サル社会を解明しよう
351496 「笑い」の起源はどこから?
 
松山恵実 ( 23 奈良県 会社員 ) 19/11/30 AM09 【印刷用へ
リンクより

【霊長類の笑い】
「チンパンジーやオランウータンをくすぐると、口の両端を後方に引いたり、笑い声を発したりする。」類人猿の笑いに関して、チャールズ・ダーウィンがこのような記述を残している。
ファンホーフはまず、笑いを大きくラフ(laugh)とスマイル(smile)の二つに分類できることを指摘した。スマイルは発声を伴わずにニッコリと歯を見せるほほ笑みの表情、ラフは発声を伴う笑いのことで、ヒトの笑いにおいてはこの二つは重なり合うことも多い。しかし、ラフとスマイルは異なる進化的起源を持つとファンホーフは考えた。

【スマイルの起源】
グリマスは、ニホンザルにもチンパンジーにも見られる表情である(写真1)。ニホンザルでは、グリマスを見せるのは劣位の猿である。自分よりも強い猿に対して敵意がないことを示す、恐怖または服従の表情だと考えられている。チンパンジーでも多くの場合は同様で、劣位者が恐怖を感じた際にグリマスを見せる。しかし、劣位ではない個体がグリマスを見せる場合もある。たとえば、オスがメスに求愛するときや、母親が自分の赤ん坊を抱き取ろうとするときなどだ。これらの観察からファンホーフは以下のように推論した。もともとは劣位者の恐怖・服従の表情であったグリマスが、ヒトと類人猿の共通祖先の段階で優劣に関わらず相手を宥める表情としても使われるようになり、人類においてはさらに広く親愛と友好を示す表情として用いられるようになったのだ、と。
目上の人への挨拶など、優位者への緊張感を伴う場面でもスマイルがよく見られることを考えると、ヒトのスマイルが霊長類のグリマスと進化的なつながりを持つというファンホーフの発想も理解しやすくなる。しかし、劣位ではないチンパンジーが見せるグリマスの意味解釈には疑問も残る。これらはチンパンジーに特有の強いフラストレーションの表出だという、まったく別の解釈が可能だからだ。ニホンザルのグリマスよりもチンパンジーのグリマスが人間のスマイルに一歩近付いていると結論付けることはまだできない。スマイルの起源と進化については、チンパンジー以外の類人猿との比較も含めてさらに慎重に検討していく必要があるだろう。
 
【ラフの起源】
プレイ・フェイスは口を丸く開ける表情で、口の両端が少し後方に引きあげられることもある。霊長類に広く見られる遊びの表情である。一方、遊びの際に音声を発する種は限られている。ヒトに近縁な類人猿の仲間は皆、遊びにおいてヒトの笑い声と類似の音声を発する。それ以外の霊長類の多くは、遊びの際に音声をまったく発さないか、ヒトの笑い声とは音響的にかなり異なる音声を発する。
チンパンジーは、仲間同士でくすぐり遊びや追いかけっこをする時にこの音声(笑い声)を発する。脇の下や首筋、腹、股関節といった部位を口で軽く咬まれたり指で刺激されると、チンパンジーは刺激から逃れようともがきながら笑う。くすぐられる部位が急に変わるなどのちょっとした驚きの要素があると、笑い声が大きくなることが多い。また、相手が笑うと笑わせた方のチンパンジーはくすぐりなどの働きかけを繰り返すことが多く、笑い声が遊びを活性化すると言える。発声の文脈や機能もヒトの笑いとよく似ていると言ってよいだろう。

チンパンジーの笑い声は人間の笑い声よりもしゃがれた感じで、「ア゛ッハハハハハ・・・」などと聞こえる。ヒトは一息の呼気を分断して笑い声を発することが多いのに対して、チンパンジーは呼気と吸気の両方で交互に発声することが多い。ヒトと類人猿各種の笑い声の音響的特徴を比較した最近の研究によると、系統関係の近い種間では概して音声の類似性が高い傾向があるという。この研究では、類人猿と人類の進化において、いつ、どのような音響上の変化が笑い声に生じたかも論じられている。

類人猿の笑い声は、表情形態や音響構造だけでなく、発声の文脈や機能にもヒトの笑いとの共通点があった。また、音響構造の類似性には系統関係との対応もあった。以上のことから、類人猿とヒトの笑い声が同じ起源を持つ相同の行動だという見方はかなり確かだと言える。笑い声を伴う笑い=ラフの起源は、現生の大型類人猿がまだ種分化していなかった時代にまでさかのぼれる可能性が高い。

【ヒトの笑いの独自性と進化】
くすぐりなどの遊びにおいて、類人猿もヒトと同じように笑うということがわかってきた。しかし、ヒトの笑いはもっと多様な刺激に対して起こる。ヒトは、他者のユーモラスな発言やできごとなどにおかしさを感じて笑うことも多い。類人猿の遊びにもユーモアにつながる特徴が指摘されることはあるが、言語を持たない野生類人猿はユーモラスな発言をしないし、他者同士のやりとりを見て笑うことも無い。ヒトには他者を笑わせるためにわざとおかしな振る舞いをする「おどけ」があるが、野生類人猿にはおどけに対する笑いの報告はない。また、他者の失敗を嘲笑する例も知られていない。
もう一つ大きく異なるのは、笑い声の同期性である。何かおもしろいものがあると、ヒトはそれを他者に伝えてしばしば一緒に笑う。他人の笑い声を聴くと笑いが生じやすくなる「伝染」現象も知られている。そのため、大勢の人が一斉に笑うことも多い。しかし、類人猿の遊びは2〜3頭でおこなわれることがほとんどで、笑い声をあげるのはくすぐられている一頭だけであることが多い。また、類人猿には笑い声の伝染もないようである。
ヒトと類人猿の共通祖先たちもおそらく、森の中で遊びながら笑い声をあげていただろう。笑いに大きな変化が生じたのは、人類がチンパンジーの系統と分かれた後である。まず、人類はより幅広い認知的刺激に対して笑うようになった。また、仲間と関心を共有する傾向が強まり、おかしさを共有してしばしば仲間と一緒に笑うようになった。これらの変化は、言語の獲得によっても促進されただろう。それぞれの変化がいつ頃に生じたかは定かでない。しかし、人類社会の進化とともに、笑いによる集団の結束強化作用は一段と高まったと考えられる。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351496
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp