日本人の起源(縄文・弥生・大和)
347423 今日は地元の高校生に、信越自然郷(高社山)のもつ、世界人類史のなかでの意義を話しに行きます。(2)
 
佐藤晴彦 ( 61 長野 会社員 ) 19/07/08 AM02 【印刷用へ
引き続き、リンクより引用します。
*******************************
さらに、その先にあったのが日本列島です。
巨大な農業生産は巨大王権を産み、そこでは文字も科学も発達しますが、王権の支配権をめぐって戦争が絶えません。そのとき、中国の周辺では、新疆の西のパミール高原・天山からの北回りルート(北方のステップ、騎馬)で、今の北朝鮮と中国の国境の山、白頭山が目指されました。
天山からの南回りルートは、フェルガナ・バクトリアを出てインダス川を下って、マラッカ半島・インドシナを海岸沿いに渡って、ベトナム・広州・寧波と進んで来たでしょう。
 このとき重要なのは、大陸が戦乱で乱れていれば、皆、台湾・沖縄、そして九州に立ち寄ったということです。(九州には縄文時代に上野原遺跡があったことはよく知られ、そこが7200年前の鹿児島南部の喜界カルデアの大爆発で滅亡し、その住民が東や北に拡散したことも確かでしょう。)
秦の始皇帝が大陸を統一してからも戦乱は続きますが、なにせ、穀物生産力がつよいのが中国大陸で、それを引き継いだ前漢の時代には、文字も商業も科学技術も発達します。
 このとき、今の中国東北部(満州)の位置は中華の王権(皇帝)に対し対抗できる、唯一の軍事勢力を形成する地政学的位置を持ち続けました。その理由はその西側のステップルートで、ペルシャ・ローマ方面から多くの技術を持つ職能民や信仰体系がここに来るだけでなく、大陸内部の勢力争い(易姓革命)で敗れたものなどが入り込んで、中華の皇帝権に対する、反抗の拠点にもなったからです。そのときのシンボルが白頭山でした。
しかも、このとき(秦帝国の崩壊後)、朝鮮半島(代表、平壌・京城)には大陸の政治力が及んで複雑な政治状況になりますが、半島の北部には、今の豆満江の河口からダイレクトに日本海を渡るルートがありました。その先には,隠岐、能登、そして、佐渡があり、そこから日本列島の内部に入ります。
当時の日本列島は水稲稲作が九州で定着し、徐々に瀬戸内海に広がり、さらに、秦の圧力を受けた楚から解放された呉越の民が、列島にも入り込みだしました。瀬戸内海に「呉」の地名。さらに、日本海側で若狭湾の東が「越」と呼ばれたのは、それぞれ、この大陸のこの地方が人間が入った事実を示します。
 イエスが死んだあと時代、すなわち、紀元後の後漢時代、列島に入り込んだ大陸の騎馬系部族にとって、列島内で、どこが自分の故郷を想起させる場所か?というと、それが、信濃川(実際は関川)を遡上して高社山を抜けた後の、今の善光寺平です。千曲川水系です(ここに柳沢遺跡や栗林遺跡があります)。ですから、このラインで、馬も、鍛造鉄も、北魏の仏教も入りました。

 このとき、シンボルになった山が「高社山」です。これを「コーシャ・さん」と呼びます。「コシ」とは古代朝鮮語で聖なる山というのが高橋良典説でしたが、実は、その起源はもっと西にありました。ユダヤ教の信仰生活の規範を「コーシャ」と言います。これは、イスラムの「ハラル」に相当します。
バビロンの捕囚から解放されたユダヤ人たちは、一つは、エルサレム神殿の再建、一つは、アケメネス朝の統一国家支援、そしてもう一つは、自分たちが考える「理想の国家つくり」に散らばっています。そのための先遣隊のような役割だったのが、ハランの捕囚からBC607に解放された北10支族の各部族です。彼らの足跡を探しまわっていたのが、南2支族の中のベニヤミンの人間です。
しかし、こうした古代イスラエルの建国・分断・捕囚・解放・新規の国造り、のときに、日本列島では、ずっと無文字のまま、大陸の文明の成果を、見事に取捨選択して取り込んでいきました。有用な実学=科学技術の成果は進んで取り込み、変な「概念」を全て拒否していたのです。
 直感と実用。それは、カタカムナ文献を解明した宇野女史の研究成果である「直感科学」に描出される世界に近かったと思います。
 今、世界人類は、ITがさらに進んで、AIが登場し、しかも、5Gの通信技術が実現する段階になりました。すでに、マイクロチップの埋め込みまで一部では始まっています。これによって、人間の行動を監督・管理するどころか、電磁波の高精密利用で、個々の生命体の意識の世界まで操作が可能な世界が、もう、すぐそこにまで来ています。これは、5Gを駆使した場合、人間の意識操作どころか、直感を感得する脳内の機能にまで、外部から架空のものを「実感」として捉えさせることも可能になります。これでは、心を乗っ取られたと同じことになります。

真実の心を失う。あるいは、他者に乗っ取られるなんて、あっては成りません。心こそ、私たちの最大の資産であり、尊厳、そのものなのです。

 私は、自然がまだまだ残り、しかも、歌と響きで、1万年以上続く縄文からの列島民と、大陸から流れてきた人間とが見事に融合しあって、イノチに合わないものを排除しながら、人間として、さらに大きな、鮮やかなイノチの喜びの輪を生み出すきっかけになった、この高社山という山を、誇りに思っています。
 これを、どう、高校生に話すか? 今日が第一回です。自分自身にとっても、楽しみです。
********************
以上です
 
  List
  この記事は 347422 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347423
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp