社員の活力を引き上げるには?
352870 「企業らしさ」「その人らしさ」採用は“らしさ”との合致
 
三上公平 ( 23 青森県 会社員 ) 20/01/16 PM03 【印刷用へ
「理念」でマッチングする時代。
この軸を尖らせることが、地方企業の可能性になりそうです。


(「「企業らしさ」「その人らしさ」採用は“らしさ”との合致」
リンク
より引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

○「働く」ことを仕事にする

石川県には、最強の「働く」応援団長がいます。千葉商科大学の国際教養学部専任講師であり「働き方評論家」として活躍する、常見陽平さん。大手企業からベンチャー、フリーランスを経て、現在は労働社会学を専攻し研究を重ねています。数多くの書籍も執筆。まさに、「働く」を仕事にするプロフェショナルです。

 常見さんは、石川県の「いしかわUIターン応援団長」を務めて5年目。採用セミナーや都市部の若者と交流する「いしかわナイト」など、長きにわたり応援を続けています。
 石川を応援するきっかけは、県庁職員との出会いから。石川が地方で「採用」に力を入れるためにはと、模索していた中で出会ったといいます。

そもそも常見さんが「働く」ことを仕事にしたのは、自身が働くことに魅力を感じているから。「元々、労働問題に関心があり、大学時代に労働社会学を学び、人材ビジネスや、人事部での仕事も経験し、様々な立場で“働く人”を見てきた。労働は、労働者にとって『過酷』なものになりえるし『搾取』される可能性もあるが、一方で『人を豊かにする』要素もある。」といいます。

 地方移住でも争点となることの多い「仕事」。移住と仕事のマッチングを図っていくためには、どう仕事を魅力的にアピールしていくのかという“魅せ方のテクニック”を、採用セミナーに参加した企業などに伝えています。


○石川の魅力と、「人」を結ぶために

 いしかわUIターン応援団長であり、採用セミナーの講師をしている常見さんに県内企業や石川県の印象を聞いてみました。

 石川県の企業を回った印象としては、
 「優れた会社、ユニークな会社がたくさんある。隠れたニッチトップ企業というのが多い。」ということ。「感銘を受けた会社は “理念”を大事にしている」と強く感じたそうです。

 「採用マネジメントで大事にしているのは、企業の魅力抽出。面接のメソッドではなく魅力の抽出こそが大事なのです。」と常見さんはいいます。「例えば、ダイバーシティに力を入れている会社には、経済産業省が行うダイバーシティ経営企業100選に応募することを提案しました。その結果、この企業は遠方からも視察が訪れる企業にまで成長しています。」
こうした魅力ある企業が、県内にはまだまだ隠れていることに気づいてほしいと常見さんは思っています。

(中略)

 石川県民から沢山の地元愛の強さを聞くと、「石川の未来は明るい!?」と思う方もいるのでは?でも実は、石川県は面積が広く、人口減少など課題が多い“課題先進県”という話もあります。
 「課題があるなら、現状とともに、なぜという原因をしっかり考え、現実を受け止める必要がある」と常見さん。「地方に人がいない」という問題。もっと多くの背景を受け止めて、自分の住みたい土地にどんな産業や会社があって、そこで自分の能力や経験が生かせるかどうかを考える必要があるのかもしれません。

○「いしかわ採強道場」で企業らしさを追求

2018年に4年目を迎えたのが、石川県主催で行われている最強の採用セミナー「いしかわ採強道場」。常見さんはこのセミナーの講師でもあります。
「労働者の変化を感じることが大事」、どうしてそういう若者ができてしまったのかを理解するために現状を掘り下げます。
 「最近の若者は…という人事・経営者の気持ちもわかるが、そこを理解しなくては、採用は難しい。」と話してくれました。

セミナーの最後に、企業の魅力を引き出すために、受講者が自社の社長インタビューを行い、発表する形式の講義を行います。そして、その結果を企業に戻します。

 「『人事は経営課題』だと気づいてもらうことが大切」と常見さん。

 採用担当者が、経営者の言葉から魅力抽出を重ねることで効果が上がり、「地味な会社でも応募数が増えた」とともに、「バッティング先が変わった」など新しい課題も出てきています。この新しい課題が出てきたのも、採用活動のスタートラインに立ったからこそだと感じます。

地方は、「移住者やUターンを増やす」など人口を増やすために、アピールをたくさんしています。しかしながら「仕事」の見える化ができていないと生活拠点を置けない現状もあります。暮らしとともに、どんな企業があるのか?石川の企業は今、「企業らしさ」に「その人らしさ」をマッチングしようと日々努力を重ねています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_352870
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp