地震・噴火・気象
352901 オーストラリアの森林火災は、危険な「火災積乱雲」を生み出している!!
 
匿名希望 ( Tokyo ) 20/01/17 PM07 【印刷用へ
オーストラリアで発生している大規模な森林火災は、新たな“火種”を生み出している。乾燥した森に雷を落としたり、地表の燃えさしを各地に運ぶ危険性がある「火災積乱雲」の発生だ。この火災積乱雲が発生した様子、そして南米にまで煙が運ばれている状況を、科学者らが衛星写真から作成した動画で明らかにしている。

ある火災科学者によると、オーストラリア全土に広がっている森林火災は過去に類を見ないというだけでなく、壊滅的な被害をもたらしている。気候変動と厳しい熱波によっていつ発火してもおかしくないほど乾ききった環境ができていたことで、ほんの小さなきっかけから森林火災が瞬く間に広がった。その激しさは、新たな独特の天候を生み出すほどだ。

科学者たちは、オーストラリアの火災による火災積乱雲の発生を観測している。ウィスコンシン大学マディソン校の気象研究者スコット・バックマイヤーによると、この恐るべき現象は、上昇気流を生み出す熱い空気の塊(今回のケースでは柱状に立ち上る濃い煙を含む空気)と、通常よりも高く上昇気流を押し上げる不安定な大気環境のふたつによって生み出されるものだ。

はるか上空まで拡散
空気の塊が高く上るにつれて煙を含む大気が冷却され、水と煙の粒が混ざり合い、上空の何マイルにもわたってそびえる火災積乱雲が形成される(誤解のないように言うと、雲自体が燃えているわけではない)。

上のGIF動画は、2本の火災積乱雲が立ち上る様子を人工衛星から赤外線撮影したものだ。上のパネルでは炎が、下のパネルでは雲の頂上の温度が示されている。赤い輝点は森林火災の温度を示し、赤紫色の輝点は雲の頂上がマイナス70℃であることを示す。温度が低いほど高度が高いことを意味するので、この低温状態から火災積乱雲がはるか上空まで拡散していることがわかる。

乾燥した森に雷を落とす危険性
何百万年にもわたって自然火災と切っても切れない関係にあったのは、雷雲と落雷だ。地表の風が草木の燃えさしを何マイルも運ぶほど強ければ、どんな森林火災でも燃え広がる可能性は高い。

「火災積乱雲の上昇気流が運ぶのは大量の煙の粒です。上空に持ち上げられ、積乱雲の頂上から放出される場合もあります」と、バックマイヤーは説明する。森林火災で生じた火災積乱雲から雷が落ち、そして雨が降らなければ、瞬く間に大火災が広がるだろう。

つまり火災積乱雲は、新たな火種となる草木の燃えさしを直接地表に飛ばすわけではないが、乾燥した森に雷を落とすことは十分にありうる。また非常に強い下降気流につながり、それが地表の燃えさしを各地に運ぶ恐れもある。

さらに火災積乱雲は、煙の中の汚染物質を上空の高高度大気圏にため込んでいる。幸いなことに、これによって少なくともある程度の煙が人間の肺に入らずに済んでいる。

煙は南米にまで到達
科学者たちは宇宙からも森林火災の煙の動きをモニタリングしている。この画像では、灰茶色の煙の巨大な柱が左下に映っている。

またこの恐ろしい動画は人工衛星「GOES」が捉えたもので、高高度の煙が太平洋を渡って南米にまで達していることを示している(赤く光っているのが煙を検知した箇所だ)。

今回の森林火災は、オーストラリアの人々と野生動物に壊滅的な影響を与えている。その一方で科学者たちにとっては、大陸から煙が吐き出される様子をリアルタイムに観測する機会にもなっている。

バックマイヤーによると、火災積乱雲の研究の目標は煙の活動をより深く理解すること、つまり「煙の周囲の短期的な気候や火災の下降気流に対する影響、また気候変動に対する長期的な影響を」知ることだという。例えば、火災積乱雲はどれほどの炭素を大気中に排出するのかを調査する。「比較的歴史の浅い研究分野ですが、この現象への関心は急速に高まりつつあるのです」

リンクより
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352901
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp