これからの暮らしはどうなるの?
347633 【第1回】 人生100年時代 老後に何が必要か
 
井上智貴 ( 22 大阪府 会社員 ) 19/07/15 AM09 【印刷用へ
身体を心の乖離がこれからの追求ポイントになっているような。

医療の発達→人生100年時代の到来→税金の受給引き延ばし→定年の引き延ばし(働かないと生活費がない)→正社員として働くことはできず「再雇用という形になる」→「単純作業」や、「それまでの部下が上司になり、現場の第一線で働かなくてはならなくなった」→これまでのプライドが許さない→活力が出ない→どうする?

人生の目的を遊ぶこと手段としての労働をとるとある意味60歳定年後の夢の定年生活を目指していたサラリーマン、学生はこれから働くことの意味目的の設定を考え、身体を心の乖離を引き起こさないため、老後に何かがいるか?というより今この瞬間の生きること、仕事をすること、遊ぶことについて真剣に考えることが必要だと思う。

以下引用――――――――――――――――――――――――――――――――
リンク

目次
1. はじめに
2. 近づく「70歳定年」時代
3. 「再雇用」が意味するところとは
4. 「安心した老後」を迎えるために
はじめに
2018年9月に自民党総裁3選を果たした安倍晋三首相は、総裁選挙の中で「人生100年時代にしっかりと備えて、社会保障制度の改革を行う」と述べ、年金制度について「生涯現役であれば、70歳を超えても受給開始年齢を選択可能にしていく。そういう仕組みづくりを3年で断行したい」との考えを示した。
これには、「高齢者をいつまで働かせるつもりなのか」「年金制度の破綻を認めたようなもの」といった批判もあったが、超高齢社会の到来を考えれば、労働力を確保し、年金制度の維持をするための当然の策といえるだろう。
ただ、国が制度を変えたからといって、すぐに社会が変わるわけではない。当然、国民も変化への対応が求められ、そこには時として痛みもともなう。
人生100年という超高齢社会の到来を前に、定年後の生き方について考えたい。
近づく「70歳定年」時代
すでに国は年金の支給開始年齢を67歳に引き上げる案の検討を行っているが、今回の安倍首相の発言が、検討にどう反映されるのかは、まだ明らかではない。しかし、「元気で働けるのならば、支給開始は70歳から」という流れになっていくのは間違いないだろう。そうなった場合、社会はどのように変わるのだろうか。
仮に「年金支給開始は原則70歳から」となれば、当然、それに合わせて、70歳まで働くのが当たり前の世の中になるだろう。そうしなければ、年金が開始されるまでの間、収入を得られなくなる人が続出し、社会保障費も膨らむ。国は是が非でも企業に協力を求めるだろう。
現在の法律では、企業は「定年の引き上げ」か「継続雇用制度の導入」「定年の廃止」の中のどれか1つを選んで実施するよう義務付けられている。
厚生労働省が2017年10月に公表した「平成29年高年齢者の雇用状況」によると、調査対象となった全国の「常時雇用労働者が31人以上」いる企業15万6113 社のうち、「希望者全員が65歳以上まで働ける」企業は11万8081 社(75.6%)で、前年に比べ4647社、1.5ポイントの増加となった。既に、希望すれば65歳まで働ける社会は実現しており、さらに年齢が伸びていくのは間違いない。 だった。対象企業の中で占める割合は74.1%となり、対前年比1.6ポイントの増加となっている。
「再雇用」が意味するところとは
高齢の労働者にとって、「希望者全員が働ける会社が7割を超えている」というのはありがたい話だが、実は「働く環境」には多くの課題がある。
「65歳以上まで働ける」といっても、正社員として働き続けることができるわけではない。先の調査結果を見ても、定年年齢を延長したり定年制を廃止したりした企業は全体の2割程度にしか過ぎない。大半の企業が採用しているのは「定年後の継続雇用」、いわゆる「再雇用」である。
再雇用とは定年年齢はそのままにしておき、定年後は雇用契約を結び直して改めて雇用する制度ことだ。多くの場合、給与が大きく減額され、役職も与えられない。 再雇用となり、「それまでの部下が上司になり、現場の第一線で働かなくてはならなくなった」というのは、まだ恵まれた方で、「子会社でアルバイトと同じ仕事をするようになった」「これまでの経験やスキルが全く役に立たない単純労働を与えられた」という話もよく聞く。
ただ、これも再雇用された側の受け止め方しだいの部分もあり、こうした扱いに「プライドが許さない」と怒る人がいる一方で、「定年後は責任の重い仕事ではなく、軽い作業をやらせてもらえればいい」と考える人もいるので、会社も対応が難しい。現在は、制度がまだ成熟していないともいえ、今後、働く高齢者が増えていく中で、働く環境や条件、会社のマネジメントも整っていくだろう。
「安心した老後」を迎えるために
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347633
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp