食糧危機は来るのか?
347625 ロシアでミツバチの大量死が観察され、学者らが警鐘を鳴らす
 
石山 巌 ( 45 東京 コンサル業 ) 19/07/14 PM11 【印刷用へ
■ロシアでミツバチの大量死が観察され、学者らが警鐘を鳴らす
(スプートニク日本 リンクより)

:::以下転載:::

ロシア農業省は、非常にたくさんのミツバチが、ロシアのいくつかの地域で死滅していると伝えた。そういった地域の養蜂場では、敷地一面が、ミツバチの死骸で覆われている。

この災難の規模を測ることは現段階では難しく、ミツバチの死の理由については、各地で、状況分析が始まったところで、研究は始められたばかりである。しかし専門家たちはすでに、この事態に警鐘を鳴らしている。

ここ10年間で、ロシアにおけるミツバチの家族集団の数は、2割も減っている。学者らが危惧しているのは、養蜂業の零落ではなく、食糧危機である。

◆ミツバチが死んでしまう理由は?

大量死の原因をつきとめる研究結果が明らかになるには数か月以上かかる。しかし、理由がわからない今現在でも、地域当局や獣医師たちは一様に、植物の中に存在する、農薬・殺虫剤の類か、除草剤の類の、化学物質による中毒であると確信している。

◆全世界的なミツバチ大量死

ミツバチの大量死が全世界で観察され始めたのは2006年のことだった。米国ではそれまで毎冬、全体の1割のハチのコロニーが死んでしまっていたが、その割合が3割以下にまで拡大した。この50年間で、ハチに関係する農業製品は4倍も多く作られるようになったが、ハチのコロニー自体の数は半分に減り、1ヘクタールあたりのハチの数はなんと9割も減少しているのである。

このような不幸は、公式的にはコロニー・カラプス・ディスオーダー(蜂群崩壊症候群)と呼ばれており、非公式的には「ミツバチのインフルエンザ」と言われている。これのせいで、ヨーロッパでは毎年2割のハチの家族が消えており、米国やアジアでも同様の現象が起きる傾向にある。

◆ハチが死んでいく―、人も死んでしまうのか?

アルベルト・アインシュタインは、もしミツバチが絶滅すれば、その4年後に人間も絶滅すると説いた。もしかするとアインシュタインは誇張していたかもしれない。ライ麦、小麦、米は風により受粉する。しかしそれでも、人間が食べる世界の食糧リソースのボリュームの3分の1は、昆虫が受粉してくれるおかげで栽培できるものだ。そしてそれらの昆虫による受粉のうち、8〜9割は、ハチのおかげなのである。

それらの農産物は、我々の人体が取り入れるカロリーの35%を占めている。そして、ミネラルやビタミンが多く含まれる食品、抗酸化食品の大半も、ハチ受粉によって栽培されている。受粉を手伝ってくれる昆虫なしには、ナッツ類や、メロン、ベリー類は育たない。そして昆虫は柑橘類や、りんご、玉ねぎ、キャベツ、ブロッコリー、ズッキーニ、いんげんまめ、ピーマン、なす、きゅうり、トマト、大豆、コーヒー、カカオ、アボガド、ココスなどの受粉を手助けしてくれる。
これらの農作物を栽培することは、世界の食料産業の中で最も重要なセグメントである。このようなわけだから、地球上におけるミツバチの消滅は、いまだかつてない食糧危機を誘発してしまうのだ。

:::転載終わり:::
 
  List
  この記事は 341159 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347625
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
348093 ミツバチの大量死が止まらない 加賀正一 19/07/31 AM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp