社員の活力を引き上げるには?
347596 「オフィス」が働き方を変えていく
 
新川啓一 ( 壮年 神奈川 建築家 ) 19/07/13 PM11 【印刷用へ
リンク

(以下引用)
もともとは工場だったスペースをリノベーションしたオフィス。黒く塗られた剥き出しの梁が目を引くが、無骨でクールな雰囲気の中に、木の温かみや緑の潤いが感じられる。ここは部品メーカーの中西金属工業株式会社の社内に新たに誕生した共用オフィス「CROSS PARK」。この空間には、同社の新たな未来を生み出す可能性に満ち溢れていた。

■部署を超えたコラボレーションから、 イノベーションを生み出す場を創る
あらゆる機械の回転部分には必ず使われる部品「ベアリング(軸受)」。その中核である「リテーナー」という部品で世界トップレベルのシェアを誇るのが中西金属工業株式会社(以下、NKC)だ。同社は、2024年に創業100周年を迎える老舗部品メーカーである。近年は新規事業にも力を入れており、AI搭載の次世代農機「アグビー」や手軽に取り付けられる猫壁「キャットロードプラス」など、多彩な商品が生まれている。

そんな同社にこの6月、新しいオフィスが誕生した。その名は「CROSS PARK」。社員同士のコラボレーションを生み、イノベーションが生まれることを目指して造られたオフィスである。このスペースはワークプレイスの研究を行う京都工芸繊維大学の仲研究室と協働の下に生まれた。同スペースが誕生したきっかけや仲研究室と協働することになった経緯など、プロジェクトメンバーにお話を伺った。

■次の未来を創るための実験の場
「100周年に向けて次のNKCを考えるにあたり、オフィス建て替えの話が持ち上がりました。目指したのは、イノベーションを起こせるオフィス。それを進めるにあたり、社長と以前からつながりのあった京都工芸繊維大学の仲隆介先生にご協力頂くことになりました。」

そう話してくださったのは、プロジェクトメンバーの一人である軸受事業部の山中孝正さん。今後新しいオフィスを計画するにあたり、まずは実験的な場としてCROSS PARKを造ることになったそうだ。

「CROSS PARKのプロジェクトにおいて、まずは社員向けのワークショップを実施しました。オフィス環境の課題をみんなで共有し、どんなものがあれば社員同士コラボレーションができそうか、仲先生の研究室のみなさんのご協力の下、アイデアを出し合ったんです。」

プロジェクトを牽引したメンバーの一人、人事総務部の近藤江里加さんによれば、同社は事業部制をとっており、また各部署は別々の棟にあるため、これまで部署同士が交流する機会がなかったそう。社内の人材交流を促し、イノベーションを生むことが今まさにオフィスに求めていることだという。

■出会いやつながりを生み出す「公園」。 ブランディングの向上にも効果が。
大枠の設計は仲研究室が担当し、仲先生とつながりのあった設計事務所HAMADA DESIGNと協働でCROSS PARKは造られていった。プロジェクトの一員である仲研究室の谷川さんと太田さんは、デザインコンセプトについて次のように語ってくれた。

「もともとは木造の工場なのでそれを生かすデザインを意識し、公園のような交流スペースが造れないかと考えました。スペースの中に路地を造ったのですが、その路地がいろんな方向に分かれています。これは、ワーカーたちがその路地で偶発的に出会い、そこからコラボレーションが生まれていくことをイメージしました。」

取材に訪れたのは、CROSS PARKがオープンしてから約2ヶ月が過ぎた頃。実際どのように使われているのかを聞いてみた。

「思ったより多くの社員が利用しているという印象ですね。ウチの会社はいわゆるTHE 日系企業。交流が苦手な人も多いですし、普段と違う場所で仕事することに慣れていない人が多いのですが、日常の仕事や打ち合わせ、セミナーなどで盛り上がっている印象ですね。」(山中さん)

CROSS PARKの誕生によって、社外向けにも良い効果が生まれていると人事の近藤さんは感じている。

「社長が講演などを行うことがあり、お客様に社内をご案内することがあるのですが、みなさんCROSS PARKに驚かれますし、就活の学生さんたちもカッコイイ!と言ってくれて、ブランディングの向上にも繋がっていると思いますね。」

■場があるからこそ生まれる、モチベーション。 これまでの体質を少しずつ変えていく。
CROSS PARKのキッチン周りには、無料で飲めるコーヒーやお茶、冷蔵庫にはチョコレートなども用意されている。これにはちょっとした秘密があるそう。

「ドリンクは社内で一番美味しいものをここに用意しています。これは仲先生のアドバイスだったのですが、コーヒーは人を呼び寄せる効果があるから美味しいものを置いた方がいいと。わざわざここにドリンクを取りに来ている人は多いと思います。」(山中さん)

スペースはできたけれど、これまでの企業文化的にきちんと利用されるかどうかという懸念は強かったそうだ。このようなちょっとした工夫で居心地の良さや利用頻度は変わるのであろう。

リラックスしたり、カジュアルな打ち合わせや作業スペースとして活用され始めているCROSS PARK。だが、本来目指すのはイノベーションが生まれることだ。

「事業部間の交流をもっと活発化させることが人事としての課題ですね。この場所があるから何かやってみたい、というモチベーションは生まれているので、うまくそれを形にしていきたいと思っています。」(近藤さん)

「社長が新規事業に力を入れているように、これからNKCはどんどん変わっていくと思います。ただ、今の管理職層の中には、そんな流れに同調できない社員もいるかもしれない。若手の社員たちは社長のヴィジョンに共感して入社していると思うのですが、どうしてもそこに世代間のギャップが生まれてしまう。だからこそ、こういう場を利用してギャップを埋め、今後新しいものが生まれていってほしいと思います。」(山中さん)
(以上引用終わり)
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347596
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp