新しい男女関係(→婚姻制)の模索
347204 お付き合いに恋愛は不要。恋愛=脳バグ。
 
小川泰文 ( 31 新潟 会社員 ) 19/06/30 AM01 【印刷用へ
「お付き合いに“恋愛は不要”」という価値観が出現しています。
恋愛という観念が全くの幻想で、人との付き合いを混乱させるだけであるという実感を、「恋している状態=脳がバグっている状態」という表現は言い得て妙です。現実から目をそらした狂った観念という意味でその通り。

恋愛は不要。というよりマイナスなので、そんなものは捨てたほうが良いということに、今の20代は明確に気づいているようです。

以下 新R25「「恋って脳のバグみたいなもの」恋愛感情を持たない“アロマンティック”の価値観」リンク
より引用です。

AYA:まず、いしかわさんが思う「恋」って何ですか?
石川:えーっと、姿を見るだけでドキドキしたり、胸がキュンとしたり…
AYA:それは少女漫画の読みすぎですね。
  「最初にドキッとして、3回デートをして、それでも告白されない! モジモジ!」みたいなのって、ただの刷り込みなんです。
そもそも必ず「恋」をしないと、「愛」に行けないってこと自体、思い込みかも。
石川:え? 「恋」が育って「愛」になっていくんじゃないんですか…?
AYA:「恋」と「愛」ってセットにされがちですけど、私は真逆くらいに違うんじゃないかなあと思うようになって。そんなに関連性はないと思います。
石川:関連性はない?
AYA:「恋」というのは、「自分だけを見てほしい」「自分を愛してほしい」という独りよがりの感情に近い気がしませんか? 相手よりも「自分」がどうなりたいかが大事。
一方で「愛」とは、「その人らしく生きてほしい」とか、「もし自分が隣にいなくても笑っていてほしい」というような、相手の幸せを心から願う感情だと思うんです。
そう思うと「恋」と「愛」って真逆じゃん、って気づいたんですよね(笑)。ていうかむしろ「恋」から始まったふたりが「恋」をしたまま「結婚」すると、破綻しちゃうんじゃないかと。

AYA:なんか「恋」をしているときって、脳に「バグ」が起きている状態みたいなものかな、と思ってるんですよね。
仲間とか親友なら、相手のことを尊重できるはずなのに、そこに「恋」が入ると急におかしくなっちゃうことってないですか?
たとえば、「好きだから」という理由で、相手に理不尽なことをされても許してしまったり、「彼氏なんだから、こうしてほしい」みたいな要望がめちゃくちゃ出てきたり…
そうやって考えると、結婚は家族という「チーム」を組むことなのに、相手となんか方向性が違くても「好きだから」でなんとなく誤魔化してしまうのって、ちょっと危険だと思いませんか?
私はこのことに気づいてから、パートナーシップに「恋」は不要と思うようになり、「恋」を捨てちゃいました。

(中略)
それで交際するときに「好きです」というのではなく、「付き合うこと」を言語化するところから始めました。

(中略)

だって、「付き合う」って、心から信頼できる人と出会いたい人もいれば、「付き合う」こと自体に価値を見出している人もいるじゃないですか。そこへの思いがズレていたら、悲劇だと思うんです。
車を買ってドライブしたい人と、車を手に入れたいだけの人にミスマッチが起きるのと一緒。
私は「恋」というのもすごく素敵なものだと思うのですが、「恋」を捨てることにはメリットがあって、「好きな人に傲慢になってしまう」ことが減るんですよ。
企業と個人の価値観がマッチして就職したとしても、人生のフェーズが変わって転職することってあるじゃないですか。それと同じで、人と人の関係性だって確かなものではありません。
それなのに、脳にバグが出ている状態だと「この恋は永遠」なんて思っちゃって、「いつまでも自分の側にいてくれる」という傲慢な思いが加速しちゃうんですよ。

いしかわ:「恋」を捨てるメリットはわかりました。でも、女友だちとかに会うと、「○カ月恋人いないなんてヤバイよ!」「そろそろ結婚も考えないと!」みたいな話になりがちなんですよね…

AYA:夫婦になるときのメジャールートがたまたま「恋をする」スタートなだけで、他にもルートはたくさんあるというマインドセットでいたら、気にならなくなりますよ。
仕事仲間で人間的に尊敬できる人とプライベートでもチームを組みたいと思えるように、「恋」がなくても「愛」に昇華できる関係性はいくらでもあります。


いしかわ:たしかに…でも、「最近いい人いないの?」って聞かれて、言い淀んでると「もったいない」なんて言われちゃうんですよね…

AYA:私からすれば「そのメジャーなルートしか知らないあんたがもったいない」って言いたいですけどね。
親友とか、家族とか、「恋」以外にもすばらしいリレーションシップっていっぱいあるじゃないですか。
それなのに「恋」が第1プライオリティーに来てるのがキモいな、と思いますね。「思考停止」しています。
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_347204
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、46年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp