素人による創造
347461 AIより頭がよくなる"世界標準の勉強法"〜"空はなぜ青い?"という問いが大事
 
蟹江西 ( 東京 会社員 ) 19/07/09 PM00 【印刷用へ
答えを覚え、ひたすら点を取ることを目指す教育の異常さは、もはや世間の常識となりつつあります。
そこで、必要となる力は今社会全体で求められているということでしょう。


以下PRESIDENT Onlineリンクより引用


なぜ「探求学習」が重要なのか
従来の教育では、与えられたルールのなかで正確な答えを出す人が優秀とされてきました。しかし、それはまさにAIが得意としていること。これからは、既存のルールのなかで高い成績を挙げる人ではなく、自らルールをつくっていける人が必要とされます。

その力を育むためにいま注目されている学習法こそが、探究学習(=地頭力を鍛える教育)なのです。これは、従来のような、一方的に知識を得るだけの学習ではなく、自ら設定した課題に対して、仮説を立てたり、情報を集めたりして、主体的に課題の解決策を探っていこうという学習法です。

そして探究学習には、「探求心」「続ける力」「集中力」「記憶力」「思考力」という五つの能力が必要とされます。本稿では、最後に挙げた「思考力」を身につける方法を伝授しましょう。


中略

@対立した事柄に共通した、本来の目的を考えることによって、問題解決策を出せる
例えば、「円安のほうがいいか、円高のほうがいいか」と意見が対立したとき、「本来の目的」は何だろうと考えます。大切なのは、私たちが安心して毎日過ごせることではないか。ならば、為替に影響されない生活を築こう、という解決策を導き出せるのです。

A本来の目的がわかることで、「なぜ、それをするのか」が明確になる
「将来、エンジニアになりたい」という夢を持っている人がいたとします。「エンジニアになることで、どうなれるのか?」を考えてみると、「自分が本当にやりたい仕事ができる」のようになるでしょう。さらに、「自分が本当にやりたい仕事ができると、どうなれるか?」を考えてみると、「毎日充実した気持ちで働ける」となり、さらに、「毎日充実した気持ちで働けると、どうなれるのか?」を考えると、「毎日が楽しい。幸せ」のような答えになるでしょう。

このように考えると、エンジニアになりたいという気持ちの背景には、「毎日を楽しく、幸せな気持ちで働く」という本来の目的があることがわかります。すると、「自分はなぜエンジニアになりたいのか」という動機が明確になり、普段の勉強に対するモチベーションも上がるでしょう。

B本来の目的と手段の区別ができ、目的をかなえるための選択肢が広がる
資格取得を例に挙げて考えてみると、資格とは第三者から「この人はこのぐらいのことができますよ」という証明になります。そのために、多くの人は「第三者からの信頼の証し」を得ようと、一生懸命に勉強します。ですが、本来の目的が「他人からの信頼」ならば、資格以外にも「目の前の勉強に一生懸命取り組み、親や先生から信頼される」ことも選択肢としてはあることがわかります。つまり、本来の目的がわかると、手段の延長上にはない、まったく新しい選択肢を得ることができるのです。

こうした「思考力」を身につけることが、探究学習には欠かせません。2020年の大学入試改革では、思考力・判断力が重視されることになります。AI時代のいまは、探究学習こそが、本当に頭のいい子を育てるための「世界標準の勉強法」なのです。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347461
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp