密室家庭は人間をダメにする
351797 家庭や小集団で虐待やイジメが発生するのは、親和充足が欠落した先にある「ゆがんだ闘争充足」に意識が向かうからだ。
 
是安知和 ( 64 東京都 会社員 ) 19/12/10 PM06 【印刷用へ
現代社会の混沌の原因は生産と生殖の分断にある。婚姻・子育ての在り方を見直してこの分断を再統合することが人類の重要な緊急課題だ。

私たちの生活を支えるのは企業と家庭であり、これらが正常に機能した基盤の上に、経済と政治がある。企業にとっても家庭にとっても、活力を持って維持・向上していくために欠かせないのは「集団をどうする?」という問題意識だ。

では、社会集団の2大課題が「闘争と生殖」であるとはどう意味だろうか?

企業を例にとれば、競争に打ち勝って市場で優位に立ち、受注を確保して社員と社会に利益を還元し続けるための「生き残り戦略」が必須となる。これが闘争である。また社員を採用・育成して戦力化し、世代交代していくことが「生殖」に相当する。家庭は、現代では社会に出る前の人材を文字通り「産み育てる」場所である。昔の農村社会では、家庭がそのまま生産(闘争)の場であった。

企業の闘争力を本当に活力のあるものにするにはどうするか。序列圧力や規範圧力では社員は動かないし、顧客からの信頼を得ることも難しい。「親和充足をベースにした闘争充足」を活力源にすることが、生きのこり競争に勝ち続ける唯一の道だ。

現代の家庭においては生産が欠落している。また生殖から派生する授乳におけるスキンシップは、人間がこの世に生を受けた早い段階で必要とする親和充足であるが、それが欠落する家庭では様々な問題が噴出する。家庭や小集団で虐待やイジメが発生するのも、親和充足の不足と生産過程の欠落が原因と考えることができる。

教育の観点からも、闘争過程と生殖過程が一体となった場が存在することが重要だ。企業における社員育成、家庭における子育ての両方に当てはまる。一体化を実現するには、進化の過程で捨ててしまった「母系集団」を現代に甦らせる試みが必要となるだろう。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351797
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp