社員の活力を引き上げるには?
351681 優れた思考は、練られた言葉に現れる。
 
別所彦次郎 19/12/06 PM08 【印刷用へ
リンクより引用
***

〜前略

殆どの人は、指示を受けても、それがあいまいであれば、行動に転換したりはしない。

仮に「自発的な社員」が自主的に動いたとしても、その社員が考えたことが、経営者のイメージに一致しているとは限らない。

もちろん、「言葉の定義が重要」なのは、上の話だけではない。例えば

議論をする場合。
指示を人に与える場合。
誰かしらを説得する場合。

なんであれ、なによりも「言葉の定義」を大事にする人の仕事は非常にやりやすいし、成果も出しやすい。

逆に、言葉を大事にしない人との仕事は非常にやりづらい。

「曖昧な」議論。
「人により異なる解釈」が発生する指示。
「何について話しているのかはっきりしない」説得。

そうした、共通認識が存在しない状態での仕事は、極めてやりにくいし、そもそも成果が何なのか、よくわからないままウヤムヤになるのがほとんどだ。

だから上の経営者は知る必要がある。

「あいまいな言葉で指示を出したのだから、実行されなくても、それは指示を出した側の責任だ」と。

〜中略

「定義することが重要」

これは、日々の仕事だけではなく、何かしらのイノベーティブな仕事をするときにも、言うことができる。

〜中略

新しい定義が、新しい認識を生み出し、それは時としてイノベーションとなる。

もちろん、自由闊達な議論をしたい、アイデアがほしい、発想を広げたい、等の場合には、あえて「何も定義せず」に指示を出したり、ディスカッションをしたりすることもある。

ただ、それは過程で重要なだけであって、人の行動や、学問の基礎となるためには、最終的に明確な「定義」が必要だ。



思い起こすと昔、コンサルタント時代の上司は、言葉の使い方に関しては人並み外れたこだわりを持っていた。

例えば、「問題」と「課題」のちがいについて、何時間も議論した。

あるいは、「コミュニケーション」と安易にいわず、「会話」のほうが適切だと直された。

または、「失敗」ではなく「成長ネタ」と訂正された。

「実行しやすい」という提案書の言葉を、「かんたん実行」とキャッチに作り直した。

***
私には最初、その価値がわからなかった。
駆け出しの私には「些細な違いだろう」としか思えなかったのだ。

だがお客様先で、話をすると、練られた言葉と、そうではないことばでは、恐ろしく相手に与える印象が変わることを、身を持って知った。

「言葉一つで、こんなに相手の行動が変わるのか……」と、何度思ったことだろう。

実際、コンサルティングの現場では「言葉のつかいかた」や「定義」がすこしずれただけで、大問題となることも多い。

「ウチは特殊だからね、「顧客満足」の意味が違うんだよね〜」
と、コンサルタントに絡む人もいた。

上司はまた、社内の勉強会では、必ず「辞書」を持ち込むことを要請した。
「勉強会には必ず、電子辞書をもってこい」と彼は口を酸っぱくして言っていた。

そして、

「理念とはなにか」
「目標とはなにか」
「品質とは何か」
「顧客満足とは何か」について、延々と数時間も議論をした。

それらはすべて、血肉となっている。

厳密に定義された言葉は、行動を促し、正確に意図を伝える大きな助けとなる。


優れた思考は、練られた言葉に現れる。
私は現場の仕事で、痛いほどそれを感じた。

だから思う。成果を上げる仕事をしたいなら、上司が「しっかりやれ」と言ったら、「「しっかり」とはどういう意味ですか?」と聞きかえすくらいの癖をつけたほうがいい。

もちろん短期的には「面倒なやつだ」と、嫌われるかもしれない。
だが、その厳密さと、言葉の持つ影響力を知る人のみが、力を持つのだ。
 
  List
  この記事は 351563 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351681
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
351911 生産性向上は「経営判断」で成し遂げられる 別所彦次郎 19/12/14 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動27 実感投稿と現象発掘が会議室の生命
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動33 投稿様式の模索
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
素人の社会活動35 素人こそ創造者(論点の整理)
素人の社会活動36 探求思考と説明思考⇒表出(会議と投稿)のパラダイム転換
素人の社会活動37 表出規範(or思考規範・表現規範)
共認革命6 チンケな運動(要求運動の終焉)
共認革命7 錯誤の根は、古い武力闘争のパラダイムにある
共認革命8 運動信仰を捨てて、共認革命を
共認革命9 強制共認と発信階級の犯罪
共認革命10 新しいまつりの場、それがネットであり、統合サイトである
共認革命11 皆が次々と投稿するだけで、まつりの引力が生み出される
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
「まず実践」の問題性
市民という言葉の欺瞞
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
頭で理解しただけでは、新理論は使いこなせない
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp