生命原理・自然の摂理
351251 タンパク質をつくり出すリボソームの「再設計」は、すべての生命に革新をもたらすか
 
古越拓哉 ( 26 東京都 会社員 ) 19/11/21 AM01 【印刷用へ
タンパク質をつくり出すリボソームの「再設計」は、すべての生命に革新をもたらすか
リンク
より転載。

----------------------------------------------------------------

生命をつづる語彙はとても限られている。もし生命を構成する要素のレパートリーを増やすことができれば、巨大で複雑なたんぱく質の製造方法に革命がもたらされ、次世代の薬剤や分子マシン、奇跡の新素材の発明につながるかもしれない。

地球上のすべての生命はたんぱく質によって構成されている。そのたんぱく質は、わずか20種類のアミノ酸という共通の化学ユニットでできている。だが、ケンブリッジのMRC分子生物学研究所に所属する研究者たちは、標準の20種に含まれない、新たなアミノ酸で構成されたポリマー(高分子からなる物質)の開発に一歩近づいた。

「リボソームの再設計」が実現すること

研究所に所属する400人以上の研究者のなかで最大のスペースを占めているのが、ジェイソン・チン率いるチームだ。このチームは現在、化学者がつくりだすレヴェルをはるかに超える複雑なポリマーを合成するためのツールを組み上げた。

チンのチームはこれを、リボソームを再設計するという方法で成し遂げた。リボソームとは、すべての生きた細胞内に存在する分子工場だ。40億年前の生命の夜明け以来、たんぱく質を合成することで、遺伝子に実体を授ける仕事を続けている。

工業的手法では、ビーズを糸に通すように、単純な化学ユニットを組み合わせてポリマーをつくる。一方、リボソームは生体内で、20種類の基本的なアミノ酸をシャッフルし、酵素や分子マシン、光センサーなどの精巧な立体構造をもつたんぱく質をつくりだしている。

リボソームに手を加え、はるかに多くの種類のアミノ酸をもとに分子を組み立てられるようにするチンの研究によって、自然界に存在するどんな分子をもしのぐ大きさと複雑さをもつ、数万のアミノ酸と数百万の原子から構成される高分子を生み出せる可能性が見えてきた。

リボソームの構成と働き

この実現のために、チンはリボソームの「ターボチャージ」における、ある重要な課題を解決した。リボソームは生命維持に必要不可欠であるため、わずかな改変でさえも死にいたる可能性がある。そのため、彼は過去15年にわたって本来のリボソームと同時にはたらく「直交性リボソーム(orthogonal ribosome)」をつくるためのツールの開発に没頭してきた。これは細胞に必須の機能は本来のリボソームに任せるという発想で、チンいわく「ざっくり言うと、ひとつのOS上に、もうひとつ別のOSを走らせるようなもの」だという。

50万個ほどの原子からなるリボソームは、たんぱく質と、地球最初の生命の遺伝物質とされるRNAでできた砂糖菓子のようなものだ。リボソームの根幹をなす2つのパーツは、2つの最重要RNA分子と、50以上のたんぱく質で構成されている。形状的には、リボソームRNAとリボソームたんぱく質の複合体である大小2つのサブユニットから構成されている。

小さいサブユニットは、リボソームの「脳」にあたるもので、メッセンジャーRNAにあるコードを解読する。“心臓”にあたる大きなサブユニットは、アミノ酸を運搬するトランスファーRNAの助けを借りて、メッセンジャーRNAの情報からたんぱく質をつくり上げる。

つまりリボソームは、メッセンジャーRNAに従ってトランスファーRNAを整列させ、トランスファーRNAの積荷であるアミノ酸を正しい順序に組み立て、たんぱく質をつくっているのだ。

新たな可能性を生むための「スペース」づくり

チンは、リボソームのなかの2つのRNAをつくる遺伝子に有益な変異をもつ細胞をロボットで選別することで、新たなリボソームに進化させた。「直交性リボソームを見つけさえすれば、つくるのはそう難しくありません」と、彼は言う。

アミノ酸の種類を拡張する方法はいくつかある。自然界のリボソームは、A、T、C、Gの4種類ある塩基が3文字並んだ配列(コドン)をひとまとめで読み取っており、そのありうる組み合わせは4の3乗で64通りだ。しかし、リボソームが扱うアミノ酸は20種しかない。なぜなら複数のコドンで指定されているアミノ酸もあるからだ。

したがって、“拡張”の方法のひとつとして、20種類のアミノ酸にそれぞれひとつだけコドンを割り当て、コドンの残り40種あまりを別の用途に転用することが考えられる。

革新をもたらすリボソームの再設計

チンの今後の目標は、これらのさまざまな進歩を組み合わせながら基礎生物学を探求し、有益なポリマーを開発することだ。応用先のひとつとして、新たな遺伝子療法の可能性が検討されている。これは、直交性リボソームを患者の体内に入れて、病気治療に使用する薬剤の能力を拡大させるというものだ。

従来の合成薬剤は分子が小さく、短時間で体内から一掃されてしまう。また、自然界にあるたんぱく質の遺伝子組み換えヴァージョンには、身体の免疫システムによって分解されるおそれがある。しかし直交性リボソームでは、正確で持続的な効果が見込めるポリマーを紡ぎ出すことができる。

いずれは生体内(例えばヒトの疾患に似た症状を発症するように遺伝子が組み換えられた実験用マウス)で、直交性リボソームを進化させることも可能になるかもしれない。「そうなれば、大量のポリマー配列のなかから、治療効果の最も高いものを、生体内で直接発見することができるでしょう」と、チンは言う。

リボソームのエンジニアリングは、従来の遺伝子組み換え以上に、合成生物学に接近した手法だとチンは語っている。「これは極めて革新的です。ポリマー配列を進化させ、製造し、発見するわたしたちの能力を劇的に向上させる転換点になるかもしれません」


------------------------------------------------------------------
 
  List
  この記事は 351184 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_351251
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
351548 種を「個体群」の集まりとして見れば、生物多様性保全のあり方が変わる 古越拓哉 19/12/02 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp