西欧科学は狂っている
347295 豪雨・大雨は人工的に降らすことができる!? 米空軍レポート「2025までに気候は完全に操作される」衝撃の内容!!
 
吉 四六 ( 大阪 会社員 ) 19/07/03 PM09 【印刷用へ
米軍が堂々と語っている。もはや気象兵器は秘密でもなんでもない。

リンク
______________________________

 九州南部で記録的豪雨が続いている。ちょうど昨年のこの時期には、平成30年7月豪雨が発生し、224人以上が死亡していることもあり、予断を許さない状況だ。

 陰謀論ではこうした集中豪雨は気象兵器によって引き起こすことができると言われてきたが、もは“陰謀論”の域を超えた真実だということをご存知だろうか?

 オルタナティブニュース「Mysterious Universe」(6月29日付)によると、米空軍は2025年にも気象を意のままに操れるようになるというのだ。

 その根拠となっているのが1996年にアメリカ空軍大学などがまとめたレポート「USAF 2025」である。同レポートは広く将来的に必要とされる空軍能力について書かれているが、その中で「2025年に空を掌握する」というタイトルのもと、気象操作について詳細に論じられている。

「2025年、米空軍は空を掌握することが可能になる。(中略)気象操作は、敵の殲滅において戦闘機に広範囲の選択肢をもたらすものである」(同レポート)


 同レポートは気象操作が有効に機能するシナリオも想定している。たとえば、南米のドラッグカルテルが中国やロシア製の戦闘機を大量購入し、最新鋭のレーダーシステムを持ってしまった場合などがそうだ。この時、米軍は敵戦闘機を不能にするため、気象操作により台風を強めるという。気象操作の実行は無人飛行機が担う。

「台風が招く損害は恐ろしいほど大きい。たとえば、1つの熱帯低気圧は1メガトン水爆に匹敵する。1992年のハリケーン・アンドリューは、フロリダのホームステッド・エアー・リザーブ・ベースを完全に破壊してしまい、ほとんどの軍機を移動することになった。被害総額は155億ドルにのぼった」(同レポート)

 このように台風の軍事利用は戦略的に大いに有効なのである。たびたび米国を襲うハリケーンは米軍による人工台風実験の一環ではないかとも噂されているほどだ。

 また、気象操作により局地的な雨を降らすことも2025 年に可能になっているという。

「2025年までに、短期間に局地的な雨量の増減をコントロールできるようになるだろう」(同レポート)

 降雨は台風ほど激烈な威力はないが、自在にコントロールできるようになれば敵国への大きな脅威となる。たとえば、2011年にはイラン前大統領マフムード・アフマディーネジャード氏が、イランに降るはずの雨を盗み、干ばつを引き起こしている真犯人として西洋諸国を糾弾することがあった。

 2025年を待たずして人工雨の技術はすでに米国は手に入れているものと考えられる。もしかしたら、人工台風を生み出すこともすでに可能になっているかもしれない……。一説には、雨や台風だけでなく人工地震や人工津波の研究も進められているという。2025年、世界は一体どうなってしまっているのだろうか? 今後も注意深く監視していきたい。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347295
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
347503 カリフォルニアの地震はロシアの地震兵器によるもの 加賀正一 19/07/10 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp