企業を共同体化するには?
346850 理想の会社とは、自分たちの手で理想に近づけることができる会社
 
直永亮明 ( 24 広島県 会社員 ) 19/06/17 PM01 【印刷用へ
自分たちの生きる場は自分たちでつくる。
類の言葉であり自身が内定承諾時に面白そう、ここにしよと、決心にいたった言葉である。

当時はなんとなく面白そうだけだったが、今ならわかる。
組織、現業と携われる類グループは「もっと組織をよくするためには?、活力を持って取り組むには?」
自身も組織を経営していく主体性が、生きる場をつくっていく。
そんな会社が今求められているような気がする。

中でも似た会社を紹介(リンク

__________________________________________

□自分の手で良くできないから会社に不満を持つようになる

理想の企業とはどういうものでしょうか?
 休みが多い、残業がない、賃金が高い、やり甲斐を感じられる、自由がある…
 挙げればキリがありませんし、人によって求めるものが違うから一概に評価できるものではありません。

でも、僕は指示ゼロ経営をやってきて、理想の会社とは「自分たちの手で理想に近づけることができる会社」だと考えています。

今は理想に到達していなくても、自分たちに意思さえあれば実現できる可能性を秘めた会社だと考えるのです。

どんなに良い会社にも悪い部分はあります。
 その会社の良い部分に惚れて入社しても、すぐに慣れてしまい悪い部分に目が行き不満を感じるのが人間というものだと思います。
 絶対的な楽園などない。

自分たちで理想に近づける事ができないと、エネルギーが鬱積して会社に対し不満を持つようになります。
 かと言って、経営者がすべての社員の望みを叶えて上がられるわけがありませんよね。
 聖徳太子じゃないんだから(笑)
 おそらく一部の人の望み、経営者が妥当だと考える望みだけが叶えられていると思います。

自分で叶えられないのだから不満のエネルギーを会社にぶつけるのは自然のことだと思います。

指示ゼロ経営では、社員が経営者の支配下に置かれず経営に参画します。
 考え決めるのは上、実行するのは下という構図ではなく、意思決定の段階から参画します。

すると必然的に自分たちの手で理想に近づけることができるということになります。

プラス面とマイナス面を考慮できる社員は、究極的に自由になれる

ただし、参画するにはそれなりの作法が必要になります。
 参画はするが言いたい放題、好き勝手では会社がおかしくなります。
 これでは対立しか起きません。

参画の作法とは「プラス面とマイナス面、双方を考え意思決定すること」です。
 プラス面しか考えないから好き勝手になるわけです。
 儲かっていないのに賃金を増やしたら会社がおかしくなります。
 そうなると、最終的に自分たちの望みが途絶えてしまいます。

プラス面とマイナス面を考慮した上で、何が必要か?を意思決定できる…これが自由になる基本です。


社員にこれができるようになると、経営者は聖徳太子になる必要はありません。
 社員さんの力で会社が勝手に良くなっていきます。
 社員さんからすれば、世界一魅力的な会社を自分たちの手で創ることができます。
 高業績、高賃金、残業減少、休日の確保、やり甲斐のある仕事、これらは最低でも実現できるでしょう。

すると会社が自分にとって大切でかけがえのない存在になるわけです。
 そうなると、もし会社の業績が悪化したり、お客様からの評判が悪くなった時は、社長と同じ様に悩むようになります。

有り体に言うと愛社精神を持つようになります。
 自分事と捉えるようになります。

もちろん、全部の望みが叶うわけではありませんが、自分たちの手で理想に近づける事ができるという事実は社員さんの大きな希望になるでしょう。

今、日本人の働き方が見直されようとしています。
 様々な方法がありますが、持続可能性が高い方法は、社員が自律的に参画することだと思います。

理想の会社とは「自分たちの手で理想に近づけることができる会社」だと思うのです。

以上
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346850
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp