法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
350390 「足して二で割る」式の中間解が薬にはならず、むしろ毒である訳
 
紀伊谷高那 ( 34 大阪 会社員 ) 19/10/19 PM09 【印刷用へ
「足して二で割る」式の中間解が薬にはならず、むしろ毒である訳
リンク)より転載

******************************
■足して二で割ること

一般的に「中庸」と言えばそれは良い意味である。元々が何事も極端はいけないということを説く語であるから当然と言えば当然だが、その一方で適当なところで妥協することの便利な言い訳として通用しているのも事実である。

実際のところ、中庸からは何も生まれない。「足して二で割る」式の中間解は、その場に限っての最適解としてはあり得ても、創造的(あるいは建設的)最高解とは全くの別物なのである。双方の良いとこ採りなどといったことは、現実にはただの夢想である。そもそも長所と短所が可分なら、その長所だけを以てプレゼンテーションされている筈である。もとより不可分なればこそ、良いところだけを切り離して採用するなどできないということである。

さて、この「足して二で割る」式中間解だが、その最大の弊害は、成功するにせよ、失敗するにせよ、原因が分からないというところである。若干大げさなもの言いではあるが、人類進歩の原動力が仮にトライ・アンド・エラーの繰り返しにあるとするなら、この中間解というものが如何に非創造的であり非建設的であるかが分かるであろう。エラーの原因が分からぬ以上は結果として無駄なトライをしたことになるし、それがためにまた無駄なトライをする羽目になるからだ。やるからには、きっちり挑戦し、きっちり失敗しなければ意味はない。

これは理屈の上の話ではない。世の中のさまざまな問題の根本の周辺には不思議なほどこの中間解的発想が散見する。前にも述べたように、原因が判然としないから対処法も修正や改善程度のことしかできず、ズルズルといつまでも引きずることになってしまうのである。

この間、たまたま目にした医学系のレポートでも、この中間解的発想に基づく適当さの弊害が指摘されていた。それはこういうものである。ある症状に対して薬を処方する。それでも症状の改善が見られない時は最初の薬と同じような薬を追加処方する。これを何度か繰り返しているうちに患者は大して効きもしない薬をいくつも飲まされることになる。多剤少量服用である。その記事ではこれを大いに批判し、単剤十分量服用を目指すべきであると指摘していた。つまり、トライ・アンド・エラーの明確化である。一種類の薬を最大量まで試してこれを評価し、効果が得られない時(または副作用が強い時)は別の薬にスイッチするというやり方である。

よく「毒にも薬にもならない」と言うが、毒にも薬にもならないものは少なくても医学的には毒である。何であろうと摂取すれば、肝細胞には必ず負担が掛かるからだ。加えて時間的にも経済的にも負担が掛かることは言うまでもない。

日本には「毒を食らわば皿まで」という諺がある。一見、乱暴な言い様だが逆説的にその真理をよく言い得ていると思う。結局、最後は胆力の問題なのかもしれないが、これを合理性という観点から冷静に評価しても、やはり優れた方法論と言っていいのではないだろうか。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_350390
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp