社員の活力を引き上げるには?
352937 学習やチャレンジを誘発させるシステムは作れるのか・・・闘える組織、人に活力をもたらす組織づくりとは?
 
是安知和 ( 64 東京都 会社員 ) 20/01/18 PM06 【印刷用へ
社員の活力を高め、周りの人やクライアントの活力を高めることができる会社組織が求められている。このテーマを考えるにあたって大変示唆に富む書物がある。

学習する組織――システム思考で未来を創造する
枝廣 淳子,小田 理一郎,中小路 佳代子
英治出版

この本を取り上げ、自身が経営する会社の活性化に役立てようと思考している会社社長の文章をネットで見かけたので紹介する。


リンク
一つだけ、私が自社で重視していることがある。

それは「大きく試すこと」だ。

弊社では、新しいことを試して、それに関してのデータを提供すればするほど、評価がそのまま上がる仕組みになっている。もちろん、「試す」ためのリソースも提供する。事実、売上や利益などの目標は、弊社には一切、存在しない。だが、弊社のチームが「大きく試す」ことを躊躇なくできるようになるためには、それなりの準備が必要だ。


「心理的安全性」という言葉が、去年話題になった。これは極めて単純化して言えば、「失敗しても周りに馬鹿にされないチームが良いチームだ」との主張だ。言い換えれれば、「無知、無能、ネガティブ、邪魔だと思われる可能性のある行動をしても、このチームなら大丈夫だ」と信じられるかどうかだった。

ではなぜ、ここまで「心理的安全性」がチームのパフォーマンスに影響するのか。結論から言うと、「学習する組織が、パフォーマンスの高い組織である」との概念が主流だからだ。


実際、チームの心理的安全性という概念を最初に提唱した、ハーバード大学のエイミーエドモンソン氏は、チームの心理的安全性を高めるため、以下の取り組みを推奨している。
1.仕事を実行の機会ではなく学習の機会と捉える。
2.自分が間違うということを認める。
3.好奇心を形にし、積極的に質問する。

要は、「間違わないこと」が重要なのではなく、「間違いから学ぶこと」が重要だという、昔から言われてきた話が事実だったと言うことだろう。たしかに、多くのパフォーマンスの高い組織は、「間違わないこと」を決して求めない。だが、「チャレンジしない人」「試さない人」「間違わない人」については、改善が必要だと認識していることがほとんどである。

だから、弊社においても「ミス」や「間違い」で、キツく責められることはまずない。(ただし、同じミスを何度も繰り返すと、「学習していない」ということで、再発防止を求められる)むしろ、問題になるのは「試していない」という事実だ。

ところが、である。弊社の今年の4月から6月までのパフォーマンスの振り返りをすると、「チームのメンバーが本当にいろいろなことを試しているか」については、「不足している」と言わざるを得ない。これは、客観的な数字としては、新しい試みのインパクトの大きさが期待以下、あるいは「◯◯をやりたいので、予算をつけてくれ」と申請してきたメンバーが、ほとんどいないという事実に現れている。これは、予想外の結果であり、この事実について、私は謙虚にそれを受け止める必要があると考えた。


では一体なぜ、「試さない(試せない)」のか?いくつか考えられる原因がある。一つは「心理的安全性」が十分確保されているとは言えない可能性だ。つまりまだメンバーが「ミス」を恐れている、あるいは「上司を信用していない」かもしれない。そして、もう一つは「チャレンジ」において、心理的安全性は必要条件に過ぎず、なにか別の条件が整っていないのではないかという可能性だ。

例えば「忙しすぎる」という可能性。例えば「リスクを取らない小さなチャレンジにとどまっている」という可能性。あるいは「何をしたらよいかわからない」という可能性。または「売上が重要であり、チャレンジは重要ではない」と、目標の優先度が変わってしまっている可能性。果ては「メンバーの持っている性質」の可能性すらある。

何れにせよ、「心理的安全性」が確保されれば、チャレンジが誘発される、とはならないことが、よくわかった。実践は予想通り行かないものだ。


では、弊社は今後、メンバーに対してどのようなアプローチが必要だろうか。各自が、自分の能力を拡張するようなチャレンジに積極的に取り組むためには、何が必要なのだろうか。

ある人が、「目標を決めたら」というアドバイスをくれた。しかし、「試みた数を目標設定する」などは、おそらく愚策中の愚策である。心理的安全性を損ないかねないばかりか、「意味のない試み」を積み上げることに繋がりかねない。「個別の面談を増やしたらいい」という方もいた。だが、面談がチャレンジを誘発するのかと言われれば、今ひとつその繋がりが想像できない。むしろ「面談すりゃいいだろ」というのは、何も考えていないのと同じだ。

残念ながら、今のところ結論としては、「特効薬はなさそう」だ。とはいえ、この状況は、我々にとって良いことでもある。これこそ生きた現場での「学習の機会」なのだから。

要するに、私の課題は、この状況を上司と部下、先輩と同僚など様々な位相のメンバーのだれもが学習できる場に変えることだ。そのためには、私の見方をはっきり言葉にすることと、ビルの見方についてもっと学ぶことを組み合わせる必要がある。我々も現状を是非、学習の機会に変えたい。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352937
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
353179 なぜすぐ行動できないのか? 石山 巌 20/01/27 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp