企業を共同体化するには?
346850 理想の会社とは、自分たちの手で理想に近づけることができる会社
 
直永亮明 ( 24 広島県 会社員 ) 19/06/17 PM01 【印刷用へ
自分たちの生きる場は自分たちでつくる。
類の言葉であり自身が内定承諾時に面白そう、ここにしよと、決心にいたった言葉である。

当時はなんとなく面白そうだけだったが、今ならわかる。
組織、現業と携われる類グループは「もっと組織をよくするためには?、活力を持って取り組むには?」
自身も組織を経営していく主体性が、生きる場をつくっていく。
そんな会社が今求められているような気がする。

中でも似た会社を紹介(リンク

__________________________________________

□自分の手で良くできないから会社に不満を持つようになる

理想の企業とはどういうものでしょうか?
 休みが多い、残業がない、賃金が高い、やり甲斐を感じられる、自由がある…
 挙げればキリがありませんし、人によって求めるものが違うから一概に評価できるものではありません。

でも、僕は指示ゼロ経営をやってきて、理想の会社とは「自分たちの手で理想に近づけることができる会社」だと考えています。

今は理想に到達していなくても、自分たちに意思さえあれば実現できる可能性を秘めた会社だと考えるのです。

どんなに良い会社にも悪い部分はあります。
 その会社の良い部分に惚れて入社しても、すぐに慣れてしまい悪い部分に目が行き不満を感じるのが人間というものだと思います。
 絶対的な楽園などない。

自分たちで理想に近づける事ができないと、エネルギーが鬱積して会社に対し不満を持つようになります。
 かと言って、経営者がすべての社員の望みを叶えて上がられるわけがありませんよね。
 聖徳太子じゃないんだから(笑)
 おそらく一部の人の望み、経営者が妥当だと考える望みだけが叶えられていると思います。

自分で叶えられないのだから不満のエネルギーを会社にぶつけるのは自然のことだと思います。

指示ゼロ経営では、社員が経営者の支配下に置かれず経営に参画します。
 考え決めるのは上、実行するのは下という構図ではなく、意思決定の段階から参画します。

すると必然的に自分たちの手で理想に近づけることができるということになります。

プラス面とマイナス面を考慮できる社員は、究極的に自由になれる

ただし、参画するにはそれなりの作法が必要になります。
 参画はするが言いたい放題、好き勝手では会社がおかしくなります。
 これでは対立しか起きません。

参画の作法とは「プラス面とマイナス面、双方を考え意思決定すること」です。
 プラス面しか考えないから好き勝手になるわけです。
 儲かっていないのに賃金を増やしたら会社がおかしくなります。
 そうなると、最終的に自分たちの望みが途絶えてしまいます。

プラス面とマイナス面を考慮した上で、何が必要か?を意思決定できる…これが自由になる基本です。


社員にこれができるようになると、経営者は聖徳太子になる必要はありません。
 社員さんの力で会社が勝手に良くなっていきます。
 社員さんからすれば、世界一魅力的な会社を自分たちの手で創ることができます。
 高業績、高賃金、残業減少、休日の確保、やり甲斐のある仕事、これらは最低でも実現できるでしょう。

すると会社が自分にとって大切でかけがえのない存在になるわけです。
 そうなると、もし会社の業績が悪化したり、お客様からの評判が悪くなった時は、社長と同じ様に悩むようになります。

有り体に言うと愛社精神を持つようになります。
 自分事と捉えるようになります。

もちろん、全部の望みが叶うわけではありませんが、自分たちの手で理想に近づける事ができるという事実は社員さんの大きな希望になるでしょう。

今、日本人の働き方が見直されようとしています。
 様々な方法がありますが、持続可能性が高い方法は、社員が自律的に参画することだと思います。

理想の会社とは「自分たちの手で理想に近づけることができる会社」だと思うのです。

以上
 
  List
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_346850
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、47年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp