私権原理から共認原理への大転換
347646 「誰も働かなくなる」わけではなかった・・・フィンランド政府 ベーシックインカムの暫定実発表より
 
HAYABUSA ( 40代 ) 19/07/15 PM09 【印刷用へ
フィンランド政府は昨年末までの2年間、2000人の対象者にベーシックインカムの給付実験を行った。その暫定結果についての考察を引用させていただく。

一番の関心事である「ベーシックインカムをもらうと、怠けて働かなくなるのではないか?」については、フィンランドの場合は、払拭された。つまり、受給者は働き続けた。

――――――――――――――――――――――――――――――
前提条件等は リンク を参照してください。


◆「誰も働かなくなる」わけではなかった リンク
雇用についての暫定結果をどのように評価すべきだろうか。

これまでにも実は類似の実験があちこちで行われてきた。1960年代の終わりから70年代にかけてアメリカ合州国やカナダ、今世紀に入って、ナミビア、ブラジル、インドなどである(現在行われているものとしてケニア)。

新しい社会政策の導入が検討される場合に、「社会実験」という形がとられることはあまりない。
にもかかわらずベーシックインカムを巡って、これだけ実験がくりかえされてきたのには、「何の条件も課さずに給付を行えば、誰も働かなくなるのではないか」という疑念が繰り返し表明されてきたからである。

この点に関して言えば、今回の実験結果は、ベーシックインカムによって人びとが働かなくなることはなさそうだ、ということになる。

(中略)

◆社会の基礎となる信頼を高める力
今回の実験で筆者が興味深く感じたのは、他者への信頼や、法制度への信頼が、ベーシックインカム受給者グループで、コントロールグループ(←受給していない人)とくらべて有意に高かったことである。

類似の効果は、ナミビアやインドの実験でも報告されているが、これらの場合はコミュニティ全体が給付をうけていたため、コミュニティ全体が良い方向に変容した結果として解釈することができる。

これに対して、フィンランド全土で2000人という、給付者一人一人がいわば孤立した状態で給付を受けた今回のケースでも、信頼度が高まったことは、とても興味深い。

オランダでもユトレヒトなどいくつかの都市で、フィンランドと同様の給付実験が、計画されている。これは福祉の給付にあたって申請者を審査するケースワーカーたちの声が出発点だった。

制度の運営のために必要とされる厳正な審査を行うために「収入や健康状態などを偽っているのではないか」という疑いの目で申請者をみるのはもう沢山、という声である。むしろ申請者を信頼することの方が人間的であるし、社会もうまくいくのではないかという訳だ。

(後略)
――――――――――――――――――――――――――――――

上記は、あくまで暫定結果をもとにした考察である。
フィンランド政府が結果を公表するのは2020年中と言われている。それも合わせて評価したい。
 
  List
  この記事は 345617 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347646
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
ミス大爆発⇒警戒心発の集中力はガタガタ⇒共認圧力発の集中力を形成するには?
トラブルの根底に指揮系統あり。全てをネットへ
隠蔽・言い訳・誤魔化しの横行によって崩壊する私権体制
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代企業が生き残っていくのに必要な力は何か(前半)
新卒者向けセミナー「経営者が語る」〜これからの時代、企業が生き残っていくのに必要な力は何か(後半)
自主管理への招待(1)工業生産から意識生産へ。時代は今、歴史的な生産力の転換を遂げようとしている。
自主管理への招待(2) 社会は、生産力の転換によってしか根底的な変革を遂げることはできない
自主管理への招待(3) 生産から離脱させ、消費へと逃避させるだけの近代思想
自主管理への招待(4) 「頭の中だけの自己」から「実現対象」への追求ベクトルの転換
自主管理への招待(5) 否定し要求するだけの「閉塞の哲学」から、実現対象を獲得した「解放の哲学」へ
自主管理への招待(6) 実現思考とは何か
自主管理への招待(7) 労働の解放のために:自主管理の原則
学生に与う1 いま、社会の基底部で何が起きているのか
学生に与う2 私権の終焉と市場の縮小と権力の暴走
学生に与う3 新しい活力源は、周りの期待に応える充足
学生に与う4 先行して共同体を実現した類グループ
学生に与う5 共同体の母胎は女性が生み出す充足空間
学生に与う6 この行き詰った社会をどう再生するか
供給発のカギは、ゼロから新しい供給者を育成してゆく仕組み
新概念を使いこなせて、はじめて供給者になれる
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
出来ない、覚えられない
「みんなの成功体験」ならいくらでも積める
対面会議の欠陥
民主主義=会議という固定観念
集団統合の新たな仕組み:対面会議を超えて、全てをネットへ
企業革命の切り札は、社内ネット
経営者への提言:会議から社内ネットへ
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新時代を開くのは、共同体企業のネットワーク
共同体企業のネットワークをどう構築してゆくか
『類グループが勝ち続ける理由』〜まとめ〜
協同組合法:出資・経営・労働を一体化した働き方をしている人たちは10万人を越えている
「人口減少社会の衝撃!!これからの働き方はどう変わる?」〜今、なぜ労働法について考えるのか?〜
感謝の心を損なう「有給制度」に代わる、『有給休暇一括買取方式』

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp