密室家庭は人間をダメにする
351805 家庭でのお母さんの存在は「笑顔」、すなわち「輝き」です。
 
姜ヨセフ ( 28 東京都 会社員 ) 19/12/10 PM11 【印刷用へ
赤ちゃんは昔「光」だった

生まれる前の赤ちゃん、しかも受精する遙か以前の赤ちゃんに会える人がいるって、知っていますか? また流産や死産をした後、赤ちゃんと会える人もいるようなのです。オーラの泉のような話ですが、今回はばりばりにスピリチュアルな話です。

まず、赤ちゃんと生まれる前に会ったことのある人の話です。
知り合いに、4年前に結婚した歯医者さんがいますが、先生が結婚したての頃、「光が見えた」と話されました。そのとき私は、「きっと赤ちゃんが来てくれるんですよ」と言ったようです(というのも、最近まで、そのことをすっかり忘れていました)。

そしてついに、先生の所に赤ちゃんが来てくれました。最近お会いする機会があり、(私が忘れていた)「光が見えた」という話を、再度話されました。それによると、先生が結婚したての頃、小さな光の玉があらわれて、「待っているから」と言われたそうです。

その光はとても小さく、羽が生えているように見えた。それに話しぶりから、女の子のようだったそうです。

リンク転用

それから、流産した人の話です。旅立った赤ちゃんを感じたとき、「光の玉だった」と言う人がいました。流産のあとも、お母さんの側にいつもその光がいたそうです。

そしてしばらくして、雲の上に旅立つのがわかったそうです。「バイバイ」とお母さんに挨拶したというのです。このように、赤ちゃんが旅立つ日が特定できる人も時々います。

余談ですが、7歳の女の子から聞いた話です。お母さんは、女の子が生まれる前に、2度流産しています。

その子は「お腹の中で2人のお兄ちゃんがしっかり自分を支えてくれたから、無事生まれて来られた」と語るのです。

流産した魂も、ちゃんと役目があるようです。そういえば、仕事(これから産まれる赤ちゃんのお世話など)があるからと、忙しそうに雲の上に戻った赤ちゃんの話をしてくれた人もいました。

でも、その魂にお願いをすると、一瞬だけ地上に戻ります。そのときに光の玉が一瞬輝くので、「戻ってきたのがわかる」そうです。

あるお子さんは、「雲の上にいたとき、ぼくは光だった」と話しました。
私には、最初その意味がわからなかったのですが、たくさんのお子さんが「光だった」という話をしてくれることを考えると、どうやら私たちは、もともと光の存在だったようなのです。

個人的な考えですが、光の存在だった私たちは、肉体を持つことによって五感を通して得られる喜びや幸せと引き替えに、苦労や悲しみとい う負の部分も感じてしまうのではないでしょうか。

そして、負の部分は「光である魂」に曇りを生じさせ、本当は光だった私たちの存在が、次第に暗くなってゆくのでしょう。

いろいろな経験を乗り越えたときに、再び肉体を持ちながらも、光り輝く存在に昇華していくのではないでしょうか。それを目指して実践するのが、「人生」そのもののような気がします。

家庭でのお母さんの存在は「笑顔」、すなわち「輝き」です。これが曇ったとき、家は暗くなってしまいます。

ですからお母さん方は、いつまでも家の中では「天照大神」、すなわち「光の存在」であってほしいものです。

リンク転用
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351805
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
351878 文系理系という区分けは能力育成の機会を奪うのではないか 匿名希望 19/12/13 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp