現代意識潮流を探る
351258 「あの日本人でさえ怒りを制御できないのなら、世界はもう危機的状況」
 
佐藤晴彦 ( 61 長野 会社員 ) 19/11/21 PM03 【印刷用へ
全てを開きだし合える共同体の喪失こそが、人間の精神さえもおかしくしているのではないでしょうか。

リンクより引用します。
************************
朝日新聞が最近発表したアンケート結果で、かなり多くの日本人が自分でも抑えられない怒りを覚えたり、他人から怒りをぶつけられた経験をしている実態が明るみになった。無作為抽出された1500人のうち、29%が原因不明の怒りを覚え、39%が他人から感情をぶつけられた経験があると答えた。また回答者の76%は怒りを経験したり、ぶつけられたりするケースが最近増えたと答えている。

なぜこうなったのか? 大半の回答者が挙げた原因は、他人への思いやりや尊敬の念の喪失、家庭や職場、学校でのストレスなどだった。朝日新聞は、自制心を失いやすい社会を「切れやすい社会」と命名した。

社会現象の研究者らは、日本の社会規範では、集団の中で目立たないよう、他人と異ならないようにふるまうことが求められるため、人々は慢性的に心理的圧力にさらされていると指摘する。そして、それが耐えられなくなると、普段は落ち着いているはずの人でさえも「爆発する」。感情からくる怒りが行動に、つまり「キレる」に変わる。

もちろん、こういうことが起こりうるのは日本に限らず、感情の「爆発」だって全く些細なことが原因になりうる。例えば、ギュウギュウ詰めの中でいきなり押された、先に行きたいのに、進ませてもらえなかった、足を踏まれた、話し声がうるさいなどだ。研究者らは、猛烈なテンポでの暮らしを強いられている大都市の住民は制御できない怒りの発作を起こしやすいと考えている。悪天候でさえも人間の攻撃性を誘発することもある。

こうした攻撃性について、実践心理学センターのセルゲイ・クリュチニコフ所長は、スプートニク通信社からの取材に次のように説明している。「自然発生的に制御できない怒りは一種の隔世遺伝で、怒りを抑え込まない動物の本能に匹敵します。ですがまさに、自身や周囲の中に潜む、こうした獣性を抑制するためにこそ、文化が存在しているのです。」

さらに、クリュチニコフ所長は、制御できない怒りについて以下のように分析している。

「制御できない攻撃的な行動は、文化の低さや躾けのなさだけが原因ではありません。否定的な感情を全て表出させてしまう偏執的なサイコパスもいるし、逆になんでも自分の中にしまいこみ、湧き上がる衝動的な怒りを黙って抑える人もいます。

心理的な過負荷、ストレス、疲労、不満、慢性的な抑圧、映画やテレビでの暴力シーンすべてが、怒りを引き起します。侍の時代から自制する伝統を持ち、他人への礼儀を重んじる日本人でさえ、このように制御できない怒りを爆発させているのならば、それは我々の世界が危機に瀕しており、社会がますます不寛容で攻撃的になっていることを物語っています。これから身を守る唯一の方法は、自分の心に否定的感情というゴミを入れないことしかないのではないでしょうか…。」

クリュチニコフ所長は、いらだちやネガティブな感情を恒常的に抑え込んでいると、心身症になりかねと警告している。そうならないための所長のアドバイスは、これらの感情を抑制し、逡巡せずに、前向きな方向に自分をシフトすること。また、自分一人でいるときは、破壊的なエネルギーは捨て去ることが可能であり、その必要があるとも助言した。
 
  List
  この記事は 351162 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351258
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
352802 「あの日本人でさえ怒りを制御できないのなら、世界はもう危機的状況」を読んで感じたこと 酒井俊弘 20/01/14 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp