次代の活力源は?
347966 社会では、学生時代の頭の良さとここが違う
 
匿名希望 19/07/26 PM09 【印刷用へ
リンク

「勉強する」人は理想を知り、現実とあるべき姿とのギャップを認識します。しかし、実際に理想と現実のギャップを埋めるためには「学問する」ことが必要になります。

「勉強する」から「学問する」へ進まなければ、問題を解決することができないのですが、学問の仕方を学んでこなかった方には、なかなかこれは気づけないことでもあります。さらに、もし、その点に気づけたとしても、実際にやることはさらに難しいことでもあります。

そこで、この記事では「学問する」1つの方法について簡単にお話しします。

まず1つ目は、「コーチ(師)について学ぶ」方法です。

真似ることはすべての基本です。「学問する」ことができている人でないと「学問する」ことを教えることはできません。

なお、ここで言うコーチ(師)には、職場の先輩、同僚、後輩、習い事の先生、大学教員などあらゆる方がなり得ます。

一般的に企業で行われているオンザジョブトレーニング(OJT)の多くもこれにあたります。

この場合、上司や先輩がコーチ(師)であることが多く、私もビジネスマン時代、上司や先輩方には多くのことを教えていただき、感謝しています。

(2)仲間と学ぶ
2つ目は「仲間と学ぶ」という方法です。

「学問する」力を獲得する取り組みは、答えやゴールのない取り組みでもあります。しかも、手に入れようとしている力は目に見えない力なので、「今どのくらいその力を獲得できているのかわからない」というストレスもあります。

これは想像以上に精神的にハードなことで、一人で学問に取り組むと挫折してしまう可能性は高いです。そのため、仲間は、そのハードな道のりを一緒に励まし合って歩んでくれる貴重な存在です。

仲間がいて「学問する」プロセス自体が楽しくなれば、夢中になって取り組んでいるうちに気がついたら見える景色・世界が変わっていた、ということもあり得ます。

また、仲間とディスカッションすることで新たな気づきを得られ、回転のサイクルがはやくなり、「学問する」力が高くなる可能性もあります。

最近は多くのコミュニティがインターネット上にもあります。仲間を見つけることは昔に比べ容易になっています。

(3)独学する
3つ目は、「一人独学でやってみる」という方法です。

コーチ(師)につき学ぶことや、仲間と一緒に学ぶことが時間や場所の制約から難しい方にはこの方法しかありません。

今は多くの情報がインターネット上にありますし、書籍も出ていますので、ある程度は学ぶことができます。それにどちらかと言えば、やることが最も大切なことですので、独学にも意味は大いにあるはずです。

経営者やビジネスマンの方が、働きながら、自分だけの学問をするメリットは、実際の職場で実践しながらできると同時に、「学ぶ→問う」、またはその逆の「問う→学ぶ」、という「体験」を職場で行うことができることです。これにより「学問する」ことを加速させることができます。

大学の教え子たちにこの体験をしてもらおうとするとインターンシップへの参加等が必要になりますが、経営者やビジネスマンの方ならば、普段から職場で働いているわけですから、容易にできる「体験」になります。
 
  List
  この記事は 211321 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347966
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp