採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ
347296 縄文末期から弥生初期に至る人口の激減は、移住の結果 1
 
本田真吾 HP ( 壮年 香川 建築家 ) 19/07/03 PM09 【印刷用へ
縄文晩期から弥生初期に至る人口の激減は気候変動による食糧危機で死滅したとする説が一般的。しかし、数値の信憑性の問題はあるが、いくら気候変動が激しくても、26万人⇒8万人程度といわれる大惨事が起こったとは思えない。なぜならば、強力な集団結束力と生命エネルギー持った縄文人なら、生き延びる方法は何としても考えただろうと思うからである。以下のブログでは、人口減は気候変動に対処するための移住であるとしているので紹介する。

以下引用
//////////////////////////////////////////////
縄文晩期から弥生初期の人口の激減について(リンク

縄文時代の人口は、日本列島全体で概ね26万人であったとされています。ところが縄文晩期に、突然人口が8万人程度にまで減少しました。このことは遺跡からの考古学的検証からも、またDNAの解析からも明らかになっています。

一般的に言われる理由は気象の変化で、この時期急激な寒冷化が進み、そのために木の実などの収穫が落ち込み、餓死者があとを立たなくなったといわれています。この人口減少のあとから弥生時代が始まり、人口が逆に8万人からいきなり60万人に増加します。一般的に言われている理由は、渡来人によってもたらされた稲の水耕栽培によって食料が増産されたとするものです。

しかし3つの点で疑問があります。
ひとつは、日本における稲の栽培の開催時期です。なるほど従来説は、弥生時代に始まったとするものでしたが、考古学的発見によって、我が国ではすでに8千年前には稲作が開始され、4千年前には水田を用いた集落が営まれていたことが証明されています。つまり人口減少の時代の前に、すでに稲作が開始されているのです。ということは、稲作伝来が人口の増加をもたらしたという説は成り立ちません。

ふたつめは栽培される稲の種類がChinaや朝鮮半島の稲と種類が異なることです。下の図をご覧いただくとわかりますが、朝鮮半島にはbタイプがありません。これでは大陸から朝鮮半島を経由して日本に稲作が渡来したという説は成り立ちません。

稲作(リンク

みっつめは食生活です。
なるほど縄文時代が狩猟採集生活に特化したものであれば、急激な気温低下による植物体系の変化によって、それまで採集していた木の実等が採集できなくなったということは、一見、もっともらしい理屈です。しかしそれ以前から稲の栽培が行われていたなら、この理屈は通用しません。なぜなら稲は保存に適した品種だからです。
(中略)
加えてこの時期、火山の破局噴火もありません。破局噴火はひとつ起これば日本列島全体の人口を激減させるどころか地球規模での人口の大激減をもたらします。
(中略)
はっきりしている理由がひとつあります。それは「気温の急激な低下」です。この時期、年平均気温が2℃ほど低下したことが様々な資料でわかっています。気温は1℃の違いで仙台と鹿児島の気候がひっくり返りますが、2℃違うということは、鹿児島と樺太の気候をひっくりかえします。つまり日本列島全体に、たいへんな寒冷化がもたらされたということです。

これだけ寒冷化が進むと、稲作はもともと稲が熱帯性植物であることでもあり、大凶作どころか、栽培自体が困難になってしまいます。一般に指摘されている通り、寒冷化によって樹木の体系さえも異なってきていきますから、それまでの広葉樹からの木の実の採集も困難になったことでしょう。食べ物は、もっぱら冷たい海から穫れる魚や貝、海藻などを中心としていかざるを得ません。
(中略)
しかしそれだけでは、26万人が8万人に減少するというたいへんな事態を説明することができません。

そこでひとつ考えなければならないことがあります。日本が3万年前には神津島との間を往来できたほどの航海技術を持っていた国であるということです。これは縄文時代が開始された1万6500年前の、さらに倍ほども古い昔のことです。そういう人々の子孫が、日本列島全体に広がり、26万人の人口を持っていたわけです。

日本列島全体で26万人です。もちろん土地に所有権なんてありません。船を持つ海洋民族であれば、寒くなればムラごと南に移動するし、暖かくなればムラごと東に移動します。
(中略)
つまり水温の変化に応じて、魚たちは移動するわけで、そうなればその魚を食べていた人たちも、魚と一緒に移動する。これはごく自然なことです。
(中略)
人は食べなければ生きていくことができません。そして何を食べて生きてきたかによって、それぞれの民族の体質に変化が及びます。日本人の食生活は、お米と小魚と豆と葉っぱと根っこ(大根やレンコンなど)が基本です。肉食も実は苦手です。肉を食べると元気がでるといいますが、日本人の場合、食べたすぐ後に瞬発力は出ますが、継続的な力仕事に肉食は向きません。このことは幾度となく実験によって証明されています。
(中略)
要するに食べ物によって人間の体はできているし、それぞれの民族ごとに、食べ物にもっと合った形に体型までも変化するのです。そして何千年、何万年という単位で形作られた形質というのは、数百年単位で変化をもたらすことはありません。
(中略)
人口密度が今よりも圧倒的に低くて、日本列島に26万人しか人が住んでいない時代、基本的食材が、気象変動によって獲得が困難になれば、簡単により住みよい土地を求めて移住するのは何もむつかしいことではなくて、当然そうあるべきものです。
 
  List
  この記事は 184606 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347296
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
347297 縄文末期から弥生初期に至る人口の激減は、移住の結果 2 本田真吾 19/07/03 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動11 マスコミの共認支配
三文脚本家としてのマスコミ
小泉の支持率と目先の秩序収束
マスコミの煽動報道と、その最後
マスコミのからくり:::露出≒人気
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
ネット工作員の正体。
特権階級の自家中毒
なぜ学問は退廃するか
あれは、そうだったのか! 学者と報道の謎が解ける
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
それがどうした、いんちき教授!
潮流7:暴走する社会(特権階級の暴走と下層階級の暴走)
原発:近代科学原理主義者たちの産物
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
「報道の自由」を盾に、社会秩序を根底から破壊してゆく者たち。 
国民の「知る権利」を踏みにじる捏造報道
テレビが考える時間を奪う(清水幾多郎)
テレビが人間を愚鈍にさせるというのが科学的に証明された
「小沢を切れ」と合唱する大新聞この国の大新聞は常にデタラメだった
新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
NHK解説委員・長谷川浩氏の変死事件
恐るべき全人類監視ツール『Facebook』の危険性
LINEはなぜ無料なの?完全無料の通話アプリが儲けを出す「危険なカラクリ」が分かった。

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp