日本人の起源(縄文・弥生・大和)
347629 『縄文の思想』 瀬川拓郎著 @
 
孫市 ( 42 宮城 会社員 ) 19/07/15 AM00 【印刷用へ
リンク より転載です。

『縄文の思想』瀬川拓郎著
書評・テレビ評2018年1月11日
 
----------------------
 本書は考古学者の著者が、これまで歴史学者や民俗学者らが遺した具体的な資料にもとづいて、文字に残されることのなかった縄文人の思想、世界観に迫ろうとしたものである。

 縄文文化とは、約1万5000年前から、先島諸島(沖縄県南西部の宮古・八重山両諸島)をのぞく南西諸島から北海道にかけて、日本列島全体に展開した狩猟・漁労・採集の文化である。一方、紀元前10世紀後半になると、朝鮮半島から水稲耕作の文化が伝わって九州北部で弥生文化が成立し、数百年かけて関東から東北にまで広がった。

 では、弥生文化の拡大のなかで各地の縄文人は駆逐されてしまったのか? そうではない。北海道と南島、そして各地の海辺の人人(海民)は弥生農耕文化を積極的に受容しようとしなかった。彼らは弥生時代以降も、縄文の伝統である狩猟や漁労などに特化して縄文の習俗や思想を受け継ぐとともに、農耕民と共存・交易し、補完的な分業体制をつくりあげた。そのことを著者は、アイヌの伝説と『古事記』『日本書紀』『風土記』の古代海民の神話・伝説に共通するモチーフがあることに気づいたことから始めて、先行する考古学の成果をもとに跡付けている。

 ここでそれを詳細にのべることはできない。だが、海民は弥生時代に入ると、サメやマグロ、カツオなど外洋での漁や、アシカ、クジラ、ウミガメなど海獣類の猟、アワビの大量採捕といった高度な技術を必要とする漁業に従事していたことがわかっている。

 また、北海道の人人も東日本や西日本の海民から新たな漁労具や漁労法を導入し、外洋での大型のヒラメやメカジキの漁をおこなうようになった。農耕民も漁労はしていたが、それは海辺での網漁やタコツボを使ったイイダコ漁など、経験や技術をあまり必要とせず性別や年齢に関係なくおこなうことができる漁だった。

 また、弥生時代には広域の海上交通が発達したが、それを担ったのは縄文時代から蓄積されてきた海の自然知を受け継ぐ海民だった。たとえば現在の青森県日本海側から北海道へ往来していた海民は、日本海から太平洋に向かって流れる激しい潮流を避けるため、青森からはるか沖合に出て、そこで北へ向かう対馬海流に乗って一気に小樽近郊のカムイ岬に到着していたという。つまり彼らは、季節や天候によって変化する海流の知識や、山岳によって海上の自分の位置を知る測量術といった、長い経験のなかで培われた自然知を身につけていた。北海道には、弥生〜古墳時代に本州の海民が訪れ、アイヌの祖先集団と交流していた跡が、洞窟壁画や墓などとしてたくさん遺っている。
----------------------
(Aにつづく)
 
  List
  この記事は 344727 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347629
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
347630 『縄文の思想』 瀬川拓郎著A 孫市 19/07/15 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp