地震・噴火・気象
347502 ケムトレイル+京大MUレーダーで気象操作 元京大講師の内部告発
 
匿名希望 19/07/10 PM10 【印刷用へ
ついに元京大講師の内部告発により
京大のMUレーダーとケムトレイルの
組み合わせで、災害列島を
作り上げていたことが判明しました。

〈試験運用から実用にシフトした、それが世界で最も進化した”Antenna of HAARP”、京都大学、日本〉

勤勉な日本人たちは同時にナノサイズの均一な大きさで良質のアルミニュウムの細粒を削り出す能力がある。
アルミニュウムの細粒はヨウ化銀にブレンドされて空中に散布される。
それらは 年間チャーターされた航空機による作業。
哀れな日本の子羊たちは勤勉で優秀だが、
”Mu Radar,京都大学、日本”の存在を知らない。
また彼ら(日本人)が持っているのは、行政に対して抵抗しない国民性。
ここから 上空の静止衛星に向けてマイクロ波を放射。
上空の静止衛星は装着している反射板の角度を調整し、
あらかじめ(英国籍ライアン航空機により)散布してあったケムトレイルにマイクロ波を当てる。
ケムトレイル中のアルミニュウムの細粒が著しく発熱。
ケムトレイル中のヨウ化銀を核として結束した水分が大粒の雨となり、地表に降り注いだ。
冬季における島根〜白山市での豪雪災害もこれ。
岡山上空のケムトレイル。 添えられた文面によると、
8月18日 
05時30分 から、散布の為の風向風力観測確認。位置修正なし。
06時21分 散布初号機、目視で確認。
09時56分 散布最終機、目視で確認。
10時05分 MUレーダー照射、予定通り実行決定、教授により実験開始指示あり。
12時00分 から14時59分まで照射実験。
13時00分 照射観測班 ○○以下2名、照射による彩雲現象確認。
13時08分 彩雲の写真撮影。撮影機材は○○私物 cannon 80D,
『 照射観測班 ○○以下2名(さすがに実名は伏せさせていただきます)。
岡山県真庭市 国道482号線居酒屋天空 入る、(有)多久間設備工業倉庫前にて 8月18日13時08分撮影 』
との事でしたので、
撮影場所とされる所をグーグルアースで確認 しました。
確かにありましたー、(有) 多久馬設備工業。
この山影が撮影された写真と完全に一致。
内部告発の写真は本物と確認できたと思います。
照射時間前後の天気図を見ると、照射実験の効果が顕著であった事を見て取れます。
元来は近畿・中国四国地方、ともに高気圧に覆われ、天候が良くなるはずでした。
12時00分から照射との事ですが、いきなり等高線に変化が現れます。
矢印の部分が押されている。
さらに、高気圧そのものが時速35qに加速されました
台風19号、20号ともに西に動く力を失い、中国四国方面にシフトします。
さらに気温は岡山でこの日18日(月)、17度まで急激に下がりました。
以上、造ってはいけない気象兵器……被害は皆様ご存じの通りです。


引用元:リンク
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347502
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp