私権原理から共認原理への大転換
347646 「誰も働かなくなる」わけではなかった・・・フィンランド政府 ベーシックインカムの暫定実発表より
 
HAYABUSA ( 40代 ) 19/07/15 PM09 【印刷用へ
フィンランド政府は昨年末までの2年間、2000人の対象者にベーシックインカムの給付実験を行った。その暫定結果についての考察を引用させていただく。

一番の関心事である「ベーシックインカムをもらうと、怠けて働かなくなるのではないか?」については、フィンランドの場合は、払拭された。つまり、受給者は働き続けた。

――――――――――――――――――――――――――――――
前提条件等は リンク を参照してください。


◆「誰も働かなくなる」わけではなかった リンク
雇用についての暫定結果をどのように評価すべきだろうか。

これまでにも実は類似の実験があちこちで行われてきた。1960年代の終わりから70年代にかけてアメリカ合州国やカナダ、今世紀に入って、ナミビア、ブラジル、インドなどである(現在行われているものとしてケニア)。

新しい社会政策の導入が検討される場合に、「社会実験」という形がとられることはあまりない。
にもかかわらずベーシックインカムを巡って、これだけ実験がくりかえされてきたのには、「何の条件も課さずに給付を行えば、誰も働かなくなるのではないか」という疑念が繰り返し表明されてきたからである。

この点に関して言えば、今回の実験結果は、ベーシックインカムによって人びとが働かなくなることはなさそうだ、ということになる。

(中略)

◆社会の基礎となる信頼を高める力
今回の実験で筆者が興味深く感じたのは、他者への信頼や、法制度への信頼が、ベーシックインカム受給者グループで、コントロールグループ(←受給していない人)とくらべて有意に高かったことである。

類似の効果は、ナミビアやインドの実験でも報告されているが、これらの場合はコミュニティ全体が給付をうけていたため、コミュニティ全体が良い方向に変容した結果として解釈することができる。

これに対して、フィンランド全土で2000人という、給付者一人一人がいわば孤立した状態で給付を受けた今回のケースでも、信頼度が高まったことは、とても興味深い。

オランダでもユトレヒトなどいくつかの都市で、フィンランドと同様の給付実験が、計画されている。これは福祉の給付にあたって申請者を審査するケースワーカーたちの声が出発点だった。

制度の運営のために必要とされる厳正な審査を行うために「収入や健康状態などを偽っているのではないか」という疑いの目で申請者をみるのはもう沢山、という声である。むしろ申請者を信頼することの方が人間的であるし、社会もうまくいくのではないかという訳だ。

(後略)
――――――――――――――――――――――――――――――

上記は、あくまで暫定結果をもとにした考察である。
フィンランド政府が結果を公表するのは2020年中と言われている。それも合わせて評価したい。
 
  List
  この記事は 345617 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347646
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp