試験・身分制度の根深い害
351605 我が子の「早期教育」は要注意〜流行に踊らされず、子ども時代にしかできない経験を十分にさせること
 
中村英起 ( 60 佐賀 会社員 ) 19/12/04 PM00 【印刷用へ
我が子の「早期教育」は要注意…IQ面ではすぐに効果消失、将来的に弊害の恐れも
リンク より

早期教育が大流行である。子育て雑誌を見ても、インターネットの子育てサイトを見ても、幼児期からの教育が大事だというような記事や広告が目立つ。乳児期からの教育の必要性を説くものもある。
早期教育というのは、乳幼児期から才能開発あるいは就学後の学習の先取りを目的として行われる教育のことだが、今では多くの子どもたちが学習塾などで早期教育を受けている。
では、そうした早期教育には効果があるのだろうか。どんな早期教育をさせるのがよいのだろうか。子育て中の親としては、それは非常に気になることのはずだ。

周囲を見回すと、だれもが子どもを学習塾に通わせたり、習い事に通わせたりしている。子どもによっては、週に3日も4日も通っていたりする。それをみると、我が子も何かやらせなければと焦ってしまう。でも、毎日楽しく遊んでいた自分の子ども時代と比べて、なんだかかわいそうだなと思ったり、こんな窮屈な生活をさせていいのだろうかといった疑問もある。そんな思いを抱く母親も少なくないようで、子育て雑誌や子育てサイトの取材を受けることがある。

疑問を持つのは大事なことである。幼い頃の経験がその後の人生を大きく左右することもあるのだ。子どものためを本当に思うのであれば、後れを取ったら大変だとひたすら流れに乗るのではなく、立ち止まってじっくり考えてみる必要がある。
なんでも儲けにつなげようとする時代である。必要とされるサービスがあれば、すぐにそれをビジネスにつなげようとする。というよりも、ビジネスにできそうなサービスを構築し、消費者がそれを必要と思うように導く。

子どもの将来に期待する親が多いことから、子どもビジネスを手がける業者が、あの手この手を使って教育熱心な親たちの危機感を煽り、早期教育に駆り立てようとする。我が子に早期教育をさせて良かったという体験談を読んだり、だれもが早期教育に通わせているように匂わす記事を読んだりして、自分も子どもに早期教育をさせないとと焦る親も少なくない。

(中略)

ここで注目すべきは、ノーベル賞を受賞したヘックマンによる、乳幼児期における教育の効果についての研究である。
簡単にその結果を要約すると、3歳のときから2年間、幼児教育を受けた子どもたちのIQは著しく伸びており、受けていない子たちとの間に明らかな差がみられた。その意味では、やはり早期教育には効果があることが再確認された。

だが、IQ面での効果は長続きしなかった。2年間の介入終了後は、両者の差が徐々に縮まっていき、8歳の時点では差がなくなってしまったのである。つまり、早期教育が知的能力を向上させる効果は一時的なものにすぎず、小学校中学年の頃には効果は消えてしまったのだ。

幼い頃に身につけさせるべきことは別にある

では、幼児期にはどんなことを学ばせることが大切なのだろうか。
それは、今の若者にみられる問題を思い浮かべれば、ある程度見当がつくはずだ。
企業の採用においてもっとも重視されるのがコミュニケーション能力である。ここからわかるのは、コミュニケーションが苦手な若者、臨機応変のコミュニケーションができない若者があまりに多く、企業の側は、そうした新人に頭を悩ませているということだ。

学習塾や習い事だらけで、友だちと思う存分遊ぶ経験を積んでいなければ、人との距離の取り方を体得できないのももっともなことである。遊んでいれば自然に身につくことが、遊び経験が十分でないと身につかないままに大きくなってしまう。私が相手にしている学生たちのなかにも、友だちとの距離の取り方に頭を悩まし、そのままでは社会に出て社内の人や取引先の人とかとうまくつきあっていく自信がないし、就活突破も難しいのではないかなどと、深刻に悩んでいる者もけっして少なくない。

勉強をしなければとは思うのだがやる気が出ないという学生も結構いる、というより多数派かもしれない。早期教育が盛んになってから、勉強好きが増えたかというと、むしろ勉強嫌いが増えているようにも思える。
ここで問題なのは、すべきことにモチベーションを高めて取りかかれるかどうか、それに集中できるかどうかということである。
それもひとつの能力と言える。

では、そういう能力はどうして身につくのか。それは、好きなことに熱中する経験の積み重ねによって身につく面もある。子ども時代にもっとも集中できるのは遊びだろう。友だちと思い切り遊ぶ経験を積むことは、コミュニケーション力の向上に役立つだけでなく、集中力の向上にも役立つ。遊びは子どもたちにとって、強制されるものではなく自発的なものである。ゆえに、思い切り遊ぶことは、自発的に動く経験を積むことでもあり、自発性の獲得にもつながる。

このようにみてくると、子どもが幼少期にかつては自然に身についたことが身につきにくくなっていることがわかるだろう。
我が子が将来すべき勉強や仕事をきちんとこなし、人間関係もうまくこなしていけるようになることを願うなら、早期教育の流行に踊らされず、子ども時代にしかできない経験を十分にさせることが大切である。

(引用終わり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351605
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp