生まれる20年、30年前から始まります。親自身が、子どもの頃から日本人として正しい暮らしと食事を続け、そのうえで親になれば、お子さんが今のようにアトピーやぜんそく、花粉症などの症状で苦しむことはありません。つまり、祖父母の育て方が孫に影響を与えるということです」  

かつての日本人が行っていた食生活とはどういうものか?それは子ども達の為の特別な食物ではなく、筆者も講演会で「選食の視点」として説明している内容そのものです。
@"一物全体食"一つのものはその全体を食べる。米なら玄米、魚なら頭からしっぽまで。
A"身土不二"身体と土壌(環境)は繋がっているという観点から、地元でとれたものを食べる、季節のものを選ぶ、輸入食品は避ける。
B牛乳、乳製品、肉類は極力避けて穀菜食を中心とする。
C自宅で調理すること。素材や調味料を自分で選べる。外食や出来合い食は何が入っているか不明。 等々をおすすめしています。
  
もう一つ真弓先生が指摘するのは、「ほとんどの子どもは、実は大人以上に自然治癒力が高い」ということです。ですから「気になる症状が出ていたとしても、機嫌がよく、元気があって、よく眠り、よく食べ、便が出ていれば心配することはありません」 「反対に、薬の力を借りた対処療法だけでは、同じ病気の再診率がかえって高くなります。薬(クスリ)は(中略)患者さんにとって『リスク』になりかねない」と警告します。
  
生活面で真弓先生が強調されるのは、「空気を加工しない」ということです。私達は、横着になり過ぎて、少し熱いだけで、また少し寒いだけですぐエアコンの世話になります。まるで、それが文明人であるかのように。
 でも、それが人の身体本来の機能を失わせていくことに気づかなければなりません。外気と室内の温度差が5℃以上あってはいけないのです。

それから、先生は、シャンプー、リンスなどに含まれる経皮毒、これから益々多くなることが予想される電磁波にも強く警鐘を鳴らしています。「薬も注射も一切なし。食事と空気を昔に戻せば子どもはみんな元気になる」「医者の使命は、患者さんを減らすこと」何と素晴らしい先生の哲学でしょうか。
  
「立つ鳥後を濁さず」との言葉があります。立つ鳥とは親のこと、後とは子どものこととすれば、この諺は「子どもをしっかり育てよ」と言っているように思えます。
 
  List
  この記事は 352188 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_353000
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
353076 子どもの可能性を引き出すには? 北口真穂 20/01/23 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp