生物学を切開する
351746 ウイルスが遺伝子を運び、生物を進化させたという仮説
 
末廣大地 19/12/08 PM10 【印刷用へ
進化論としては、ダーウィン進化論があまりにも有名であるが、それとは異なる説、種を原点とする今西進化論と、それを補強するウイルス進化説を紹介します。

以下「ミクスonline」(リンク)より引用します。

■ ■ ■

ウイルス進化説

 『新・進化論が変わる――ゲノム時代にダーウィン進化論は生き残るか』(中原英臣・佐川峻著、ブルーバックス・講談社)という本に驚くべきことが書かれている。進化の主役はウイルスで、ウイルスが種の壁を越えて遺伝子を運び、生物を進化させてきたというのだ。ゲノム時代を迎え、この大胆な「ウイルス進化説」は、進化論の正統派・ダーウィン進化論を真正面から批判した今西錦司の今西進化論を科学的に証明・補強するものとして注目されている。

ダーウィン進化論

 現在の生物の教科書に載っている進化論がチャールズ・ダーウィンの進化論そのものかというと、そうではなく後世の改良が加えられている。この改良された理論はネオ・ダーウィニズムと呼ばれている。改良されたといっても「進化」「適者生存」といった本質的なアイディアには変更は加えられておらず、ダーウィンの進化論をより精緻にしたものと考えていいだろう。すなわち、現在のダーウィン進化論は、ダーウィン自身の「自然淘汰」と、後世に導入された「突然変異」を二本柱としている。
 今後、ダーウィン進化論がどのような運命を辿ろうとも、ダーウィンの学問への情熱と貢献は不滅である。

今西進化論

 今西進化論は、「棲み分け」と「種社会」を中心概念とする独創的な進化論であり、個体レベルの自然淘汰が種の進化をもたらすというダーウィン進化論の基本的な原理を否定している。あくまで種が進化の基本単位だというのである。例えば鳥の翼であるが、ダーウィン流に言えば、ある環境下では爬虫類の中で肢が翼のようなものに変わっていった個体は生き残るチャンスが大きいため、その子孫が増えていき、そのうち全部の個体が鳥になってしまったということになる。一方、今西は、爬虫類のある種はどの個体も一斉に肢が翼に変わってきたので、空を飛ぶことになったというのである。個体レベルでは多少の前後があっても、長い目で見れば種の全個体がある定まった方向へ変化していくというのだ。しかしながら、その定向進化の個体レベル、さらには遺伝子レベルのミクロなメカニズムまでは、今西進化論も明らかにしていない。

遺伝子の運び屋

 ウイルス進化説は三本の柱で支えられている。一つ目は、ウイルスによる個体から個体への遺伝子の水平移動が起きること。二つ目は、ウイルスによる遺伝子の水平移動は種の壁を越えて起きること。そして、三つ目は、ウイルスは遺伝子を運ぶためのオルガネラ(細胞内小器官)だということだが、これが最も重要な柱である。つまり、ウイルスは生物が進化するのに必要な遺伝子を運ぶ道具、遺伝子の運び屋だというのだ。

 例えばキリンの首について、ダーウィン進化論では、遺伝子の突然変異によって従来のキリンよりも少しだけ首の長いキリンが生まれたとする。このキリンは従来より高い所の葉を食べることができるようになり、従来のキリンより有利なので、生き残る確率が高くなる。その生き残った少し首の長いキリンから、さらにもう少し長い首のキリンが突然変異で誕生し、そのキリンはさらに有利なので生き残る。こうしたプロセスを繰り返すことで、現在の長い首を持つキリンになったと考える。これに対し、ウイルス進化説では、首が長くなる遺伝子を持ったウイルスに感染したことで一気に首が長くなったと考えるのだ。

大胆な仮説

 ダーウィン進化論は、当時、人々に衝撃を与えた大胆な仮説であった。今西進化論もウイルス進化説も刺激的な仮説である。ウイルス進化説は、生物に進化をもたらしたウイルスが見つかったわけではなく、今のところあくまでも仮説に過ぎない。今後、どの進化論が生き残ろうと、独創的な仮説なくして学問の進歩はあり得ない。そして、私たちには、大胆な仮説に触れ、専門家たちの論争を楽しむという知的な喜びが与えられている。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351746
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
階級社会が生んだセントラルドグマ DNAの突然変異説 「日本を守るのに右も左もない」 20/01/02 PM06
351898 死ぬまで探求者であった今西錦司 匿名希望 19/12/14 PM00
351895 「今西進化論」……種は、変わるべき時がこれば一斉に変わる(その1) 末廣大地 19/12/14 AM09
巨大ウイルスが生物進化に深く関わっていた!? 「地球と気象・地震を考える」 19/12/13 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp